スターの活躍を楽しむ注目作

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』

(C) 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved Wizarding World TM Publishing Rights (C) J.K. Rowling WIZARDING WORLD and all related characters and elements are trademarks of and (C) Warner Bros. Entertainment Inc.

(C) 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved Wizarding World TM Publishing Rights (C) J.K. Rowling WIZARDING WORLD and all related characters and elements are trademarks of and (C) Warner Bros. Entertainment Inc.

4月8日公開


「ハリー・ポッター」魔法ワールドシリーズ最新作で、魔法動物学者ニュート(エディ・レッドメイン)の冒険を描くシリーズの第3弾。今回はニュートが、恩師のダンブルドア(ジュード・ロウ)や魔法使いの仲間たち、そしてマグル(非魔法族)とチームを結成し、史上最悪の黒い魔法使いグリンデルバルド(マッツ・ミケルセン)に立ち向かう。“5つの魔法のトランク”に隠された、ダンブルドアの“秘密の作戦”とは、一体!?

『カモン カモン』

(C)2021 Be Funny When You Can LLC. All Rights Reserved.

(C)2021 Be Funny When You Can LLC. All Rights Reserved.

4月22日公開


ニューヨークで一人暮らしをするラジオジャーナリストのジョニー(ホアキン・フェニックス)は、妹から頼まれて9歳の甥ジェシーの面倒を数日間みることになる。2人が送る日々を、美しいモノクロームの映像で描く。『ジョーカー』での怪演が記憶に新しいフェニックスが、一転して子どもに振り回される役を軽やかに演じる。

『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』

(C)Marvel Studios 2022

(C)Marvel Studios 2022

5月4日公開


元天才外科医で最強の魔術師ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)の活躍を描くシリーズ第2作。一連のMCU作品で活躍してきたドクター・ストレンジが、禁断の呪文で時空を歪ませ、マルチバースの扉を開いたことによって直面する、かつてない危機を描く。監督は『スパイダーマン』3部作を手掛けたサム・ライミ。

家族そろって楽しめる定番シリーズ

『映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝』

(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK2022

(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK2022

4月22日公開


『クレヨンしんちゃん』の劇場版30作目。ある日、野原家をちよめと名乗る女性が訪れ、自分がしんのすけの本当の親だと主張する。ところが、その夜、謎の忍者軍団が野原家を襲い、ちよめとしんのすけが連れ去られてしまう。今回は、おなじみのギャグに加えて、忍者アクションと、しんのすけの出生にまつわる謎が見どころとなる。

『劇場版ラジエーションハウス』

(C)2022横幕智裕・モリタイシ/集英社・映画「ラジエーションハウス」製作委員会

(C)2022横幕智裕・モリタイシ/集英社・映画「ラジエーションハウス」製作委員会

4月29日公開


原作・横幕智裕、漫画・モリタイシの同名コミックを実写化したテレビドラマの劇場版。甘春総合病院の放射線技師・五十嵐唯織(窪田正孝)は、大好きな甘春杏(本田翼)がワシントンの医大へ留学することになり落ち込んでいた。同僚たちが唯織を元気づけようとする中、離島で小さな診療所を営む杏の父が危篤との連絡が入る。

大人の恋愛を見てみよう

『マリー・ミー』

(C)2021 Universal Pictures

(C)2021 Universal Pictures

4月22日公開


有名歌手のキャット(ジェニファー・ロペス)は、バスティアン(マルーマ)との公開結婚式の直前、彼の浮気が発覚。失意の中、彼女は客席にいた見ず知らずの数学教師チャーリー(オーウェン・ウィルソン)を指名し、突然プロポーズをする。2人は互いを知るところから結婚生活を始めるが…。ロペスが製作も兼任した大人の恋愛劇。

『ツユクサ』

(C)2022「ツユクサ」製作委員会

(C)2022「ツユクサ」製作委員会

4月29日公開


小さな港町で暮らす五十嵐芙美(小林聡美)は、一見、楽しい毎日を送っているように見えるが、実は彼女が一人で暮らしているのには、悲しい理由があった。ある日、彼女は町に引っ越してきた謎の男・篠田吾郎(松重豊)と運命的な出会いをする。過去を抱えながらも今日を明るく生きる女性に訪れた小さな奇跡をほのぼのと描く。

筆者:田中 雄二


映画を見続けて約半世紀。気が付けば“映画を書くこと”が仕事になっていた映画通オヤジ。最近は年のせいか、出来の悪い映画を見ても許してしまう寛容さが身に付いてきた。説教するのもされるのも大嫌いだが、「よく知ってますね~」などとおだてられると、ついいい気になってとめどなく映画について語ってしまうのが悪い癖。


ブログ:田中雄二の「映画の王様」

当サイト内のおでかけ情報に関して

※本記事は2022年04月04日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※おでかけの際はマスクの着用、手洗い・手指消毒などを心がけ、感染拡大の防止に十分ご配慮いただきますようお願いします。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。