イベントの順延や中止についてのご注意
店舗・施設の休業や営業時間の変更、イベントの順延や中止が発生する場合があります。また、過去のデータで掲載している情報や、新型コロナウイルス感染症拡大防止等の観点から情報が変更となる場合もあります。
おでかけの際は、公式サイト等にて最新情報をご確認ください。

2022年の情報は随時更新してまいります。

東京のほおずき市

東京都内、神奈川、千葉、埼玉など関東で開催されるほおずき市情報をお届け。東京の夏の風物詩といえば、ほおずき市。下町情緒あふれるほおずき市、今年はぜひお気に入りの浴衣を着ておでかけしてみませんか?

四万六千日 ほおずき市

「一生分の功徳が得られるご縁日」と伝えられる、四万六千日(しまんろくせんにち)とほおずき市。浅草寺にて夏に開催の人気の行事のひとつです。

神仏からよい報いを与えられるような、人々のよい行いは功徳(くどく)といいます。また、神仏からのめぐみやよい報いは、人々には得となって与えられます。日々の生活を送る上で‘その日’に参拝すると、百日や千日に相当する得を与えられる日があり、「功徳日(くどくび)」といわれます。室町時代末期頃から設けられている「功徳日」。その日はそれぞれの寺社により異なります。浅草寺では、毎月設けられている「功徳日」の中でも、7月10日は最も大きな功徳が得られる日といわれます。その日数に換算すると、およそ126年に相当する、四万六千日分。一生分の得が得られることになります。本堂では法要が行われ、境内では、オレンジの色鮮やかなほおずき露店がいくつも軒を連ねます。この日にお参りし功徳を得ようとする人々で、普段よりも活気を帯びる浅草寺。浅草の夏の風物詩である浅草寺の四万六千日とほおずき市は、日本の各地より訪れる数多くの参拝客で大いに賑わいます。 【例年の人出】 約58万人 【屋台・露店】 あり ※日時・場所・出演者、イベント参加に関する条件や料金等が変更になる場合があります。事前に会場・主催者までお問合せいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

開催期間
2019/07/09(火)~2019/07/10(水)
時間
四万六千日 8:00~19:00頃
ほおずき市 9:00~21:00頃
開催場所
浅草寺
会場
浅草寺 本堂ならびに境内
最寄駅
浅草駅
所在地
東京都台東区 浅草2-3-1
開催期間
2019/07/09(火)~2019/07/10(水)
時間
四万六千日 8:00~19:00頃
ほおずき市 9:00~21:00頃
開催場所
浅草寺
会場
浅草寺 本堂ならびに境内
最寄駅
浅草駅
所在地
東京都台東区 浅草2-3-1

もっと見る

閉じる


おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました