Let’s ENJOY TOKYO

レッツポイント利用規約

レッツポイント利用規約(以下「本規約」といいます。)は、株式会社レッツエンジョイ東京(以下「当社」といいます。)が提供する「レッツポイント」(以下「ポイント」といいます。)の利用に関する条件を、登録ユーザーと当社との間で定めるものです。

1. 本規約への同意

  1. 登録ユーザーは、本規約に同意したうえでポイントを利用することができます。登録ユーザーは、ポイントを取得し、又は利用することにより、本規約に同意したものとみなされます。
  2. 登録ユーザーは、本規約に同意することにより、本規約に基づき提供されるポイントに係るサービス(以下「ポイントサービス」といいます。)が、株式会社レッツエンジョイ東京(以下「レッツエンジョイ東京」といいます。)が別途定める「レッツエンジョイ東京 利用規約」における「本サービス」に含まれるものとみなしてレッツエンジョイ東京 利用規約の規定を適用又は準用することに同意するものとします。これにより、ポイントの利用に当たっては本規約が適用されるとともに、レッツエンジョイ東京 利用規約が適用又は準用されます。なお両規約間で矛盾・抵触がある場合は、本規約が優先して適用されます。また、本規約において用いる用語は、別段の定めのない限り、レッツエンジョイ東京 利用規約で定義された意味を有します。

2. アカウント

  1. 登録ユーザーがポイントサービスを利用するためには、当社が提供する「レッツエンジョイ東京」Webサービスおよび「レッツエンジョイ東京」アプリ(以下「レッツエンジョイ東京」といいます。)のユーザーID(以下「アカウント」といいます。)を作成する必要があります。
  2. 登録ユーザーはレッツエンジョイ東京 利用規約の定めに従ってアカウントを削除して退会することができます。また、レッツエンジョイ東京は、レッツエンジョイ東京 利用規約の定めに従ってカウントを削除することができます。アカウントが削除された場合、当該アカウントに帰属するポイントは消滅します。
  3. 当社は、アカウントの削除に伴うポイントの消滅により登録ユーザーに損害が生じたとしても、なんら賠償義務を負いません。

3. 権利帰属

ポイントに関連する一切の権利(著作権、商標権、特許権等の知的財産権を含みますが、これらに限りません。)は、当社、当社のグループ会社又は当社に権利許諾した第三者に帰属します。登録ユーザーは当社が本規約に基づき付与した利用権の限度において、ポイントを利用することができます。

4. ポイントの取得

登録ユーザーは、当社指定のサービス、当社と契約関係にある法人(株式会社NKBを含みます。)、団体若しくは個人(以下「提携先」といいます。)の運営する特定のサービスにおける特定の行為(以下「アクション」といいます。)又は当社若しくは株式会社NKBと広告の提供に関する契約を締結する事業者(以下「広告主」といいます。)が事前に定めるアクションをすることにより、当社から、ポイントを取得することができます。なお、登録ユーザーが金銭その他の対価を支払って特定のサービスを受けるというアクションを行い、ポイントを取得する場合、当該支払いは当該サービスを受けるために行われるものであり、ポイントの取得のために行われるものではありません。登録ユーザーは、利用可能なポイント数については、レッツエンジョイ東京またはWebサービス内にて確認するものとします。

5. ポイントの使用方法等

  1. アクションの具体的内容、ポイントの付与数、その他ポイントに関する諸条件は、当社、提携先又は広告主(以下、提携先と広告主を総称して「ポイント関係者」といいます。)により個別に定められます。登録ユーザーは、ポイントの取得に当たっては、各アクションを行う前に付与条件を確認するものとします。
  2. 当社は、アクションがキャンセルされた場合、ポイント付与の条件を満たさなかった場合又はポイントの付与条件を満たしているアクションであっても、当社又はポイント関係者が、当該アクションの履行方法が不正行為その他不適当な行為に該当すると判断した場合(金券、印紙又はチケット等を転売又は営利目的で購入してポイントを取得する場合を含みます。)は、ポイントを付与しない又は付与したポイント(以下「付与済みポイント」といいます。)の全部又は一部を取り消す等の必要措置を講じることができます。
  3. 付与されたポイントについては、レッツエンジョイ東京において商品等の購入に使用できるポイント(レッツエンジョイ東京 利用規約において定める意味を有します。)との交換、レッツエンジョイ東京内に掲示される提携先における支払の際の割引ポイントとしての使用、提携先の商品又は役務との交換等ができます。なお、原則として、ポイントの利用に係る取引のキャンセル及び利用されたポイントの返還には応じません。
  4. ポイントの利用に当たっては、利用しようとするサイト等で定める手続に従って下さい(ポイントの利用に関するヘルプについては、こちらを参照してください。なお、ヘルプの内容と本規約との定めが異なる場合、本規約の定めが優先します。)。また、ポイントと交換して得た商品、役務等(以下「交換商品」といいます。)については当該交換商品に適用される利用規約等に従わなければならない場合があります。なお、交換商品については、当社はその商品の品質、安全性、適法性、特定の目的への適合性、その他瑕疵のないことは保証していません。
  5. 対象となる交換商品の範囲、交換商品の取得に要するポイント数、交換商品の付与量、有効期間及び使用条件、並びにポイントを交換商品に交換するのに要する時間等の詳細条件については、交換商品ごとに異なります。
  6. ポイントは、最後のポイントを取得した日から180日間(取得日を1日目とします。)、新たなポイントの取得がなければ失効し、ポイントの交換・利用ができなくなります。また、いかなる理由であっても、失効したポイントを復活することはできません。
  7. 前(6)号にかかわらず、登録ユーザーは、有効期限が固定されたポイント(以下「期間限定ポイント」といいます。)を、当社がポイント付与時に設定した有効期限内で利用できます。期間限定ポイントは、有効期限を経過すると失効し、ポイントの交換・利用ができなくなります。また、いかなる理由であっても、失効したポイントを復活することはできません。
  8. 登録ユーザーが有効期限の異なるポイントを保有する場合、有効期限が早いポイントが先に使用されます。
  9. 登録ユーザーによるポイントに係るサービスの利用に要する通信機器は登録ユーザー自身にて用意するものとします。また、ポイントの取得、ポイントの利用、交換商品の取得及び利用に伴い税金や付帯費用が発生する場合には、登録ユーザーがこれらを負担するものとします。

6. 利用条件

  1. 当社は、登録ユーザーがレッツエンジョイ東京 利用規約10.において禁止されている行為に加え、以下に記載することを行わないことを条件として、登録ユーザーに対して、ポイントサービスの利用を許諾します。

    ① 詐欺等の犯罪につながり得る行為

    ② 当社、その他第三者の設備を不正に利用し、又はその設備の管理若しくは運営に支障を与える行為

    ③ 複数のレッツアカウントに帰属するポイントを一つのレッツアカウントに集約する行為

    ④ 不正にポイントを取得するために複数のレッツアカウントを使用する行為

    ⑤ アクションを行うにあたって虚偽の情報を入力する行為

    ⑥ ポイントを当社所定の方法以外の方法で、現金、財物その他の経済上の利益と交換する行為

    ⑦ 他人の個人情報、登録情報、利用履歴情報等を不正に収集、開示又は提供する行為

    ⑧ 同一又は類似の行為を繰り返す等通常の利用の範囲を超えた利用行為

    ⑨ 上記のいずれかに該当する行為を援助又は助長する行為

    ⑩ その他、当社又はポイント関係者が、不適当と判断する行為

  2. 6.(1)の行為を含む不正行為がなされたことを理由に登録ユーザーのレッツアカウントが利用停止となった場合、登録ユーザーは、当該レッツアカウントを通じたポイントの取得及び利用が制限されます。この場合、登録ユーザーに損害が生じたとしても、当社はなんら賠償義務を負いません。
  3. 当社は、当社が必要と判断する場合、あらかじめ通知することなく、いつでもポイントに係るサービスの全部又は一部の内容の変更、ポイントの提供の中止、及びポイントに係るサービスの中止をすることができます。この場合、登録ユーザーに損害が生じたとしても、当社はなんら賠償義務を負いません。
  4. ポイントに関する権利を相続させることはできず、第三者に譲渡、貸与又は担保として提供してはなりません。

7. プライバシー

当社は、登録ユーザーのプライバシーを尊重します。登録ユーザーのプライバシー情報と個人情報の当社における取り扱いは、レッツエンジョイ東京プライバシーポリシーに従うものとします。当社はポイントサービスにおいてポイント付与のためにご利用端末に指定アプリがインストール、起動されているかの確認を行います。また当社は、ポイントの付与・交換等のポイントサービス運営において、特定のポイント関係者との連携処理が必要な場合に限り、利用者を識別する上での必要な情報(広告ID、セッションID、又は登録氏名、電話番号、メールアドレス、会員番号等の提携先とのポイント交換のため都度登録ユーザーが入力する情報、ポイント残高)を当該ポイント関係者との間で相互に提供します。当社又はポイント関係者に対する情報の提供は登録ユーザーの任意ですが、提供しない場合、サービス運営上の理由から当社が提供するサービスの全部又は一部を受けられない場合があります。

8. 登録ユーザーの責任

  1. 当社は、登録ユーザーが本規約に違反してポイントを取得又は利用していると判断した場合、当該登録ユーザーに対して、ポイントの利用停止、その他当社が必要かつ適切と判断する措置を講じることができます。但し、当社は、かかる違反を防止又は是正する義務を負いません。
  2. 登録ユーザーは、ポイントを利用したことに起因して(当社がかかる利用を原因とするクレームを第三者より受けた場合を含みます。)、当社が直接的又は間接的に何らかの損害(弁護士費用の負担を含みます。)を被った場合、当社の請求にしたがって直ちにこれを賠償しなければなりません。

9. 非保証

当社は、ポイントに係るサービスに関する瑕疵(セキュリティ等に関する欠陥、エラーやバグ、権利侵害等を含みます。)がないこと、並びに安全性、信頼性、正確性、完全性、有効性及び特定の目的への適合性を明示的にも黙示的にも保証していません。当社は、かかる瑕疵を除去してポイントサービスを提供する義務を負いません。

10. 当社の免責

  1. 当社は、当社の故意又は重過失に起因する場合を除き、登録ユーザーがアクションをされた場合において、当該アクションの結果登録ユーザーに生じた損害その他不利益事項(提携先又は広告主のコンテンツ、広告、商品、役務等の利用、交換商品の取得、利用又は利用不能に起因又は関連して生じた損害及び登録ユーザーが保有するポイントが第三者に不正に利用されて生じた損害を含みます。以下、同じ。)について、当社はなんら責任を負いません。ただし、ポイントサービスに関する登録ユーザーと当社との間の契約(本規約に基づく契約を含みます。以下、同じ。)が消費者契約法に定める消費者契約(以下、「消費者契約」といいます。)となる場合、当社は、当社の過失(重過失を除きます。)による債務不履行責任又は不法行為責任については、逸失利益その他特別の事情によって生じた損害を賠償する責任を負わず、通常生じうる損害の範囲内で損害賠償責任を負うものとします。
  2. 登録ユーザーがアクションの結果登録ユーザーに生じた損害その他不利益事項が、当社の重過失に起因する場合、当社は、逸失利益その他の特別の事情によって生じた損害を賠償する責任を負わず、通常生ずべき損害の範囲内で損害賠償責任を負うものとします。ただし、ポイントサービスに関する登録ユーザーと当社との間の契約が消費者契約に該当する場合は、この限りではありません。

11. 本規約と法令の関係

万一、本規約の規定が、ポイントサービスに関する登録ユーザーと当社との間の契約に適用される消費者契約法その他の法令に反するとされる場合、当該規定は、その限りにおいて、当該登録ユーザーとの契約には適用されません。ただし、この場合でも、本規約のほかの規定の効力に影響しません。

12. 本規約の変更

  1. 当社は、当社が必要と判断する場合、本規約を変更することができます。
  2. 当社は、本条の規定に基づき本規約を変更する場合には、本規約を変更する旨、変更後の本規約の内容及び変更後の本規約の効力発生日その他の事項を、当社又はレッツエンジョイ東京または偏愛東京のサイト、レッツエンジョイ東京または偏愛東京の「お知らせ」への掲載、登録ユーザーのレッツアカウントへのメッセージの送付その他の方法によって、登録ユーザーに通知し、又は表示します。
  3. 変更後の本規約は、効力発生日からその効力が生じます。

13.反社会的勢力の排除

  1. 登録ユーザーは、自己又はその代表者、役員、実質的に経営権を有する者、従業員、代理人又は媒介者(以下「関係者」といいます。)が、現在、暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標ぼうゴロ、政治活動標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団又はこれらの者と密接な関わりを有する者若しくはこれらに準じる者(以下「反社会的勢力」といいます。)のいずれにも該当しないことを表明し、かつ、将来にわたっても該当しないことを確約するものとします。
  2. 登録ユーザーは、自ら又はその関係者が、直接的又は間接的に、以下の行為を行わないことを確約するものとします。

    ① 暴力的な要求行為

    ② 法的な責任を超えた不当な要求行為

    ③ 取引に関して、脅迫的な言動(自己又はその関係者が反社会的勢力である旨を伝えることを含みますが、これに限りません。)をし、又は暴力を用いる行為

    ④ 風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて当社の信用を毀損し、又は当社の業務を妨害する行為

    ⑤ その他前各号に準じる行為

  3. 登録ユーザーが前二項に定める表明事項又は確約事項のいずれかに違反することが判明した場合、当社は、なんらの催告を要することなく本契約を解除して、ポイントサービスの提供を中止することができます。かかる解除に起因して登録ユーザーに何らかの損害が生じた場合であっても、当社は、登録ユーザーに対し、なんら責任を負いません。

14.契約上の地位の譲渡等

当社が、ポイントサービスにかかる事業を第三者に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い、本規約に基づく契約上の地位、権利及び義務並びに登録ユーザーの登録情報その他の登録ユーザーの情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができます。この場合、登録ユーザーは、かかる譲渡につき、本条に基づきあらかじめ同意したものとみなします。なお、本条にいう事業譲渡には、当社が消滅会社又は分割会社となる合併又は当社が分割会社になる会社分割等による包括承継を含みます。

15. 準拠法・裁判管轄

本規約の準拠法は日本法とします。ポイントサービスに起因又は関連して登録ユーザーと当社との間に生じた紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

最終更新日:2023年1月24日

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました