【おでかけ時のポイント】

・居住地やおでかけ先の都道府県の要請に従って行動しましょう

・体調に不安を感じるときは外出を控えましょう

・なるべく少人数で空いている時間に行きましょう

・周囲の人との距離をできるだけ保つようにしましょう

・マスクを着用し、手洗いは小まめに行いましょう

【上野】歴史のロマンを感じながらあじさいを堪能!/上野恩賜公園

江戸時代から桜の名所として知られている「上野恩賜公園」。


桜のほかにも夏にはハスの花、秋には紅葉した木々が見ごろを迎えますが、初夏に楽しめる見事なあじさいも一見の価値があります。不忍池のほとりに、紫やピンク、青、白など彩り豊かに咲き乱れます。


公園内には西郷隆盛像や上野東照宮をはじめとする14もの歴史的なスポットがあるため、歴史好きなカップルにはぜひオススメしたい場所です。


公式サイトにはそれらのスポットをスムーズに回れるマップが用意されているので、あらかじめダウンロードしてルートを予習すれば、恋人に良いところを見せるチャンスになりますよ。

【あじさい情報】

例年の見ごろ:6月下旬~7月中旬

種類:ガクアジサイ

株数:公園全体で約900株

上野恩賜公園(上野公園)
  • 所在地

    東京都台東区 上野公園・池之端三丁目

  • 最寄駅

    上野

  • 電話番号

    03-3828-5644

【浜松町】都心のオアシスを彩る真っ青なあじさい/旧芝離宮恩賜庭園

東京湾沿岸に位置し、江戸初期の大名庭園の一つである「旧芝離宮恩賜庭園」。


池を中心に緑が配された回遊式泉水庭園を散策しながら日本文化の風を感じていると、池のすぐそばで風景に麗しい青を添えるあじさいに出合うことができます。そのほとんどが日本に古くから伝わる「ガクアジサイ」と「ホンアジサイ」です。

ビジネス街の中にあるため、仕事前や休憩中にふらっと立ち寄れるのも人気の理由。


17時閉園(16時30分最終入園)のため平日のデートは難しいかもしれませんが、休日なら朝から夕方まで好きな時間に訪れられます。オススメは朝のお散歩デート。少し早起きして、あじわいの美しい「旧芝離宮恩賜庭園」内を二人で巡れば、一日をより充実したものにできそうです。

都心のオアシスのような場所で、歴史を感じながら美しいあじさいに癒やされるデートをしてみませんか?

【あじさい情報】

例年の見ごろ:6月上旬~下旬

種類:ホンアジサイ、ガクアジサイ

株数:約50株

旧芝離宮恩賜庭園
  • 所在地

    東京都港区海岸 1丁目

  • 最寄駅

    浜松町

  • 電話番号

    03-3434-4029

  • 備考

    ※新型コロナウイルス感染症拡大防止のための取り組み、最新の開園状況等は公式サイトでご確認ください。

【汐留】由緒ある庭園に咲くあじさい/浜離宮恩賜庭園

▲画像提供:公益財団法人東京都公園協会

▲画像提供:公益財団法人東京都公園協会

徳川将軍家ゆかりの庭園であり、国から「特別名勝・特別史跡」に指定されている「浜離宮恩賜庭園」。都内にある江戸の庭園としては唯一、海水を引いた潮入の池を持っています。


そんな庭園を、夏の初めに彩るのが約140株の多様な種類のあじさいです。庭園内のさまざまな場所に花を咲かせます。

▲スミダノハナビ
画像提供:公益財団法人東京都公園協会

▲スミダノハナビ
画像提供:公益財団法人東京都公園協会

木々の間から覗く超高層ビルも美しい景観の一部となっています。昔ながらの趣のある庭園と現代的な高層ビル、水々しいあじさいのコントラストは絶妙です。


銀座デートの際に、ちょっと足をのばして立ち寄るのにもピッタリ。都会の喧騒を忘れ、デートの合間に一息つきに訪れてみては。

【あじさい情報】

例年の見ごろ:5月下旬~6月下旬

種類:ホンアジサイ・ガクアジサイ・ヤマアジサイ・ノリウツギ・タマアジサイ・スミダノハナビ

株数:約140株

浜離宮恩賜庭園
  • 所在地

    東京都中央区浜離宮庭園 1-1

  • 最寄駅

    汐留

  • 電話番号

    03-3541-0200

【浅草】東京スカイツリー®とアジサイの競演も/台東区立隅田公園

桜橋や灯籠流しで有名な「台東区立隅田公園」は、都内でも有数のあじさいスポットの一つ。


注目は、「ホンアジサイ」や「アナベル」などを観賞できる“あじさいロード”。「アジサイ株主」から寄付を募って植えられた多数のあじさいを楽しむことができます。美しいあじさいたちが地域の方々の支えで花を咲かせているなんて、ステキなことですよね。

さらに公園内には、オープンカフェや東京スカイツリー®が見える案内所なども設置されています。歩き疲れたらコーヒーを飲んだり、少し離れてみる東京スカイツリー®を堪能したりしながら、二人で一息つくのも良いですね。

【あじさい情報】

例年の見ごろ:6月中旬〜下旬

種類:ホンアジサイ・ガクアジサイ(スミダノハナビ)・アナベルなど

台東区立隅田公園
  • 所在地

    東京都台東区 花川戸1-1、花川戸2-1、浅草7-1

  • 最寄駅

    浅草

  • 電話番号

    03-5246-1321

【江戸川】河川敷に咲くあじさいを満喫!/小岩菖蒲園

江戸川河川敷に広がる「小岩菖蒲園」は、回遊式の庭園に花菖蒲が咲き誇ることで有名なスポット。


5月から6月に約50,000本の花菖蒲が見ごろを迎えますが、その時期を過ぎるとあじさいが彩りを加えてくれます。

江戸川沿いをまったりと散歩しながらあじさいを愛でる健康的なデートで、リラックスしたひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

【あじさい情報】

例年の見ごろ:6月中旬〜下旬

種類:ホンアジサイ・ガクアジサイなど

株数:約2,000株

小岩菖蒲園
  • 所在地

    東京都江戸川区 北小岩4丁目先(江戸川河川敷)

  • 最寄駅

    江戸川

  • 電話番号

    03-5662-0321

【立川・昭島】広大な公園であじさい巡り/国営昭和記念公園

広大な原っぱにプール、バーベキュー場、レンタサイクルと、さまざまなアクティビティを楽しめる都内最大規模の公園「国営昭和記念公園」。


季節に合わせたイベントも多彩に行われる公園で、夜桜や花火大会と並んで有名なのが、初夏に彩りを添えてくれるあじさいです。


園内のあじさいが綺麗に見られる場所は、花木園とふれあい広場周辺のエリア2カ所。あじさいを満喫できる散歩道「あじさいロード」も整備されているため、とにかく花を愛でることが大好きなカップルにはもってこいの場所です。

園内では「ガクアジサイ」や「ヤマアジサイ」「西洋アジサイ」などの数種類のあじさいを観賞できますよ。


また、あじさいを楽しんだ後は、ハナショウブやスイレンなど、同じ時期に咲いている花を見に行くのもオススメ。「あじさいロード」からすぐのところにある「花木園」というスポットで楽しむことができます。

【あじさい情報】

例年の見ごろ:6月中旬〜7月上旬頃

種類:アジサイ・ガクアジサイ・アナベルなど60種類以上

株数:約9,300株

国営昭和記念公園
  • 所在地

    東京都立川市 緑町3173

  • 最寄駅

    西立川

  • 電話番号

    042-528-1751

  • 備考

    最新情報等は公式サイトでご確認ください。

【小平】地域の方の思いを受け育つあじさい/あじさい公園

1973年、小平のあじさいの名所を目指して造られた「あじさい公園」。小平の方々が大切に育ててきた、思いの詰まった美しいあじさいを観賞することができます。

毎年6月頃の開花の時期を迎えると、情緒のある風景になります。園内の池では、タイミングが良ければオタマジャクシが見られるのだそう。

おでかけが今までどおりできるようになったら、狭山・境緑道の散策がてら、あじさい公園のあじさいをゆっくりと眺めてみませんか?

【あじさい情報】

例年の見ごろ:6月

種類:ガクアジサイ

株数:約1,500株

あじさい公園(小平市)
  • 所在地

    東京都小平市美園町 1-25-23

  • 最寄駅

    小平

  • 電話番号

    042-346-9556

当サイト内のおでかけ情報に関して

※本記事は2022年05月20日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※本記事は2021年05月20日に公開した内容を一部加筆・修正した上で、2022年05月20日に再公開しております。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。