井の頭恩賜公園

  • 吉祥寺駅

【池と雑木林がかもしだす武蔵野の面影】
大正6年(1917年)開園の日本最初の郊外公園。中心部には武蔵野三大湧水池として知られる井の頭池があり、景観もボートも人気だ。「お茶の水」などかつては豊かな湧水を誇る。四季折々の色鮮やかな姿があり、特にお花見には沢山の人が訪れ、日本さくら名所100選に選定されている。井の頭弁財天など歴史も同時に感じられ、季節に関係なく都民の憩いの場となっている。 [編集部コメント]

<井の頭恩賜公園>
大正2年に日本最初の郊外公園として決定され、計画的に整備された公園です。
また、井の頭池は、初めて江戸にひかれた水道、神田上水の源であり、
明治31年「改良水道」ができるまで、重要な役割を果たしていました。
「井の頭池」の命名者は、三代将軍徳川家光と伝えられています。
その意味としては「上水道の水源」「このうえなくうまい水を出す井戸」という二つの説があります。
かつては、周辺の水源涵養林が池の水面をおおい、美しい風景を作りだしていました。
樹の種類や林の様相は、時とともに変化し、今では「郊外」という響きも薄れてきましたが、
都民の憩いの場であることには変わりはありません。

<園内>
■開園面積:428,389.99㎡
■樹木:約20,000本
井の頭池とその周辺、雑木林と自然文化園のある御殿山、そして運動施設のある西園と、
西園の南東にある第二公園の4区域に分かれています。

<アクセス>
JR中央線「吉祥寺駅」下車 徒歩5分
京王井の頭線「井の頭公園駅」下車 徒歩1分

<駐車場>
有料

<主な植物>
サクラ、ラクウショウ、ヒトツバダゴ、ヒノキ、イヌシデ、モミジ

続きを読む
基本情報
  • 最寄駅

    吉祥寺駅 / 井の頭公園駅

  • 所在地

    〒180-0005

    東京都武蔵野市御殿山一丁目、吉祥寺南町一丁目、三鷹市井の頭三・四・五丁目、下連雀一丁目、牟礼四丁目

  • アクセス

    JR中央線「吉祥寺駅」下車 徒歩5分 / 京王井の頭線「井の頭公園駅」下車 徒歩1分

  • 駐車場

    有料

  • 問い合わせ

    0422-47-6900

  • 公式サイト

    西部公園緑地事務所

  • 諸状況により、掲載情報から変更されている場合があります。事前に施設・店舗までお問合せいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました