【東京】重厚かつクラシカルな空間で優雅なひとときを/三菱一号館美術館「Café 1894」

東京駅から徒歩約5分の「三菱一号館美術館」。1894年に建設されたジョサイア・コンドル設計の「三菱一号館」を復元した、赤レンガが印象的な美術館です。


こちらでは、19世紀後半から20世紀前半の近代美術を主題とする企画展を年3回開催。


また、建物そのものもアートとして楽しむことができ、天井や階段、窓枠、ドアノブなど、細部にまでこだわって再現されている館内は歩いているだけで気分が高揚してしまうはず。

併設の「Café 1894(カフェ イチハチキューヨン)」は、明治期に銀行営業室として利用されていた空間を復元したミュージアムカフェ・バー。


高さ約8mの二層吹き抜けが開放的な店内は、クラシカルかつ優雅な雰囲気が漂います。

▲「Café 1894 ガーデンプレート」(ハーブティー付)

▲「Café 1894 ガーデンプレート」(ハーブティー付)

イチオシは、ランチタイムにいただける「Café 1894 ガーデンプレート」(ハーブティー付1,850円)。もともとは展覧会とのコラボメニューでしたが、あまりに人気だったため定番メニューになったのだそう!


エビとブロッコリーのアメリケーヌグラタン、ブルーベリーとクリームチーズのサンドウィッチ、スモーク鴨のサンドウィッチなど、旬の食材を取り入れた6品による贅沢な一皿です。いろんな料理を少しずつ食べられるのがうれしいですね。

▲「Café 1894 自家製クラシックアップルパイ」

▲「Café 1894 自家製クラシックアップルパイ」

スイーツで人気なのが、「Café 1894 自家製クラシックアップルパイ」(980円)。


リンゴの甘みとやさしい酸味、たっぷりふりかけたクランブルのサクサクとした食感が楽しめるのだそう。絶妙な加減に焼き上げられた目にも美しいアップルパイは、優雅な気分をさらに高めてくれるはずですよ。

cafe 1894
  • 所在地

    東京都千代田区丸の内2-6-2 三菱一号館美術館

  • 最寄駅

    二重橋前〈丸の内〉

【京橋】アートに囲まれながら本格的な料理に舌鼓!/アーティゾン美術館「ミュージアムカフェ」

東京駅や京橋駅などから徒歩約5分、23階建て高層ビル「ミュージアムタワー京橋」の低層部にある「アーティゾン美術館」。


前身は1952年に開館したブリヂストン美術館。2015年からの休館を経て、2020年に新しい美術館として開館しました。


3つの展示フロアと最新の設備を持つこちらでは、古代美術、印象派、20世紀美術、現代美術など、幅広い美術の多彩な楽しみ方を提案しています。


1階にある「ミュージアムカフェ」では、季節の食材を生かした料理やスイーツ、展覧会の作品をモチーフにしたオリジナルメニューなどがいただけます。


大きな窓が気持ち良い開放的かつモダンな空間は居心地◎。飾り棚にはイタリアデザイン界の巨匠、エットレ・ソットサスによるヴェネチアンガラス器を中心にした貴重な作品が展示されています。


カフェは事前予約もできるので、公式サイトから予約をしておくと安心です。

▲「ウニの平打ちパスタ」

▲「ウニの平打ちパスタ」

空間だけでなく、料理にもこだわりが満載。とくにランチコース(2,300円~)は、お手頃価格で優雅なランチを楽しめると評判です。


ランチコースの中でも人気なのが、「ウニの平打ちパスタ」。卵を使用したコシのある食感の平打ちパスタに、ウニとマッシュルームを組み合わせた一皿です。


食べる瞬間にウニとマッシュルームの香りが立ち、五感で美味しさを感じられるのだそう!北海道産の生ウニ、ねりウニ、高級発酵バター「カルピスバター」を合わせたソースの、絶妙な味わいを堪能してみてくださいね。

▲「レモンとチーズのミルフィーユ」

▲「レモンとチーズのミルフィーユ」

季節に合わせてクリームがかわるミルフィーユなどのスイーツや展覧会に合わせて楽しめるコラボメニューも見逃せませんよ。

アーティゾン美術館
  • 所在地

    東京都中央区 京橋1-7-2

  • 最寄駅

    東京

  • 電話番号

    050-5541-8600(ハローダイヤル )

【虎ノ門】大正時代から続く庭園を望めるサロン/菊池寛実記念 智美術館「茶楓」

東京メトロ・神谷町駅から徒歩約6分の「菊池寛実記念 智美術館」は、現代陶芸のコレクターでもある菊池智のコレクションを母体にした美術館。


現代陶芸に足跡を残した物故作家や活躍中の陶芸作家の個展を中心に、年3~4回展覧会を開催しています。


敷地内には、美術館が入るビルのほか、大正時代に建てられた文化財の洋館や蔵などが立ち並んでいます。その静かで落ち着いた雰囲気に、都心にいることを忘れてしまうはず。

2021年3月にオープンしたサロン「茶楓(サフウ)」は、木のぬくもりと洗練さのバランスがとれた、くつろぎの空間が魅力。店内のほとんどのインテリアは特注品で、細部にまでこだわりが詰まっています。


また、大きな窓から望む美しい庭園も自慢。大正時代から維持されている近代日本庭園の一つで、四季の移ろいを感じられ、日常を忘れてゆったりとした時間を過ごせます。

▲「茶楓ボトル珈琲」

▲「茶楓ボトル珈琲」

オススメは、ここでしか飲めない「茶楓ボトル珈琲」(330ml 1,100円)。豆の種類や焙煎の度合いなど試行錯誤の末に完成した一品で、茶楓のお客さんをイメージしたというオリジナルのアイスコーヒーです。


エチオピアイルガチェフェの豆を深煎りすることで、豆の特徴であるフルーティーでさわやかな酸味や甘味を生かしつつ、深煎りならではのしっかりとしたコクと苦みも感じられるように仕上げたのだそう。


コーヒー好きにはもちろん、普段コーヒーを飲まない方にも好評なのだとか!

▲「茶楓のようかん 黒・白・彩」

▲「茶楓のようかん 黒・白・彩」

まるでアート作品のように美しい「茶楓のようかん 黒・白・彩」(1,045円)も、ぜひオーダーしたい一皿。


“黒”は波照間島の黒糖と小笠原島ラム、“白”は杏仁風味のクリームと北海道産大手亡豆、“彩”は杏やレーズンなどのドライフルーツと、厳選素材を使った個性豊かな3種類のようかんを味わえます。


お茶やコーヒーはもちろんクラフトビールとも相性◎なので、ドリンクとのマリアージュも楽しんでみてくださいね。

茶楓
  • 所在地

    東京都港区 虎ノ門4-1-35 西久保ビル 菊池寛実記念 智美術館1F

  • 最寄駅

    神谷町

  • 電話番号

    03-6453-0097

【六本木】創業100年!HARIO の直営カフェでとびきりのコーヒータイムを/HARIO CAFE泉屋博古館東京店

京都・鹿ヶ谷にある泉屋博古館の分館として、さまざまな近代絵画、工芸品、茶道具を展示してきた六本木の泉屋博古館分館が、「泉屋博古館東京」と名称を変えて2022年3月にリニューアルオープンしました。


展示スペースは既存の2つの展示室を改装し、2つを新設。内装は光を飽和しないグレーに統一し、照明は最新設備にすることにより、ガラスの映り込みを気にせず作品を鑑賞できるようになりました。

美術館のリニューアルオープンに先駆け、2021年10月に館内(エントランス脇)にオープンしたのが「HARIO CAFE泉屋博古館東京店」。


創業100余年となる耐熱ガラスメーカー・HARIOの直営カフェで、HARIOの器具で淹れたスペシャリティコーヒーや紅茶を楽しめるほか、それらの器具やオリジナルのガラスアクセサリーの購入も可能です。


同店の大きな特徴は、スタッフがコーヒー器具の特徴や、飲みたいコーヒーに合わせた器具を教えてくれる点。さすが、これまで数多くのコーヒー器具を生み出してきたHARIOの直営カフェといえるポイントです。

▲「ハムチーズホットサンドセット」

▲「ハムチーズホットサンドセット」

お腹が空いたら、「バゲットホットサンドセット」(1,300円)をどうぞ。ホットサンドは、ハムチーズとバジルチキンの2種類から選べます。


セットのドリンクはコーヒーや紅茶などの中から選択可能。サイフォン器具を使って淹れる「サイフォンコーヒー」(1,000円)がスタッフイチオシのメニューだとか。

開放感あふれる店内から、コーヒーの良い香りに包まれて景色を眺める極上のひと時を過ごしてみては?

HARIO CAFE 泉屋博古館東京店
  • 所在地

    東京都港区六本木 1-5-1

  • 最寄駅

    六本木一丁目

  • 電話番号

    03-6441-2040

【六本木】店内から美術館を見渡せる、開放感いっぱいのティーサロン/国立新美術館「サロン・ド・テ ロンド」

Ⓒ国立新美術館

Ⓒ国立新美術館

乃木坂駅に直結し、六本木駅徒歩5分の場所にある「国立新美術館」。コレクションを持たず、企画展や公募展を開催する他、美術資料の収集や提供などを行っている美術館です。

2本の逆円錐型の建物のうち、背の低い方の2階に位置するのが「サロン・ド・テ ロンド」。世界的に有名な黒川紀章氏が設計した近未来的で洗練された空間内にあって、どこかクラシックな佇まいを感じさせるティーサロンです。


店内は円柱をぐるりと囲むように席が配置されているため、窓から外の豊かな緑を見ることもできます。

メニューは、ドリンクやケーキ、サンドイッチなどの軽食をラインナップ。


ケーキは常時6種類ほどが販売されており、人気メニューは好きなケーキにコーヒーもしくは紅茶のドリンクが一杯付いた「ケーキセット」(1,540円)だそう。今の時期は、秋冬の限定メニューであるモンブランも見逃せません。

モンブランセット(1,650円)

モンブランセット(1,650円)

また、美術館で開催される企画展にあわせたコラボメニューにも注目を。近日中では、来年2023年3月1日より開始される「ルーヴル美術館展」にあわせて販売されるそうなので、そちらもぜひお楽しみに!

サロン・ド・テ ロンド
  • 所在地

    東京都港区六本木 7-22-2 国立新美術館2F

  • 最寄駅

    乃木坂

  • 電話番号

    03-5770-8162

【目黒】緑豊かな庭園を眺めながら優美なティータイム/東京都庭園美術館「Café TEIEN」

▲画像提供:東京都庭園美術館

▲画像提供:東京都庭園美術館

目黒駅から徒歩約6分の場所にある「東京都庭園美術館」は、1933年に建設されたアール・デコ様式の「旧朝香宮邸」を本館として利用した美術館。


建物の前に広がる広大な庭園には、日本庭園、西洋庭園、芝庭と趣の異なる3つのゾーンがあります。静かで穏やかな時間が流れる庭園は、まるで都会のオアシスのよう。ちなみに日本庭園にある茶室は、本館と同じく国の重要文化財に指定されているのだそう!

▲画像提供:東京都庭園美術館

▲画像提供:東京都庭園美術館

こちらを訪れたらぜひ、入館者のみが利用できる新館1階の「Café TEIEN(カフェ テイエン)」へ行ってみて。


自然光が全面に差し込むガラス張りの開放的な空間が魅力なカフェで、白金台に広がる庭園を眺めながらドリンクや軽食、スイーツをいただけます。

▲画像提供:東京都庭園美術館

▲画像提供:東京都庭園美術館

人気の「カフェラテ」(700円)には、ここでしか味わえないオリジナルのブレンドコーヒーを使用。バリスタによって丁寧に淹れられており、なめらかな口当たりとまろやかな味わいを堪能できるのだそう。


チューリップ、ハート、スワンなど、華やかで美しいラテアートで視覚的にも楽しませてくれますよ。

  • ▲「TEIENティラミス」 画像提供:東京都庭園美術館

    ▲「TEIENティラミス」 画像提供:東京都庭園美術館

  • ▲「1920旅の便り」 画像提供:東京都庭園美術館

    ▲「1920旅の便り」 画像提供:東京都庭園美術館

カフェラテなどのドリンクと一緒に味わいたいのが、ここでしか食べられない、同館ならではのスイーツ。ほろ苦い抹茶とコクのあるマスカルポーネチーズの相性がバツグンの「TEIENティラミス」(800円)は、表面を覆う抹茶で庭園の芝生をイメージしています。


朝香宮夫妻100年前の欧州旅行をイメージした「1920旅の便り」(800円)は、洋酒のキルシュを効かせたバタークリームと、甘酸っぱいブラックチェリーを組み合わせた大人好みのスイーツです。


展覧会の余韻に浸りながら、カフェで企画展とのコラボケーキをいただくのもステキ!友達と作品の感想を語り合いながら、アートな時間を満喫してくださいね。

cafe TEIEN
  • 所在地

    東京都港区白金台5-21-9 東京都庭園美術館新館1F

  • 最寄駅

    目黒

【清澄白河】ボリューミーなサンドイッチをほおばりながら現代アートに触れよう/東京都現代美術館「二階のサンドイッチ」

▲Photo: Kenta Hasegawa

▲Photo: Kenta Hasegawa

清澄白河駅から徒歩約10分の「木場公園」に隣接した「東京都現代美術館」。


絵画、彫刻、ファッション、建築、デザインなど、幅広い現代美術に関する展覧会を開催し、現代アートの魅力を発信。収蔵作品は5,500点にも及び、常に新しいコンテンポラリー・アートに触れることができます。


エントランスホールや中庭などにもさまざまな現代美術作品が点在しているので、お散歩しながらアートに触れられるのも特長です。

鑑賞前後に立ち寄りたいのが「二階のサンドイッチ」。名前の通り、美術館の2階にあるサンドイッチ屋さんです。


具だくさんの惣菜系からクリームやフルーツを使ったスイーツ系まで、さまざまなサンドイッチがそろうほか、サラダやスープ、ソフトクリームなどもラインナップ。


メニューはすべてテイクアウトできるので、フリースペースを兼ねたイートインスペースを利用するのはもちろん、テイクアウトして中庭で食べるのも気持ちが良くてオススメです。

▲「鶏むね肉とクリームチーズのバジルチキンサンドイッチ」とアイスコーヒー

▲「鶏むね肉とクリームチーズのバジルチキンサンドイッチ」とアイスコーヒー

数あるサンドイッチの中でもとくに人気が高いのが、「鶏むね肉とクリームチーズのバジルチキンサンドイッチ」(650円)です。


低温調理し、しっとりと仕上げた鶏むね肉とクリームチーズ、バジルソースを合わせたサンドイッチで、お肉とチーズ、ソースの相性がバツグン!


野菜もたっぷり摂りつつ、食べごたえもほしいワガママ女子にもオススメの一品です。

▲「クッキーの突き刺さったソフトクリーム」

▲「クッキーの突き刺さったソフトクリーム」

食後にもう一品ほしい、そんな時は「クッキーの突き刺さったソフトクリーム」(720円)をデザートにいかが?


さっぱりとしたミルクソフトクリームが子どもから大人まで人気な商品です。豪快に突き刺さったクッキーは手作りのもの。通年販売しているので、いつ訪れても食べられます。


一緒に訪れた人と展示の内容を語らいつつ、優雅にスイーツタイムなんて過ごし方もステキですね。

東京都現代美術館
  • 所在地

    東京都江東区 三好4-1-1

  • 最寄駅

    清澄白河

  • 電話番号

    050-5541-8600

取材・文/石部千晶(六識)、七尾なお

芸術の秋を楽しもう!アート特集 2022

レッツエンジョイ東京では「アート特集2022」と題し、イチオシのアートイベントや美術館をはじめ、ミュージアムショップやパブリックアートなど様々な角度からアートを楽しめるスポットをご紹介しています!


>>アート特集2022をチェック

当サイト内のおでかけ情報に関して

※本記事は2022年11月10日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※おでかけの際はマスクの着用、手洗い・手指消毒などを心がけ、感染拡大の防止に十分ご配慮いただきますようお願いします。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。