【江戸川区】風流な川が夏限定でじゃぶじゃぶ池に変身!/古川親水公園

都会に清流を復活させたことで話題を呼んだ日本初の親水公園が、ここ「古川親水公園」です。


園内には古川という川が流れ、川べりは自然水の流れる1.2kmの遊歩道になっています。せせらぎの光景はとても風情があり、川沿いの季節の草花を楽しみながら、お散歩することもできます。


この古川の一部を、子どもが遊べる“じゃぶじゃぶ池”として夏季限定でオープン!自然の川との境に朱塗りの橋がかかっていたり、中央には座って涼める石積みの石が置かれていたりと、日本らしい風雅な川で遊べるなんて、なんとも贅沢です。

期間中、じゃぶじゃぶ池の水だけは、プールなどで使われている塩素による消毒水をろ過して循環して利用しているそうなので、衛生面でも安心。ただし、裸足で遊ぶと怪我をする可能性があるので、水遊びに適したサンダルなどを履いて遊んでくださいね。


さらに、じゃぶじゃぶ池は、遊具や広場のある古川けやき公園に隣接しているので、じゃぶじゃぶ池に行く前後にそちらで遊んでもOK。水遊びだけでなく公園遊びも楽しめちゃうハッピーなスポットなんです。

古川親水公園
  • 所在地

    東京都江戸川区 西瑞江5丁目~江戸川6丁目付近

  • 最寄駅

    一之江

  • 備考

    じゃぶじゃぶ池開放期間:毎年7月1日~8月31日

【江戸川区】噴水で気軽に水遊び♪色々な動物とも出合える/行船公園

動物好きなお子さんにオススメなのが、西葛西駅から徒歩15分のところにある「行船公園」。ここはなんと、動物園を無料で楽しむことができるスポットです。


自然動物園では、レッサーパンダやフクロウ、二ホンリス、プレーリードッグ、ワラビー、コウノトリなど、さまざまな動物を見ることができます。また、ウサギやヒツジなどのかわいらしい動物と触れ合えるコーナーもあり(当面の間、入場不可)、親子で癒やされること間違いなしです。


水遊びができる場所は自然動物園のそばにある円型の噴水で、夏になると、水しぶきと子ども達の元気な声が飛び交う水遊びスポットに変身します。水深は10cm程度と浅めなので、もちろん注意は必要ですが幼児でも安心して利用できそう。


また、おもちゃの持ち込みもOKなので、水鉄砲や浮き輪を持ってきて、それぞれの楽しみ方ができます♪自然動物園に来たついでにふらっと立ち寄って、水遊びしながら涼めるという気楽さもうれしいポイントです。


敷地内には他にもジャンボスライダー(大きな滑り台)や、風流な日本庭園、釣り池などもあって、一日では時間が足りないほどの充実度。ぜひ公園内をゆっくりと散策してみて。

行船公園
  • 所在地

    東京都江戸川区 北葛西3-2-1

  • 最寄駅

    西葛西

  • 電話番号

    03-3680-0777

  • 備考

    じゃぶじゃぶ池(噴水)開放期間:毎年7月1日~8月31日

【葛飾区】水遊びも自転車も恐竜も月面着陸体験も♪欲張りスポット/北沼公園

葛飾区にある「北沼公園」はコンパクトな敷地に、珍しい遊び場がギュッとつまった公園です。


水遊びができるのは、公園の入り口にある広々とした大きな噴水。走りながら思いっきり遊べそうな大きさが魅力的です♪外側の浅い水深(約10cm)の部分と、中央の深い水深(約30cm)の部分があるので、年齢によって遊ぶ場所を分けても良いですね。


噴水付近は見渡しがよく、一人で遊べるお子さんなら、ママやパパは公園のベンチに座って見守ることも◎。衛生管理上、オムツ(水遊び用の紙オムツ含む)を履いての利用はできないので、オムツを卒業したら水遊びに行きましょう。

公園の中央にはムーンウォーカーというアトラクションがあり、その場で予約をすると、月面着陸時のような1/6重力を疑似体験できます。また、遊具やローラー滑り台があり、公園の奥にある大きな恐竜の像も子どもたちに大人気なんです。


さらに「北沼公園」は交通公園の一つ。自転車(園内でレンタルも可能)に乗って、信号や横断歩道などに従って楽しく公園内を走りながら、交通ルールを学べます。さまざまな楽しみ方ができるので、充実した時間が過ごせそう♪

北沼公園
  • 所在地

    東京都葛飾区奥戸 8-17-1

  • 最寄駅

    新小岩

  • 電話番号

    03-3694-2474

  • 備考

    じゃぶじゃぶ池(噴水)開放期間:2022年7月2日(土)~9月11日(日)

【墨田区】長~いじゃぶじゃぶ水路で水遊びを満喫!/大横川親水公園

東京スカイツリー®からほど近い「大横川親水公園」は、全長約1.8kmの細長い形をした公園です。


園内は5つのゾーンに分かれていて、色々な場所から迫力ある東京スカイツリーを眺められる絶景のロケーションでも知られています。


5つのゾーンの中でも花紅葉ゾーンは、夏場は緑豊かな渓谷が広がるエリア。渓谷沿いには散策路が設けられ、地元の方々の癒やしの場となっています。その名の通り、秋には色づいた趣深い紅葉が楽しめます。

マイナスイオンが満ちた木々の間を北側に向かって抜けて行くと、そこは河童河原ゾーン。約50mの長いじゃぶじゃぶ水路があり、子どもたちの絶好の水遊びスポットになっています。水路の上には石橋や飛び石などが設置されていて、水辺の楽しさが倍増!


場所によって水深が違うので注意が必要ですが、小さいお子さんでもたっぷりと楽しめそう♪水路横の広場には遊具があるので、帰り道に立ち寄っても良いですね。

大横川親水公園
  • 所在地

    東京都墨田区吾妻橋 3丁目~緑4丁目

  • 最寄駅

    とうきょうスカイツリー

  • 備考

    じゃぶじゃぶ水路開放期間:通年

取材・文/野田 比都美

当サイト内のおでかけ情報に関して

※本記事は2022年06月17日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※本記事は2020年07月31日に公開した内容を一部加筆・修正した上で、2022年06月17日に再公開しております。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※おでかけの際はマスクの着用、手洗い・手指消毒などを心がけ、感染拡大の防止に十分ご配慮いただきますようお願いします。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。