食欲の秋に、芸術の秋。いろいろな秋があるけれど、今年は一人でのんびり“読書の秋”に浸ってみるのはいかがですか?都内には、建造物の美しさに触れたり、併設のカフェでのんびりしたりと、本を読むことプラスαの要素も楽しめる図書館がたくさんあるんです。今回は、この秋訪れたい都内の図書館を5つご紹介します!


 

【おでかけ時のポイント】

・居住地やおでかけ先の都道府県の要請に従って行動しましょう
・体調に不安を感じるときは外出を控えましょう
・なるべく空いている時間に行きましょう
・周囲の人との距離をできるだけ保つようにしましょう
・マスクを着用し、手洗いは小まめに行いましょう



【上野】歴史あるレンガ造りの図書館で、世界の絵本に出会う/国立国会図書館国際子ども図書館

国立国会図書館国際子ども図書館

▲画像提供:国立国会図書館国際子ども図書館

上野駅から徒歩約10分の「国立国会図書館国際子ども図書館」は、世界各国の絵本が見られる国立の児童書専門図書館。

こちらの図書館は、建物そのものも魅力の一つ。1906(明治39)年に帝国図書館として建設された「レンガ棟」と、2015年に完成した「アーチ棟」の二つからなり、新旧の建築美に触れることができます。

写真の「レンガ棟」は、明治期を代表するルネサンス様式の洋風建築。都の歴史的建造物にも指定されており、品のあるレトロな雰囲気がステキです!


国立国会図書館国際子ども図書館

▲画像提供:国立国会図書館国際子ども図書館

こちらはモダンなデザインが美しい「アーチ棟」。本をめくるようなイメージで設計されたという、ゆるやかに弧を描いたデザインが印象的です。


国立国会図書館国際子ども図書館

▲画像提供:国立国会図書館国際子ども図書館

所蔵する本は、国内外の児童書や関連資料を中心に約50万冊。世界160カ国の児童書があり、絵本を通して外国の文化を学べるのがおもしろいですね。

レンガ棟1階の「子どものへや」には、主に小学生以下を対象にした絵本、読み物、知識の本が1万冊ほどそろいます。昔読んでいた絵本に出会え、懐かしい気分に浸れるかも!


国立国会図書館国際子ども図書館

▲画像提供:国立国会図書館国際子ども図書館

レンガ棟内には、明治から現代までの児童書が並ぶ「児童書ギャラリー」(写真)や、帝国図書館時代に貴賓室として使用されていた「世界を知るへや」、吹き抜けの「大階段」など、創建時の明治や昭和の面影が残る場所もたくさん。

100年以上前のレンガも見られるので、歴史を感じながら館内をのんびり巡ってみてくださいね。


国立国会図書館国際子ども図書館
所在地:東京都台東区上野公園12-49
電話番号:03-3827-2053
最寄駅:上野



【日比谷】海外のアート雑誌も!芸術の情報が充実する複合文化施設/千代田区立日比谷図書文化館

千代田区立日比谷図書文化館

▲画像提供:千代田区立日比谷図書文化館

東京メトロ・霞ヶ関駅から徒歩約3分の、日比谷公園内にある「千代田区立日比谷図書文化館」。

本を読み・調べる「図書館」と、多彩な文化情報を展示する「ミュージアム」、さまざまな講座やイベント行う「カレッジ」が一体となった複合文化施設です。



千代田区立日比谷図書文化館

▲画像提供:千代田区立日比谷図書文化館

「江戸・東京」、「ビジネス」、「アート」の情報を中心に、約22万冊を所蔵する館内は、新聞や雑誌、東京に関する書籍などが並ぶ「パープルゾーン」、ビジネス関連の書籍やデータベースがそろう「オレンジゾーン」、芸術や映画・演劇の書籍が充実した「ブルーゾーン」、哲学や歴史などの本を集めた「グリーンゾーン」の、4つに分かれています。

お目当ての本の関連書も見つけやすく、「こんな本があったのか!」というような一冊に巡り合えるかもしれません。



千代田区立日比谷図書文化館

▲画像提供:千代田区立日比谷図書文化館

3階ブルーゾーン入口にある「アート情報支援コーナー」では、海外のアート雑誌や展覧会図録など、アートに関する情報が充実。芸術に興味のある人は要チェックです!

他にも、4階には2時間300円で利用できる有料席(特別研究席)も用意(利用については、日比谷図書文化館公式サイトをご確認下さい)。仕切られた席に電源コンセントと有線・無線LANが備えられているので、静かに作業に没頭したいときにオススメですよ。



千代田区立日比谷図書文化館

▲画像提供:千代田区立日比谷図書文化館

館内にはカフェとレストランも併設されています。1階の「ライブラリーショップ&カフェ日比谷」では、ドリンクやケーキ、パンなどがラインナップ。図書フロアの本の持ち込みOKなうえ、コンセントのある席もあり、まったりとした時間を過ごせそうです。



千代田区立日比谷図書文化館
所在地:東京都千代田区日比谷公園1-4
電話番号:03-3502-3340(代表)
最寄駅:霞ヶ関/内幸町



【武蔵野市】個性的なデザインで居心地◎!ワーキングスペースも完備/武蔵野プレイス

武蔵野プレイス

▲画像提供:武蔵野プレイス

武蔵境駅から徒歩すぐの場所にある「武蔵野プレイス」は、図書館、青少年活動支援、生涯学習支援、市民活動支援の4つの機能を持つ複合機能施設。

目の前には広場があり、開放感が感じられます。都会の喧騒から離れてのんびりすごしたいという人にもピッタリ!



武蔵野プレイス

▲画像提供:武蔵野プレイス

館内は「ルーム」と呼ばれる個室のようなユニットが連なった、ユニークな造りになっています。天井や窓枠など、曲線がふんだんに使われたデザインは、安心感があり居心地も◎。ついつい長居してしまいそう!

蔵書は約18万冊で、フロアごとにジャンルを分けて本を配置。写真の「テーマライブラリー」には、料理や旅行、スポーツなどの、生活や趣味の実用書が並びます。

自分の趣味の本をたくさん読んで知識を深めれば、充実した休日になりそうです。



武蔵野プレイス

▲画像提供:武蔵野プレイス

パソコンやタブレットで作業をしたいという人は、4階の「ワーキングデスク」を利用しましょう(時間交代制400円)。

席は仕切りで区切られ、電源も館内のFree Wi-Fiサービスも利用OK。集中して作業に取り組めますよ。



武蔵野プレイス

▲画像提供:武蔵野プレイス

1階の中央にあるカフェ「Cafe Fermata(カフェ・フェルマータ)」では、ハンバーグやグリーンカレー、パンケーキなどがいただけます。

館内の本の持ち込みも可なので、ドリンク片手に読書を楽しむのも良いですね♪



武蔵野市立 ひと・まち・情報 創造館 武蔵野プレイス
所在地:東京都武蔵野市境南町2-3-18
電話番号:0422-30-1900
最寄駅:武蔵境



【国分寺】国内の公立図書館の中で最大級を誇る、19,000タイトルの雑誌を所蔵/東京都立多摩図書館

東京都立多摩図書館

▲画像提供:東京都立多摩図書館

2017年に立川市より移転オープンした、西国分寺駅から徒歩約7分の場所にある「東京都立多摩図書館」。

雑誌好きはぜひ訪れたい、「雑誌」と「児童・青少年資料」を柱にサービスを行っている図書館です。



東京都立多摩図書館

▲画像提供:東京都立多摩図書館

「東京マガジンバンク」では、一般誌から学術雑誌まで約19,000タイトルが所蔵されています。地域情報誌や海外の雑誌など、珍しい雑誌も並びます。

ジャンルはさまざまですが、なかでも女性誌と鉄道雑誌が充実。約8,200誌の創刊号を集めた貴重な「創刊号コレクション」もあります。雑誌を幅広く見たいという人はそちらをチェックしてくださいね。



東京都立多摩図書館

▲画像提供:東京都立多摩図書館

1階にある、利用者も入室可能な書庫「開架書庫」には、閲覧室に出ていない継続収集中の雑誌約4,500タイトルの最新1年分などを所蔵(入室にはカウンターでの申し込みが必要です)。

さらに昔の雑誌を読みたいという場合は、閉架書庫にあるかもしれないので、カウンターで聞いてみてくださいね。



東京都立多摩図書館

▲画像提供:東京都立多摩図書館

雑誌と並んで力を入れているのが、都内の子供の読書活動を推進する「児童・青少年資料サービス」。乳幼児から高校生世代までが楽しめる本や学習に役立つ本を、「こどものへや」、「青少年エリア」に揃えています。

写真の「えほんのこべや」では、ゆっくりと絵本を楽しむことができますよ。

また、本をたくさん読んで小腹が減ったら、エントランスホールにある、地元のパン屋さんが手掛けるカフェを訪れて。手作りパンやスコーンなど、地元で人気の味を堪能してみてくださいね♪



東京都立多摩図書館
所在地:東京都国分寺市泉町2-2-26
電話番号:042-359-4020
最寄駅:西国分寺
※詳細は都立図書館公式サイトでご確認ください。



【小平市】アートな建物がかっこいい!市民に愛される憩いの場/なかまちテラス(仲町公民館・仲町図書館)

なかまちテラス

▲画像提供:小平市立仲町図書館

青梅街道駅、小平駅から徒歩約10分の「なかまちテラス」は、図書館と公民館の機能が備わった、生涯学習施設。

誰でも利用できるカフェも併設されていて、市民を中心に憩いの場として親しまれています。



なかまちテラス

▲画像提供:小平市立仲町図書館

ガラス張りの建物は、近代的かつスタイリッシュなデザインで、まるでアート作品のよう! 

設計したのは、世界的建築家の妹島和世氏。外観全体をエキスパンドメタルで覆い、壁面にはガラスを多用することで、昼は太陽の光が館内を明るく照らし、夜は内側からの光を外へ照らし出すつくりになっています。

昼と夜でガラッと雰囲気が変わるのも魅力です♪



なかまちテラス

▲画像提供:小平市立仲町図書館

こちらで扱うのは、本と雑誌合わせて約10万4千冊。年齢層に合わせてフロアが分かれていて、2階は幼児・児童コーナーとティーンズコーナー、3階は一般書のコーナーが備えられています。

3階には、設計者の妹島和世氏に関わる建築関係のコーナーもあるので、なかまちテラスの建築に惹かれた人は、ぜひこちらもチェックしてみて。



なかまちテラス

▲画像提供:小平市立仲町図書館

3階にはソファ席とテラス席を完備。天気の良い日は外で読書するのも、リフレッシュできて良いですね。

1階には、本の持ち込みOKのカフェ「CAZE CAFÉ なかまち」を併設。各種ドリンクの他、パスタやカレー、ドリアなどランチメニューも充実しているので、ランチ目当てで訪れるのもオススメですよ!



なかまちテラス(仲町公民館・仲町図書館)
所在地:東京都小平市仲町145
電話番号:042-344-7151(仲町図書館)
最寄駅:青梅街道/小平



取材・文/レッツエンジョイ東京編集部
※2021年9月28日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、 掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※本記事中の金額表示はすべて税込です。



当サイト内のおでかけ情報に関して

※本記事は2021年09月28日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。