藤まつり&名所特集

つつじまつり&名所特集はこちら

古くは万葉集の時代から親しまれてきた藤の花。4月下旬から5月上旬にかけて、東京、神奈川、千葉、埼玉では、藤の見ごろを迎えます。花穂が藤棚から垂れ下がる優美な姿を眺めにでかけよう。

  • 東京の藤まつり名所

    推定樹齢400年以上の藤が見事な大久野の藤をはじめ、藤の名所情報をお届けします。まつり期間中のライトアップなど、名所ならではのイベントも見逃さないで。

    詳しく見る

  • 神奈川の藤まつり名所

    横須賀市立しょうぶ園や鎌倉周辺のお寺など、藤が見ごろを迎えるスポットをお届けします。散策と藤の鑑賞を楽しむコースを計画してみよう。

    詳しく見る

  • 千葉・埼玉の藤まつり名所

    国指定特別天然記念物の牛島の藤(埼玉県春日部市)や、長泉寺(骨波田の藤/埼玉県本庄市)など、藤の名所情報をお届けします。見事な藤の姿と甘い香りを堪能しよう。

    詳しく見る

藤の豆知識

花言葉「歓迎」「恋に酔う」「陶酔」

藤ってどんな花?

マメ科のつる性落葉木本の一種で、淡紫色または白色の花を房状に垂れ下げて咲かせます。 日本固有種としてはノダフジとヤマフジの2種があり、ノダフジ=つるが右巻き(上から見て右回り)、 ヤマフジ=つるが左巻き(上から見て左回り)という違いがあります。

藤は食べられる?

あまり身近ではありませんが、藤の花は食べられます。主に天ぷらとして食されることが多く(新芽、つぼみ、花 を房ごとなど)、そのほか、酢の物やサラダの彩りとしても使われています。

国指定特別天然記念物「牛島の藤」

埼玉県春日部市牛島にある「牛島の藤(うしじまのふじ)」は、推定樹齢1200年ともいわれる日本最古の老樹。根まわり10平方メートル、花房は最長2メートルにもなる巨木で、藤棚は約700平方メートルに及ぶ。見ごろは例年4月下旬~5月上旬で、その眺めは世界一との賞賛も。昭和30年、文化財保護法により国の特別天然記念物に、平成元年には「新日本名木百選」にも選定されている。

▲ページTOPへ

みんなの口コミ・現地情報

藤まつり&名所情報を投稿しよう

投稿する