和菓子・ネオ和菓子専門家がナビゲート!

こんにちは!和菓子・ネオ和菓子専門家の安原伶香です。


イチゴの美味しい今、イチゴ大福も食べたくなりますよね。ということで今回は「ふわふわのイチゴ大福ならココ!」というお店をご紹介します。

全国から厳選した農家直送のイチゴを使用/いちご大福と茶菓のお店 あか

  • ▲写真提供:いちご大福と茶菓のお店 あか

    ▲写真提供:いちご大福と茶菓のお店 あか

  • ▲写真提供:いちご大福と茶菓のお店 あか

    ▲写真提供:いちご大福と茶菓のお店 あか

2023年年2月、東京・自由が丘に2店舗目がオープンしたイチゴ大福専門店「いちご大福と茶菓のお店 あか」


同店のイチゴ大福は、作りたての“ふわふわ”の求肥で、新鮮なイチゴとなめらかな白あんを包んでいます。空気をたっぷりと含んだ、ふわふわの求肥はまさに新感覚!食べた瞬間、ホッと幸せな気持ちになるやさしい味わいはクセになる美味しさです。甘酸っぱいイチゴと上品な味わいの白あんも驚くほどマッチしています♪

▲写真提供:いちご大福と茶菓のお店 あか/右上から時計回りに「きらぴ香」(390円)、「女峰」(390円)、「嘉山苺」(390円)、「桃薫」(500円)

▲写真提供:いちご大福と茶菓のお店 あか/右上から時計回りに「きらぴ香」(390円)、「女峰」(390円)、「嘉山苺」(390円)、「桃薫」(500円)

イチゴは、全国から厳選したその時期に1番美味しい品種で、なおかつ農家直送の新鮮なものを使用します


メインにしている品種は香川県産「女峰」で、濃い赤色の果皮と、甘みと酸味をしっかりと感じられる深い味わいが特徴です。また、今が旬の色が淡く桃に似た芳醇な香りの静岡県産「桃薫」や、希少な高級品種の白いちご「天使のいちご」など、他の品種を使用した大福もあります。


さまざまな品種のイチゴを食べ比べできるのも嬉しいポイント♪ちなみに私が取材に伺った際は、4つの異なる品種のイチゴの大福が販売されていました。

▲写真提供:いちご大福と茶菓のお店 あか

▲写真提供:いちご大福と茶菓のお店 あか

イチゴだけでなく、使用する全ての素材にこだわりっており、求肥は滋賀県産の「羽二重餅粉」、白あんは北海道産の高級菜豆「大福豆」を採用しています。添加物も不使用なので、お子さまからご年配の方まで安心して楽しめますよ


ちなみに1号店の学芸大学店では、ネットで事前予約し受け取る方法も(自由が丘店は予約受け取り不可)。他にはない新感覚の「イチゴ大福」ぜひご賞味あれ♪

いちご大福と茶菓のお店 あか 自由が丘店
  • 所在地

    東京都目黒区自由が丘 1-27-1

  • 最寄駅

    自由が丘

  • 電話番号

    070-9116-3199

本記事内のおでかけ情報に関して

※本記事内の情報は2023年04月01日時点のものです。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。