旅するパンマニアがナビゲート!

1万個以上のパンを食べ歩いた旅するパンマニア、片山智香子です。今回は「都内でバインミーを食べるならココ!」という日本橋のお店をご紹介します。

進化系も!7種のバインミーがそろう専門店/nicoバインミー

ベトナムのソウルフードであり、ここ数年、都内はもとより日本全国に専門店もでき人気上昇中のバインミー。名前は聞いたことがあるけれど、実はどのようなパンなのか知らないという方のために説明すると、フランス植民地時代にフランス人から伝わったものが、ベトナムの食文化とまざりあい、独自の発展を遂げたベトナム風サンドイッチのことです。


これとこれが入っていなければならない!というルールはないのだけれど、代表的なのは、なますにレバーペースト、ハムなどが入っているもの。10年以上前に初めて食べて、あまりの美味しさに衝撃を受け、それから虜に。パンと同じくらいのバインミーマニアであると自負している私。好きが高じて世界一のバインミーがあるというホイアンまで一人旅にいってくるほど。そんな私が今回ご紹介したいのは、日本橋にある「nicoバインミー」です。

人形町駅から徒歩8分。オフィス街に位置することもあり、お昼に買いにくるお客さんは近隣の会社員の方が多いそう。


毎日食べても飽きずに、身体に良くて美味しいものを食べて欲しいとの思いから、2018年5月こちらの地にオープン。国産小麦(春よ恋100%)と国産米粉を使い店内で焼き上げた自家製パンが特徴的。また最近ではバインミー=フランスパンという概念にとらわれない進化系も登場しています。レギュラーなメニューが5種類、季節限定1種類、デザートバインミー1種類というラインナップ。店内にある食券を購入したら、カウンターで渡し、待ちます。

食べてみたいけれど、どれを食べたら良いの?という方には、開店当初から一番人気で私も大好きな「ベトナムハムとレバーペーストのバインミー」(800円)がオススメです。


バリっという音が心地良いフランスパンに、歯切れ良いさっくり食感。生地にやや甘みも感じ、なますの酸味と丁度良いバランス。パクチーは契約農家さんから直送していて新鮮なのでクセがない。鶏のレバーペーストとベトナムハムとヘルシーなのだけれど、結構、ボリューミーで1本食べたらもうおなかいっぱい(笑)。

あと、これは提携している、新日本橋駅近くにあるカフェ「ダブルトール日本橋」でしか食べることができないのですが、クロワッサンバインミーも絶品。さっくり軽い食感で、バターのうま味がビックリするほどレバーペーストと合うんですよ。機会があれば、こちらも食べてみてもらいたい一品です。

nicoバインミー
  • 所在地

    東京都中央区日本橋小舟町 11-3 大村ビル1F

  • 最寄駅

    人形町

  • 電話番号

    03-6339-6664

当サイト内のおでかけ情報に関して

※本記事は2023年01月07日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※おでかけの際はマスクの着用、手洗い・手指消毒などを心がけ、感染拡大の防止に十分ご配慮いただきますようお願いします。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。