【おでかけ時のポイント】

・居住地やおでかけ先の都道府県の要請に従って行動しましょう

・体調に不安を感じるときは外出を控えましょう

・なるべく少人数で空いている時間に行きましょう

・周囲の人との距離をできるだけ保つようにしましょう

・マスクを着用し、手洗いは小まめに行いましょう

銭湯価格480円でこのクオリティ!?おもてなしで心が満たされる銭湯/萩の湯

鶯谷駅から徒歩8分。東京スカイツリー(R)もほど近い台東区の下町に、銭湯「萩の湯」はあります。


マンションの1階から4階までが銭湯で、その規模は都内最大級!外観も最新型スーパー銭湯のような趣ですが、もちろん銭湯なので、東京都制定の入浴料480円で入れちゃうんです♡ビール好きの黒澤まさ美さんと一緒に潜入レポートです。

エントランスを抜けて、2階のロビーへ向かいます。靴を預けて、さっそく館内へ♪

券売機で入浴料チケットを購入し、受付へ。一緒に支払ったバスタオル・フェイスタオル・ナイロンタオルがセットの「レンタルタオル」(70円)を受け取ります。


迎えてくれたのは、店主の長沼雄三さん。ご実家である上野の名銭湯「寿湯」、「薬師湯」、そしてこちらの「萩の湯」と、三兄弟で三軒の銭湯を経営されています。

メイク落としや洗顔料などのアメニティーも充実。無料で使えるシャンプー・リンス、ボディソープは浴場に、化粧水や乳液は脱衣所にあるので、仕事帰りやランニングの途中でも、手ぶらでふらりと一人で寄れちゃいます♪

ロビーには、なんとロッカー式の無料コンセントがズラリ。お風呂に入っている間にスマホの充電ができるなんて!おもてなしの心が行き届いています♪

ピンク富士がお出迎え!広い炭酸泉に露天風呂・・・これ本当に銭湯?

女湯がある4階に到着。のれんをくぐり、いざお風呂へ!

清潔感たっぷりの脱衣所。銭湯とは思えない広さです。荷物が多くても安心の大型タイプのロッカーもありますよ。なんとランナー専用のロッカーも!

浴場へ入ると、「萩の湯」名物“ピンク富士”が目の前に!こちらは、女性銭湯絵師・田中みずきさんが描いたもの。女性らしい柔らかく繊細な色使いが印象的です。

湯船に浸かる前に、かけ湯をしましょう。すべてのシャワーがホース式で、椅子に小さな背もたれがついていたりと、家のお風呂のような使いやすさは高ポイント♡

「萩の湯」の魅力の一つは、この広々とした炭酸泉!ぬるめのお湯でじっくり身体を癒す炭酸泉は、「多くのお客さんにゆっくり浸かってほしい」との思いから、広いつくりにしたそう。

湯船に浸かると、無数の泡がしゅわしゅわっと肌にまとわりついて気持ち良い!お湯はぬるめだけど、のぼせやすいので長時間の入浴は注意して!

内湯はほかにも、ジェットバスや寝風呂、電気風呂が集まった広~い湯船と、日替わりの薬湯があります。

そしてこちらが、「萩の湯」自慢の露天風呂!お湯は保湿効果やリラックス効果が高いといわれる“光マイクロバブル湯”。世界初のマイクロバブル技術によって開発されたそう。温度は38度でちょうど良く、いつまでも浸かっていたくなるほど。まるで温泉旅館のような風情のなか、のんびり疲れを癒しましょう♡


周りに合わせることなく、好きな時間だけお湯に浸かっていられるのが一人の良いところ。心ゆくまでこの気持ちよさを堪能できます。

こちらは、郊外のスーパー銭湯のような広さに驚きのドライサウナ。サウナの利用は別料金ですが、平日200円、土日祝日でも250円とお手頃です。

女湯のみ、塩サウナも完備。バケツ内の塩を身体に揉みこむと発汗作用がアップし、肌の引き締め効果が期待できます♪

お風呂からあがったら、広々とした鏡台で身支度を。ドライヤーが席に一つずつ設置されていて、隣を気にせず使えるのもうれしい♪

お風呂あがりは、待ちに待ったクラフトビールをグイっ!

お風呂上がりは再び1階に降り、食事処「こもれび」で一休み♪ここでお目当てのクラフトビールをいただきます。こちらは食事のみも利用OK。昼はレストランとして、夜は居酒屋として利用するも人もいるんだとか。

券売機でチケットを購入します。クラフトビールは、人気の「よなよなエール」や「496」、「アフターダーク」「JPL」の4種類(各520円)。ほかにも日本酒にワインやサワー、ご当地サイダーをはじめ、ソフトドリンクなどのメニューも!

「旨辛麻婆飯」(800円)や「焼き餃子」(450円)や「石挽ざるそば」(550円)など、フードメニューも大充実。料理はすべて店内の厨房で手作りというこだわりです。

今回は女性に人気の「よなよなエール」をいただきます♡「プハー!香りがフルーティ、コクがあって飲みやすい!」。枝豆(300円)をつまみつつ、お風呂あがりに美味しいビールを堪能しちゃいました。日々の疲れもバッチリ癒されて、明日も笑顔で頑張れそう♪

まとめ

お風呂上がりにクラフトビールが楽しめる、最新型銭湯「萩の湯」。入浴料とビール料金を合わせても1,000円でお釣りがくるなんて、コスパも最高♪利用する人のことを考えたサービスが充実していて、至れり尽くせり・・・まるで天国!おしゃれなバルやレストランもいいけれど、たまには一人銭湯で、湯あがりに「プハーッ」なんていかがですか?

萩の湯
  • 所在地

    東京都台東区 根岸2-13-13

  • 最寄駅

    鶯谷

  • 営業時間

    6:00~9:00、11:00~25:00

  • 定休日

    第3火曜

  • 電話番号

    03-3872-7669

取材・文/皆川夕美 撮影/福冨ちはる モデル/黒澤まさ美

当サイト内のおでかけ情報に関して

※本記事は2022年02月10日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※本記事は2019年04月03日に公開した内容を一部加筆・修正した上で、2022年02月10日に再公開しております。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。