野口英世博士ゆかりの旧細菌検査室

ノグチヒデヨハクシユカリノキュウサイキンケンサシツ

幸浦/能見台
045-782-7371

野口英世博士ゆかりの旧細菌検査室の保存

旧細菌検査室は、明治28年(1895年)に長浜検疫所の建物群のひとつとして建てられましたが、大正12年(1923年)の関東大震災で倒壊、その翌年再建されたものです。
また、この地で世界的細菌学者として有名な野口英世博士が明治32年(1899年当時博士は22歳)に検疫医官補として約5か月間、検疫業務を行っており、ペスト菌患者の発見にも功績を挙げました。
永い年月を経て荒廃したこの建物は、平成9年(1997年)の大がかりな補修によりすっかり甦りました。野口博士ゆかりの研究施設としては日本に現存する唯一のものです。

●アクセス●
京浜急行「能見台駅」または金沢シーサイドライン「幸浦駅」下車 徒歩15分

野口英世博士ゆかりの旧細菌検査室の基本情報

このスポットの口コミ(現地情報)

おでかけ口コミ募集中!

あなたのイチオシの現地の口コミ情報をお待ちしております!

同じカテゴリまたはエリアからスポット・施設を探す

ミュージアム&画廊・ギャラリーのスポット・施設をエリアから探す

その他のスポット・施設をエリアから探す

東京のおでかけ情報や お得なキャンペーン情報 をお届け!

メールマガジン登録

周辺お出かけ情報
ちょっと寄り道口コミ

このスポットをクリップしました

クリップしたスポットを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる