久保寛子展「鉄骨のゴッデス」

  • 2024/04/26(金) ~ 2024/06/09(日) ※会期中無休
  • ポーラ ミュージアム アネックス
  • 銀座一丁目駅
    銀座
    展示・展覧会
  • 久保寛子展「鉄骨のゴッデス」_1

    久保寛子_Hiroko KUBO「Steel framed Goddess」 2024年 180×172×74 cm 鉄、防風ネット

  • 久保寛子展「鉄骨のゴッデス」_2

    久保寛子_Hiroko KUBO「Street Amulets - Hand ストリートアミュレット 手」2022年 60×70mm セメント、真鍮

  • 久保寛子展「鉄骨のゴッデス」_3

    久保寛子_Hiroko KUBO「泥足」2015-16年 360×620×790cm 鉄、防風ネット

ブルーシートや鉄、コンクリートなど、身近な素材を用いて、神像や土器などの彫刻作品を制作する久保寛子の初の大型個展を開催。

工事現場で見かけるブルーシートや鉄、コンクリートなど、身近な素材から創り出された神像や土器。久保寛子は、農耕や偶像をテーマに、古来日常にあった祈りのかたちを現代に置き換えた彫刻作品を発表。近年では、瀬戸内国際芸術祭 2016 やさいたま国際芸術祭2020などで、その土地に呼応したダイナミックなインスタレーション作品を発表し、注目を集めています。先史芸術や文化人類学の学説などを着想源に創り出される作品は、厳しい自然に耐えながら営みを続ける人びとの心の支えをモチーフに、ポジティブな生のエネルギーを携えています。それは自然災害など「いのち」を考える岐路に立つことが多い今、心の拠り所を模索する私たちの“心の用”に応えてくれるようです。

本展では、防風ネットを使った新作「鉄骨のゴッデス」を含む、約60点を展示。コンクリートで出来たアミュレット(魔除け)やブルーシート製の土器など、数々の立体作品が紹介されるとともに、ポーラ銀座ビル1階のウィンドウでは、会期にあわせて平面作品の展示も予定されています。

※諸事情により内容が変更になる場合があります。ギャラリー公式サイトで最新の情報をご確認ください。

続きを読む
基本情報
  • 開催場所・
    最寄駅

    ポーラ ミュージアム アネックス
    銀座一丁目駅(徒歩2分) / 銀座駅(徒歩3分)

  • 所在地

    〒104-0061

    東京都中央区 銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル3階

  • 会場

    ポーラ ミュージアム アネックス

  • 開催期間

    2024/04/26(金) ~ 2024/06/09(日)
    ※会期中無休

  • 時間

    開始 11:00 / 終了 19:00

  • 料金・費用

    無料

  • 問い合わせ

    ハローダイヤル
    050-5541-8600

  • 公式サイト

    https://www.po-holdings.co.jp/m-annex/

※掲載内容が変更となっている場合があります。最新情報については、会場・主催者の公式サイト等でご確認ください。

お気に入りに保存しました

お気に入りから削除しました

お気に入りの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました