【おでかけ時のポイント】

・居住地やおでかけ先の都道府県の要請に従って行動しましょう

・体調に不安を感じるときは外出を控えましょう

・なるべく空いている時間に行きましょう

・周囲の人との距離をできるだけ保つようにしましょう

・マスクを着用し、手洗いは小まめに行いましょう

【お台場】人間そっくりのアンドロイドも⁉好奇心をはぐくむスポット/日本科学未来館

新交通ゆりかもめ・テレコムセンター駅から徒歩約4分、または東京国際クルーズターミナル駅から徒歩約5分の場所にある「日本科学未来館」は、今世界に起きていることを科学の視点から捉え、どんな未来を作っていくかを考えることができるサイエンスミュージアム。


同館では、「こどもの日」当日の常設展入場料(18歳以下)が無料になります。

展示をはじめ、トークセッション、ワークショップなど多彩なメニューを通して、日々の素朴な疑問から最新テクノロジー、地球環境、宇宙の探求、生命の不思議まで、さまざまなスケールで先端の科学技術を体験できます。

最新LEDパネルを使った地球ディスプレイ「ジオ・コスモス」や、見た目が人間にそっくりなアンドロイド「オトナロイド」など、見どころもたっぷり!


また2022年8月31日(水)まで、国内展覧会史上最大規模となる、約90種130点のロボットが大集結する特別展「きみとロボット ニンゲンッテ、ナンダ?」(別料金)も開催中。こちらもあわせてチェックしてみてくださいね。

日本科学未来館
  • 所在地

    東京都江東区 青海2-3-6

  • 最寄駅

    東京国際クルーズターミナル

  • 電話番号

    03-3570-9151

【日野】ライオンバスステーションとゾウ舎がリニューアル!/多摩動物公園

京王線・多摩動物公園駅で下車してすぐの場所にある「多摩動物公園」は、50haを超える世界屈指の広さを持つ動物園。約300種の動物を飼育しており、アリからゾウまで多様な動物と出合えます。

自然が多く残る広い園内は、「アジア園」「アフリカ園」「オーストラリア園」「昆虫園」の4エリアに分かれているのが特徴です。2021年には「ライオンバスステーション」がリニューアルし、バスに乗ってライオンの観察ができるようになりました。(バス乗車は有料)

▲新アジアゾウ舎

▲新アジアゾウ舎

2021年に新しくなったアジアゾウ舎「アジアゾウのすむ谷」も必見の施設です。


足元にゾウのうんちが転がっている!・・・と思いきや、これは作り物なのだそう。大きさや質感が本物そっくりに作られているので、実際に観察してみて。

多摩動物公園
  • 所在地

    東京都日野市 程久保7-1-1

  • 最寄駅

    多摩動物公園

  • 電話番号

    042-591-1611

  • 備考

    ※来園前に東京ズーネット(HP)で入園方法をご確認ください。

    ※新型コロナウイルス感染症対策として、園内が著しく混雑した場合はしばらく入園をお待ちいただくなど、入園規制をおこなう場合があります。

【葛西】すべての中学生が無料に!世界中の海の生き物を展示/葛西臨海水族園

JR京葉線・葛西臨海公園駅から徒歩5分ほどの場所にある「葛西臨海水族園」。普段から小学生以下および都内在住・在学の中学生は入園無料ですが、「こどもの日」はすべての中学生が入園無料になります。


▲クロマグロ

▲クロマグロ

同園を訪れて真っ先に目を引くのは、地上30.7mにもなる大きなガラスドーム。この下では、2,200トンのドーナツ型の大水槽で群泳するクロマグロや、国内最大級のペンギン展示場で泳ぎ回るペンギンの姿など、600種を超える世界中の海の生き物たちを見ることができます。

▲フンボルトペンギン

▲フンボルトペンギン

このほかにも、世界各国から珍しい生き物を集めた「世界の海」、かわいいペンギンの生態を観察できる「ペンギン展示施設」、自然が豊かだったころの東京周辺の水辺が再現されている「水辺の自然」など、特徴ある展示施設も。親も子どもも好奇心を刺激されるはずですよ。

東京都葛西臨海水族園
  • 所在地

    東京都江戸川区 臨海町6-2-3

  • 最寄駅

    葛西臨海公園

  • 電話番号

    03-3869-5152

  • 備考

    ※開園状況や入園方法については、公式HPをご確認ください。

【目白】世界中の珍しい切手が集結!GW期間中は小中学生が入館無料に/切手の博物館

JR目白駅の東側徒歩3分の場所にある「切手の博物館」は、世界中の切手をなんと約35万種も所蔵する、世界でも珍しい郵便切手の専門博物館です。切手展示のほかに、切手関連の書籍、カタログの見られる図書室、ポストカードや便箋などを販売するコーナーもあります。

同館では「こどもの日」以外にも、厚生労働省が定める児童福祉週間にちなんで5月3日(火)~8日(日)まで小中学生入館無料となっています。


また無料期間中は、中学生以下(未就学児含む)の来館者全員に「切手はり絵キット」をプレゼント!「切手はり絵」とは、全国の切手収集家などから寄贈された古切手を用いて作るアートのこと。キットには古切手と見本、台紙がセットになっているので、小さなお子さんでも楽しめそうです。

もう1つ開催されるイベントが、「こんな切手、あったらいいな」。切手の目打ち(まわりの白いキザキザ部分)が描かれたポストカードに、思い思いの「想像切手」を描いて楽しむワークショップイベントです。こちらは大人も参加OKなので、ぜひ家族で楽しんでみては。

切手の博物館
  • 所在地

    東京都豊島区 目白1-4-23

  • 最寄駅

    目白

  • 電話番号

    03-5951-3331

【亀有・綾瀬】歴史を学んだ後は、庭園散策を楽しんで/足立区立郷土博物館

JR亀有駅北口または、JR、東京メトロ・綾瀬駅西口からバスで行くことができる「足立区立郷土博物館」も、「こどもの日」に入場料無料で楽しめるスポットです。

足立区の成り立ちを特徴づける「江戸東京の東郊」をテーマに、歴史や生活文化の移り変わりについて学べる常設展示を楽しめるという同館。足立区ゆかりの美術資料などを紹介する企画展を不定期に開催しており、大人も子どもも新しい発見がありそう!


無料公開日となる「こどもの日」をはじめ、ゴールデンウィーク期間中(4月29日~5月5日)は5月2日を除いて開館します。

博物館に隣接する「東渕江庭園」は、池をとりまく広葉樹林を生かした自然感あふれる庭園で、幅広い年代の人に親しまれています。


春はツバキやウメ、夏はハルジオンやツツジやフジ、秋はキンモクセイやモミジ、冬はフユザクラ、カンスイセン、サザンカ・・・と、一年を通して四季折々の景色を見せてくれます。


普段とは一味違ったおでかけ先で、家族団らんの時間を過ごしてみては?

足立区立郷土博物館
  • 所在地

    東京都足立区 大谷田5-20-1

  • 最寄駅

    亀有

  • 電話番号

    03-3620-9393

GWにおすすめのイベント&スポット情報をもっと見るなら!「ゴールデンウィーク特集 2022」

当サイト内のおでかけ情報に関して

※本記事は2022年04月27日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。