※店舗・施設の休業や営業時間の変更、イベントの順延や中止が発生する場合があります。また、昨年の情報も混在しております。
おでかけの際は、公式サイト等にて最新情報をご確認ください。

2021年最新版
おすすめのお正月映画情報

毎年恒例、年末年始に公開される映画から厳選してご紹介。厳しいコロナ禍の中、せめて一時でも、現実から離れて映画館で過ごしてみてはいかが。今年はクライムサスペンスから、アクション大作、青春物語、ファンタジー、そしてコメディまで、多彩な映画が揃った。

お正月映画BIG3!

『サイレント・トーキョー』

サイレント・トーキョー

(C)2020 Silent Tokyo Film Partners

2020年12月4日公開
クリスマスの東京を突如襲った≪連続爆破テロ≫に翻弄される国家と人々の姿を克明に紡いだクライムサスペンス。秦建日子がジョン・レノンの「Happy X-mas (War Is Over)」にインスパイアされ執筆した小説を映画化。壮大な物語を登場人物たちの目線で、ノンストップに展開させ、99分にまとめた構成力に注目!

映画の詳細はこちら>>

『ワンダーウーマン1984』

ワンダーウーマン1984

(C)2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

2020年12月18日公開
DC映画の最新作。1984年、実業家マックスの巨大な陰謀と、正体不明の敵チーターの出現により、最強といわれるワンダーウーマンが絶体絶命の危機に陥る。前作に続いてパティ・ジェンキンスが監督し、主人公のダイアナ=ワンダーウーマンを演じて好評を得たガル・ガドットが続投。年末年始、唯一の洋画アクション大作だ。

映画の詳細はこちら>>

『AWAKE』

AWAKE

(C)2019「AWAKE」フィルムパートナーズ

2020年12月25日公開
棋士になる夢を捨てた青年(吉沢亮)が、AI将棋のプログラミングに新たな夢を見いだしていく姿を描く。2015年に実際に行われた棋士VSコンピュータの対局に着想を得て、オリジナルストーリーを書き下ろした山田篤宏の監督デビュー作。人生のライバルを将棋とAIに仮託させながら、見事な青春物語に仕上げた新人監督の手腕に脱帽。

映画の詳細はこちら>>

家族で見られるハリウッド発のファンタジー

『魔女がいっぱい』

魔女がいっぱい

(C)2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

2020年12月4日公開
1960年代、とある豪華ホテルに現れた、おしゃれで上品な美女(アン・ハサウェイ)の正体は、魔女たちの頂点に立つ邪悪な大魔女だった。彼女には、とてつもない秘密の企みがあったが…。原作ロアルド・ダール、ロバート・ゼメキス監督によるファンタジー大作。魔女になり切ったハサウェイの変身ぶりが見ものだ。

映画の詳細はこちら(公式HP)>>

『ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!』

ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!

(C)2020 Bill & Ted FTM, LLC.All rights reserved.

2020年12月18日公開
今はすっかり落ちぶれた、かつての人気ロックバンドのメンバー、ビルとテッド(アレックス・ウィンター、キアヌ・リーブス)。ある日、未来からの使者が現れ、2人が「世界を救う曲」を完成させなければ、時空が歪み、人類が滅亡すると告げる。2人は曲作りのために、タイムマシンで旅に出るが…。SFコメディの新作。何も考えずに笑えばよし。

映画の詳細はこちら(公式HP)>>

お正月はやっぱりコメディ

『新解釈・三國志』

新解釈・三國志

(C)2020映画「新解釈・三國志」製作委員会

2020年12月11日公開
コメディ映画に定評がある福田雄一監督が、世に知られる『三國志』を新たな解釈で映画化。語り部役に西田敏行、主題歌は福山雅治が担当。有名な劉備(大泉洋)、孔明(ムロツヨシ)、曹操(小栗旬)らが、おかしなセリフを語り、ずっこけた姿を見せるはちゃめちゃな展開は、往年のメル・ブルックスの映画をほうふつとさせる。

映画の詳細はこちら(公式HP)>>

『また、あなたとブッククラブで』

また、あなたとブッククラブで

(C)2018 BOOKCLUB FOR CATS, LLC ALL RIGHTS RESERVED

2020年12月18日公開
ダイアン(ダイアン・キートン)、ヴィヴィアン(ジェーン・フォンダ)、シャロン(キャンディス・バーゲン)、キャロル(メアリー・ステインバージェン)は、月に一度の読書会で官能小説を読んだことをきっかけに、単調な人生を変えるべく、新たな一歩を踏み出そうとするが…。名女優たちのアンサンブルが楽しめる大人の恋愛映画。

映画の詳細はこちら>>

筆者紹介

田中 雄二(たなかゆうじ)

映画を見続けて約半世紀。気が付けば“映画を書くこと”が仕事になっていた映画通オヤジ。最近は年のせいか、出来の悪い映画を見ても許してしまう寛容さが身に付いてきた。説教するのもされるのも大嫌いだが、「よく知ってますね~」などとおだてられると、ついいい気になってとめどなく映画について語ってしまうのが悪い癖。公式ブログ「映画の王様」

PR

週末、どこ行く?旬のおでかけ情報あります。レッツエンジョイ東京

このページの先頭へ

▲