3,000基以上の古墳を巡ってきた、古墳シンガーがナビゲート!

「古墳は空から見ないと意味がない」「歴史苦手だから無理」


・・・いえいえ、そんなことはないのです。誰でも古墳は楽しめます。


古墳シンガーで古墳にコーフン協会会長のまりこふんが、知られざる古墳の魅力、そして古墳の歩き方をみなさまにご紹介!今回は「都内で珍古墳に出会うならココ!」という東京都府中市の古墳です。

神社裏に現る、墳タスティックな「上円下方墳」/国史跡 武蔵府中熊野神社古墳

全国には約16万基の古墳があります。この数はコンビニの約3倍!古墳の形も「前方後円墳」だけではなく「前方後円墳」の円の部分が四角の「前方後方墳」や「円墳」「方墳」「八角墳」、キャンディーのような形の「双方中円墳」など、10種類以上の形が存在します。


そんななかでも全国に数基しか存在しない珍しい古墳「上円下方墳(じょうえんかほうふん)」こちら、なんと東京都内にもあるのです


それが府中市にある「国史跡 武蔵府中熊野神社古墳(くにしせき むさしふちゅうくまのじんじゃこふん)」。

武蔵府中熊野神社古墳は、西府駅から徒歩約10分の熊野神社の後ろに鎮座していますが、石でビシーッと覆われていて「え? これ古墳なの?」と思ってしまうような見た目


「土でもっこりしていて緑色」の古墳のイメージからだいぶかけ離れていますよね。造られた当時の姿に復元整備されているそうですが、こんな近代的な建造物が古代に造られたとは驚きです。


上円下方墳というのは下が四角で上が丸の鏡餅のような形をしている古墳で、主に古墳時代終末期~飛鳥時代に造られた形と考えられていますが、1500年前の竪穴式住居や田んぼしかないような景色の中にこれがあったら異様ですよね。


今でさえこの珍古墳にビックリするのに、古代人たちはいったいどんな気持ちでこの古墳を見ていたのか気になります。

この古墳のすぐ側の「武蔵府中熊野神社古墳 展示館」では墳丘の土層標本や調査中の写真、解説パネルなどがあって、武蔵府中熊野神社古墳のことを分かりやすく紹介してくれています。


展示館には、武蔵府中熊野神社古墳の石室内の様子が復元されている「石室復元展示室」というコーナーも。受付でライトとヘルメットを借りて中に入って見学することが可能なんですが、これがアドベンチャーな気分になれて楽しいのです!


東京都内にはなかなか石室に入れる古墳はないので、こんな風に古墳アドベンチャーを体験できるのは非常に貴重です。

2022年の12月にはライトアップも行われていて、とっても墳ターテインメントな姿を見せてくれました。


右側の赤いライトアップなんて、緊急事態が起こった感じで、上のドーム部分がパカ~っと開いてロボットが出動しそうに見えてしまいます。


実は明治、大正、昭和の天皇のお墓もこの上円下方墳の形を起用しています。現代でも1500年前の古墳のデザインがお墓に使われているなんて墳タスティック!これを知った時には私もお墓を古墳の形にしたい!なんて思ってしまいました。


ぜひ、東京都内で見られる珍古墳「武蔵府中熊野神社古墳」に会いに行ってみてください。

国史跡 武蔵府中熊野神社古墳
  • 所在地

    東京都府中市西府町 2-9-5 熊野神社境内

  • 最寄駅

    西府

  • 電話番号

    042-368-0320

武蔵府中熊野神社古墳 展示館
  • 所在地

    東京都府中市西府町 2-9-5 熊野神社境内

  • 最寄駅

    西府

  • 電話番号

    042-368-0320

当サイト内のおでかけ情報に関して

※本記事は2023年01月21日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※おでかけの際はマスクの着用、手洗い・手指消毒などを心がけ、感染拡大の防止に十分ご配慮いただきますようお願いします。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。