【おでかけ時のポイント】

・居住地やおでかけ先の都道府県の要請に従って行動しましょう
・体調に不安を感じるときは外出を控えましょう
・なるべく少人数で空いている時間に行きましょう
・周囲の人との距離をできるだけ保つようにしましょう
・マスクを着用し、手洗いは小まめに行いましょう



【外苑前】スポーツの聖地にふさわしい鮮やかなステンドグラス

「躍動の杜」


東京メトロ銀座線・外苑前駅にある『躍動の杜』は、2020年10月に設置されたばかりのパブリックアート。

縦2m、横5mの大きなステンドグラスで、“躍動”をテーマにさまざまな絵画を制作している現代絵師・山下良平氏の原画が基になっています。


「躍動の杜」


作品に描かれているのは、イチョウ並木を全速力で駆け抜けるスプリンターや、トライを目指すラグビー選手、懸命に走る車いすレーサーら全力を尽くすアスリートたち。

新国立競技場や秩父宮ラグビー場などの日本屈指のスポーツ施設、また紅葉の季節に色付くイチョウ並木でも人気の明治神宮外苑エリアにふさわしい作品です。

繊細な色合いを表現した50種類約1,000ピースのガラスを組み合わせて作られており、内蔵されたLEDによって常時鮮やかな光を放ちます。


『躍動の杜』
設置場所:東京メトロ銀座線外苑前駅 4a出口付近



【青山】みずみずしい草木を思わせる美しいステンドグラス

「みんな友だち」


同じく2020年10月、東京メトロ銀座線の青山一丁目駅に設置されたのが『みんな友だち』というタイトルのステンドグラス作品。

緑が印象的な縦3m、横5.4mの作品で、65種類約1,200ピースのガラスが使用されています。

原画・監修を務めたのは当時99歳の洋画界の巨匠、野見山暁治氏。同年に100歳を迎えた野見山氏の記念すべき作品の一つでもあります。


「みんな友達」


みずみずしい草木を思わせ、いつも風が舞っているような空気を感じさせる同作。青山一丁目駅のデザインコンセプトである“優雅な街並み”にもフィットしています。


『みんな友だち』
設置場所:東京メトロ銀座線青山一丁目駅 渋谷方面改札付近



【下北沢】向かい合う男女の姿がロマンチックな大型レリーフ

「出会いそして旅立ち」


小田急線・下北沢駅の改札内コンコースで一際存在感を放っているのが、『出会いそして旅立ち』。

小田急小田原線の複々線化完成を記念して2019年に設置された、縦2.6m、横8.9mの大きな陶板レリーフです。


「出会いそして旅立ち」


同作は小田急グループの経営理念で謳われている“かけがえのない時間(とき)”と“ゆたかなくらし”をテーマに、昭和を代表する洋画家、故・宮永岳彦氏が小田急電鉄のために手がけてきた数々の観光ポスター画を再構成したもの。

中央で向かい合う男女の周囲には1957年に就任した特急ロマンスカー「SE(3000形)」や箱根のロープウェイ、丹沢の山並みなど沿線観光地のモチーフも。下北沢の新たなシンボルとして、お客さん同士の素敵な出会いや旅立ち、そして駅周辺の賑わいの起点となっています。


『出会いそして旅立ち』
設置場所:小田急線下北沢駅 改札内コンコース壁面



【国際展示場】ファン必見!手塚治虫のイラストを基にした大型レリーフ

「Osamu Tezuka, Charactars on Parade ~手塚治虫キャラクターズ大行進」


りんかい線国際展示場駅には“マンガの神様”こと故・手塚治虫氏のファンならぜひ見ておきたいパブリックアートがあります。

それがこちらの『Osamu Tezuka, Charactars on Parade ~手塚治虫キャラクターズ大行進』。2019年に設置された陶板レリーフです。


「Osamu Tezuka, Charactars on Parade ~手塚治虫キャラクターズ大行進」


縦2.6m、横8.8mの大型作品の中には『ブラック・ジャック』『鉄腕アトム』『火の鳥』『ジャングル大帝』など名だたる名作のキャラクターたちの姿が。

基になった1976年制作のイラストには92体のキャラクターが描かれており、本作はその中から36体を選んで再レイアウトしています。

国際展示場駅といえば、アニメ・コミック関連のイベントが多数開催される「東京ビッグサイト」の最寄駅。多くのアニメ・コミックファンに親しまれる駅にピッタリな作品です。巨大なレリーフの前に立ち、お気に入りのキャラクターを探し出すのも楽しそうですね。


『Osamu Tezuka, Charactars on Parade ~手塚治虫キャラクターズ大行進』
設置場所:りんかい線国際展示場駅 改札内コンコース



取材・文/レッツエンジョイ東京編集部

※2021年6月25日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、 掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。



この夏オススメ!「最旬アート特集2021」

特集


レッツエンジョイ東京では「最旬アート特集2021」と題し、イチオシの美術館をはじめ、ミュージアムカフェやアートホテルなど、さまざまな角度からアートを楽しめるスポットをご紹介しています。自粛モードが続くこの夏、気分を一新してアートに触れてみませんか?

>>>「最旬アート特集2021」をチェック


当サイト内のおでかけ情報に関して

※本記事は2021年06月25日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※おでかけの際はマスクの着用、手洗い・手指消毒などを心がけ、感染拡大の防止に十分ご配慮いただきますようお願いします。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。