日本でオーストラリア

オーストラリアは夏である。日本とは四季が逆になるので今は夏だ、きっと。日本人である私が一人コタツに入り、ミカンを食べている間も、オーストラリアでは、多くの人々が浜辺で寝そべり、体を焼き、ピニャコラーダを飲み、波と戯れるという充実した時間を過ごしているのだ。

▲ということで、私もオーストラリアに来ました!

▲ということで、私もオーストラリアに来ました!

日本で多くの人々が寒い、寒いと言っている中で、暖かい国でバケーションを楽しむ私。最高の優越感だ。これぞ究極のソロ活である。羨ましいだろう!

▲波打ち際で追いかけっこ!

▲波打ち際で追いかけっこ!

▲オーストラリアと言えばティムタム!!

▲オーストラリアと言えばティムタム!!

▲最高!!!!!

▲最高!!!!!

ウソです

上記の画像を見ていただけただろうか。これをSNSにアップすれば、「あいつオーストラリアに行っているのか、羨ましいな」と思われるだろう。だって日本はまだ冬なのだ。常識的に考えて、こんな薄着で、海にいるはずがないのだ。

▲もちろん日本の海です

▲もちろん日本の海です

▲だから寒いです

▲だから寒いです

▲しかも全部一人で撮影しています

▲しかも全部一人で撮影しています

もちろんウソである。私は鎌倉の由比ヶ浜にいる。オーストラリアでもなんでもない。よって寒い。この日は朝から小雨が降り、最高気温は9℃。お手本のような日本の冬だった。寒いのだ。寒くて震えが止まらないのだ。

▲でも、写真ではオーストラリア

▲でも、写真ではオーストラリア

▲もちろん一人です

▲もちろん一人です

このソロ活の利点は、海外に行ける財力を見せつけることができると共に、三脚を使い撮影しているので、誰かと一緒に行っているように見える点だ。ソロ活も楽しいが、周りに自慢もしたいので、このソロ活は一石二鳥となる。

▲とにかく寒い日だった

▲とにかく寒い日だった

外国と言えばカクテル!

やはり海外の海で優雅に過ごすにはカクテルの存在を忘れてはならない。もちろん海水浴シーズンでもない鎌倉・由比ケ浜にカクテルを出すお店はない。だったら作ればいいのだ。写真だけなので、それっぽく見えれば何の問題もない。

▲グラスにパイナップルを刺して、濁った液体を注ぐと、

▲グラスにパイナップルを刺して、濁った液体を注ぐと、

▲オーストラリアに来ています!

▲オーストラリアに来ています!

世の中には必ず裏側というものがある。優雅に泳ぐ白鳥も水の中では必死に足を動かしている。そういうことなのだ。写真はオーストラリで優雅だけれど、裏側では寒さに震えながら写真を撮っているのだ。

▲日本の海で寒さに震えながら一人撮影しています

▲日本の海で寒さに震えながら一人撮影しています

▲その様子も一人で撮っています

▲その様子も一人で撮っています

海の中にも入る

オーストラリアに来ているのだから、海に入らなければ説得力がない。ただ日本の海なので当然寒い。サーファー以外で海に入っている人は一人もいなかった。名実共にソロ活となってしまった。

▲オーストラリアの海は楽しいな!

▲オーストラリアの海は楽しいな!

▲楽しいな!!!

▲楽しいな!!!

絵に描いたような冷たさだった。これが妻だとすれば、この冷たさは離婚になると思う。それくらい冷たく寒いのだ。しかし、このような写真を撮ることで完全にオーストラリア。周りは羨ましく思うだろう。これがハードタイプにソロ活なのだ。

▲私を撮るのはもちろん三脚

▲私を撮るのはもちろん三脚

▲本当に寒かった!

▲本当に寒かった!

まとめ

寒い日本でも頑張ればオーストラリに行っているような写真が撮れることが分かったと思う。本当のオーストラリアに行ったことがないので何とも言えないが、私が思い描くオーストラリアは寒くさえなければ、こんな感じだ。問題は寒いことだけど。ソロ活という修行をしていると思えば、耐えられるはずだ。

▲コアラ画像も撮った

▲コアラ画像も撮った

▲近づくと違うとすぐ分かる(パーカーをまるめただけ)

▲近づくと違うとすぐ分かる(パーカーをまるめただけ)

当サイト内のおでかけ情報に関して

※本記事は2015年03月24日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。