鉄道博物館

  • 鉄道博物館
    展示・展覧会
  • 鉄道博物館_1

    ▲C57-135蒸気機関車と転車台

  • 鉄道博物館_2

    ▲鉄道ジオラマ

  • 鉄道博物館_3

    ▲1号機関車

  • 鉄道博物館_4

  • 鉄道博物館_5

    ▲シミュレータホール

  • 鉄道博物館_6

    ▲トレインレストラン日本食堂

  • 鉄道博物館_7

    ▲ビューレストラン

  • 鉄道博物館_8

    ▲科学ステーション

  • 鉄道博物館_9

    ▲仕事ステーション

ポイント 鉄道ファンの聖地!鉄道の歴史や仕事について学べる鉄道博物館

施設概要

平成19(2007)年の開館以来、“てっぱく”の愛称で親しまれている「鉄道博物館」。東日本鉄道文化財団た設立した鉄道の博物館です。

4階建ての同施設。同館最大の展示室である1階「車両ステーション」では、新幹線や電車、蒸気機関車、御料車など30両以上の実物車両を展示。国の重用文化財に指定されている明治5(1872)年の日本の鉄道開業時に走った1号機関車、現存する最古の客車である1号御料車(初代)など、貴重な車両も見学できます。

2階には、科学の視線で鉄道のしくみを理解する「科学ステーション(一部3階)」や、線路総延長約1,200mの鉄道ジオラマ、3Dシアターなどが点在。新幹線や在来線の運転シミュレータがそろう「仕事ステーション」や、プロの運転士を養成するための訓練設備を基本にした「運転士体験教室」を通して、本格的な運転士気分を味わうこともできます。食堂車をテーマとしたトレインレストランでは、本格的な食事を楽しめます。

3階「新幹線ラウンジ」は、高架線上を走行する新幹線を同じ目線で見られる絶好のロケーションが自慢。鉄道技術の進化を学ぶ「歴史ステーション」も必見です。

4階には約300度の大パノラマを望める屋上デッキのほか、走行する新幹線を眺めながら食事ができるビューレストランもあります。

1階の屋外エリアの「てっぱくひろば」には、鉄道をモチーフとした遊具が充実していて子どもたちに大人気。新幹線をモチーフとした駅弁や各地の駅弁を販売する「駅弁屋」も隠れた人気を集めています。

続きを読む
基本情報

※掲載内容が変更となっている場合があります。最新情報については、施設・店舗の公式サイト等でご確認ください。

お気に入りに保存しました

お気に入りから削除しました

お気に入りの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました