前代未聞!時間帯によって「店名・空間・商品」が変わるパン屋さん/なんとかプレッソ2

都内を中心に美味しいパンを求めて食べ歩く、グルメブロガーの紅子です。


今回は2019年11月1日に「渋谷スクランブルスクエア」内にオープンした、「なんとかプレッソ2」をご紹介したいと思います。

「100年に一度の再開発」で、近年大きな変貌を遂げている渋谷エリア。


「渋谷スクランブルスクエア」には、ここにしかない限定ストアや初上陸のお店など、魅力的なお店がたくさんあってとってもワクワクしてしまいます。


そしてパン好きとしては嬉しいことに、パン屋さんが数店舗出店。中でも特に気になっている、前代未聞の“時間によってお店が変わる”という「なんとかプレッソ2」に潜入してきました!

同店は自由が丘にある「なんとかプレッソ」の2号店で、表参道で大人気の「パンとエスプレッソと」の姉妹店。


全面ガラス張りになっていて、販売エリア、キッチンエリア、イートインエリアに分かれています。

こちらのお店の最大の特徴は、時間帯によって「店名・空間・商品」が変わること。


どの時間帯のお店も魅力的ですが、朝の時間帯に販売されている「ぱんつくった」の超キュートなパンがイチオシです。

「パン作った」から・・・パンツの形のパン!?

その名も「ぱんつくった」(500円)。


「パン作った」という言葉遊びから、形がなんと・・・パンツ(笑)ボクサーパンツの形のパンに生クリームとフルーツをトッピングした、オープンスタイルのフルーツサンドです。

「ぱんつくった」、「いちごくった」(400円)、「きういくった」(400円)、「みかんくった」(400円)の4種類があり、フルーツは季節によって変わるそう。


なかでも、一番初めに紹介した「ぱんつくった」が、やっぱり一番人気とのことです♪


ちなみに、ボクサーパンツも販売しているので、気になる方はお店の方に聞いてみてくださいね。

テイクアウトにすると、こんな箱に入れてくれるので手土産にもピッタリ。


差し入れしたら、大ウケすること間違いなしです♡

いつでも楽しめる♪イートインメニューも充実

もちろん、購入したパンはその先にあるイートインスペースでいただくことが出来ます。


店内は2名席とカウンター席のみなので、少人数での利用がオススメ。

イートインスペースでは、時間帯に関係なく、パニーニやサンドイッチ、ドリンクなどが販売されています。

こちらはパニーニの「ホワイトクリーム」(600円)と「グレープフルーツ」(350円)。


注文を受けてから焼き上げてくれるパニーニは、ボリュームも満点!


アツアツをぜひ、友達と一緒に楽しんでみてくださいね。

ほかの時間帯のお店も魅力的!

ほかの時間帯に登場するお店もちょっとご紹介します。


12時頃から登場する「ニクヨーカー 都市と肉欲」は、肉を使わないホットドッグがいただけるお店。

15時頃からの“おやつ時間”にピッタリな「へのへのこーひー」では、見た目も味も香りも甘い“飲むスイーツ”を販売しています。

また、夕方に登場する“あしたの朝のパン専門店”の「パンも飛べるはず」では、“あしたの朝が楽しみになるようなパン“が購入できますよ。

まとめ

どの時間帯のお店もとても魅力的で、全部食べてみたい!そんな気持ちに駆られる「なんとかプレッソ2」。ユニークなメニューが盛りだくさんなので、お目当ての一品がきっと見つかるはず!パン好きの友達を誘って、是非足を運んでみてくださいね♪

なんとかプレッソ2

住所:東京都渋谷区渋谷2-24-12 スクランブルスクエア2F

電話番号:03-6427-3574

営業時間:10:00~21:00(イートインのみL.O.20:30)

定休日:なし

最寄駅:渋谷

取材・文/紅子

※2019年12月1日時点の情報です。メニューや価格等は現在と異なる場合がありますので、事前にご連絡ください。

※価格はすべて税抜きです。店内飲食・テイクアウト場合で、税込み価格が異なります。

当サイト内のおでかけ情報に関して

※本記事は2019年12月01日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。