お手軽マッサージで、二人の仲も深まるかも?


こんにちは。指圧師の斎藤充博です。

まだまだ寒い日が続きますが、温泉に梅見など、おでかけのネタは盛りだくさんですね。ところが、この寒さで彼氏や友達が「外に出掛けるのがめんどくさい・・・」なんてモードになっていませんでしょうか?

そんなときは、「足が軽くなって思わずおでかけしたくなるマッサージ」をしてあげてみてはいかがでしょう。

そこで今回は、力の弱い人でも簡単にマッサージができる方法を紹介します。

足が軽くなるマッサージに挑戦!


カップルマッサージ


まずはマッサージをする場所を説明します。

スネの真ん中に大きな骨がありますよね。そのすぐ外側のラインをマッサージするのです。

ここには、立つときや歩くときに働く筋肉である「前脛骨筋(ぜんけいこつきん)」が走っています。長時間の立ち仕事をしたり、たくさん歩いたりすると、パンパンに張る筋肉です。

ここがダルくなると、出掛けるのもおっくうな気持ちになってしまいます。

このライン上には「足三里(あしさんり)」という、足の疲れを取るには最適と言われる有名なツボもあります。昔の人はここにお灸をしながら徒歩で旅をしたそうです。

実際にここをマッサージすると、格別の気持ち良さを感じます。



カップルマッサージ


マッサージの仕方はこんな感じ。

・マッサージを受ける人は仰向けに寝る
・マッサージをする人はスネに対して真っ直ぐに向いて正座
・スネをわしづかみするような形にし、親指で先ほどのラインを圧す
※このとき、残りの4本の指でも軽く圧をかけると、全体的に圧しやすくなります。
・スネのライン上を3点ほど、3~5回ほどゆっくりと圧す
※このとき、指をグリグリこねる必要はありません。ただ真っ直ぐに圧すのが一番気持ち良いのです。


マッサージは単に筋肉をほぐすだけではなく、コミュニケーションにもなります。

マッサージする側は、疲労に触れることで、相手の状態を知る。マッサージされる側は、自分を「癒やそう」としてくれる相手の気持ちに触れることができる。

このように、言葉のもう一歩先のコミュニケーションに繋がります。

僕も昔、お付き合いしていた女性と旅行した際にマッサージをしたら、相手が「うれしい」と泣き出してしまったことがありました。

意外かもしれませんが、気持ちのこもったマッサージには、感動が生まれます。

みなさんもぜひぜひマッサージを知って、おでかけに、大切な人とのコミュニケーションに役立てて下さい。

ちなみにそのときお付き合いしていた女性とは、その後に結婚しました。・・・ほんとどうでもいい話ですみません!



大切な人とでかけたい!季節限定のイベントはこちら!


湯島天満宮

学業の神様として名高い湯島天満宮、通称・湯島天神。

約300本もの梅の花が咲き誇る様子は、日本ならではの上品な趣き。地元の人から観光客まで例年大人気です。


湯島天満宮
住所:東京都文京区湯島3-30-1
電話番号:03-3836-0753
期間:開催中~2018年3月8日(木)
入園時間:8:00~19:30
最寄駅:湯島/上野広小路/上野御徒町/御徒町/本郷三丁目


▼スポットの紹介記事はコチラ!
>>>湯島天満宮は2/8から開催!春を感じにおでかけしたい!東京都内の「梅まつり」5選(2018年1月29日公開)




※2018年2月28日の情報です。内容は変更になる場合があります。




斎藤さん

企画・執筆:斎藤充博

1982年生まれの指圧師(国家資格)。「下北沢ふしぎ指圧」を運営しています。インターネットで記事を書くことをどうしてもやめられない。




当サイト内のおでかけ情報に関して

※本記事は2018年02月28日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。