【スイス】目を閉じればスイス高原?!ラクレットが人気の店でハイジ気分に


子供の頃アニメで見て心をわし掴みされた“チーズがとろ~りしている料理”、あれ「ラクレット」って言うんです。暖炉もあんなに大きなチーズもないし、日本で食べるにはハードル高い?と思いきや、都内には本格的なスイスの伝統料理「ラクレット」が食べられるお店もあるのだ!

とろ~り溶かして食べるラクレットは、そのままチーズそのものの味を楽しむのもよし、温野菜と絡めるのもよし。チーズとワインで至福の時間を。(写真は恵比寿・イル ジェンティーレの「ラクレットチーズセット」)


詳細はこちら>>



【台湾】地元っ子が愛してやまない屋台飯ルーロー飯をがっつりいただく!


甘辛いひき肉をご飯の上に乗せた「ルーロー飯」はシンプルだけど、病みつきになる一品。台湾人のソウルフードと聞いて、なるほど納得。

そんな屋台飯「ルーロー飯」が食べられる都内のお店を厳選して5つご紹介。現地の屋台さながらの雰囲気を持つお店もあるので、ひとりでも台湾好きな友だち同士でも訪れて。(写真は西新宿・山珍居の「台湾式肉そぼろ煮込み丼・魯肉飯」)


詳細はこちら>>



【トルコ】スパイスが決め手!みんな大好き♪専門店のできたてケバブ


トルコ料理が“ 世界三大料理” のひとつだと知らない人も多いはず。そんなグルメ通をもうならせるトルコ料理を手軽に楽しめるのが「ケバブ」。野菜たっぷりのヘルシーなファーストフードだ。

テイクアウトが中心なので、ピクニックのお弁当にするのもおすすめ。天気のいい日は、都内の絶品ケバブ専門店食べ歩きの旅に出かけよう!(写真は浅草・サライ雷門店の「ケバブドネル」)


詳細はこちら>>



【モンゴル】ゲル、羊肉、ヨーグルト・・・未知の国・モンゴルが身近に


いつもと違うひと時を過ごしたい人におすすめなのが、都内のモンゴル料理屋。素材そのものを味わう料理に舌鼓し、民族衣装や現地の雑貨が並ぶ店内で過ごせば、ここが日本なのかモンゴルなのか分からなってしまうかも。

おいしい羊肉をほうばりつつ、ディープなモンゴルカルチャーに触れたい人はぜひ行ってみて。(写真は新宿歌舞伎町・新オッと屋の「ホルホグ」)


詳細はこちら>>





※2016年4月時点の情報です。お店の情報、内容等は変更になる場合があります。



●この記事の関連記事
>>>とろ~りチーズがたまらない! 都内で「ラクレット」が食べられるお店3選
>>>東京にいながら味わえる台湾屋台のソウルフード「ルーロー飯」5選
>>>GWはトルコのケバブ料理巡りで旅する気分 都内のケバブ専門店5選
>>>極上の羊肉やヨーグルトのお酒に舌鼓。GWは未知の国「モンゴル」三昧!



◆あわせてチェックしたい特集はこちら

>>> 都内で子連れでもゆっくりランチを楽しめるレストラン

当サイト内のおでかけ情報に関して

※本記事は2016年04月27日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。