自分で歌うユーミンで泣く

開店して1か月経っていない近所のカラオケに来ました。カラオケの新店舗に来るのって、考えてみればあまり経験がない。新築独特の匂いも鼻に心地よく、マイクも新品で、擦れた痕もなにもなくて握り心地最高。


こんな気持ちいい店舗で平日の午後、爽やかに春の歌が歌いたかったんです。まず、浮遊感のあるbonobosから入って、一度歌ってみたかったスピッツの「春の歌」。実際にはまだ2月の、寒い冬の雨の日だったんだけど、もうすでに気持ちよくなってきました。しかも、この2曲を歌ったら、高音を出す新たなコツがちょっとつかめたような気がする。喉に負担はかけそうだけど……でも、気分がいい。


スピッツの春っぽい歌をもう1曲入れてからは、デンモクの曲検索で「春」で始まるものをひたすらたどってみました。しかし、実際探してみるとそんなに歌えるものがないな……。目についた「春咲小紅」も、日本語と英語が全く同じことを言っているタイトル「春~spring~」も、入れてはみたけど歌ってみたらサビしか知らなかったというパターン。中断せざるをえない。うーん。


あ、「春なのに」は歌える。しかも中島みゆきバージョンがあるじゃない。伴奏の感じが原曲とかなり違って歌いづらい、はっぴいえんどの「春よ来い」も歌い、そのあとは定番、ユーミンの「春よ、来い」。あれ、ユーミンってあんまり歌ったことなかったけど、すごく歌いやすいね。


わたし的には定番の、中島みゆき「私たちは春の中で」をこなしたあと、あまり入れたことがなかったユーミンを歌ってみることにしました。ああ、音程的にも声質的にも、ものすごく歌いやすい! 私、もっとユーミンを歌っておくべきだった!


スイッチが入り、ユーミンの歌えそうな曲を片っ端からどんどん入れてみる。「やさしさに包まれたなら」。私は「魔女の宅急便」を見たことがないんだけど、この曲が大好きなんですよ。ああ、自分で歌いながら泣きそうになってしまったよ。本当にいい曲だよねえ。


私の知ってるユーミンの曲ってベタなものしかないんだけれど、それでも歌い慣れないから全部新鮮。「DESTINY」もいい。「ルージュの伝言」も、ひとりしかいないんだからかわいげに歌っちゃうよ。一人カラオケだから何をやっても許される。恥ずかしさなんて、人の目があるから起こる感情です。


「リフレインが叫んでる」のあと、どうしてもまた歌いたくて「やさしさに包まれたなら」2回目。また泣きそうになる。ああ、まだまだやりたいのにもう時間だ。


「翳りゆく部屋」を流し、口ずさみながら部屋を出る準備。そして一番が終わったあたりで、演奏を流したまま退室してフェイドアウト。ああ、今日も発見のあるいいカラオケ!

本日のセットリスト

1 春の嵐 bonobos

2 春の歌 スピッツ

3 ただ春を待つ スピッツ

4 春咲小紅(中断) 矢野顕子

5 春~spring~(中断) Hysteric Blue

6 春なのに 中島みゆき

7 春よ来い はっぴいえんど

8 春よ、来い 松任谷由実

9 私たちは春の中で 中島みゆき

10 Hello, my friend  松任谷由実

11 やさしさに包まれたなら 松任谷由実

12 DESTINY 松任谷由実

13 ルージュの伝言 松任谷由実

14 リフレインが叫んでる  松任谷由実

15 やさしさに包まれたなら 松任谷由実

16 翳りゆく部屋(流し逃げ)  松任谷由実

今回のひとこと

これから私のレパートリーにユーミンが確実に加わります。いい春だ。

当サイト内のおでかけ情報に関して

※本記事は2016年02月26日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。