【おでかけ時のポイント】

・体調に不安を感じるときは外出を控えましょう
・なるべく少人数で空いている時間に行きましょう
・周囲の人との距離をできるだけ保つようにしましょう
・マスクを着用し、手洗いは小まめに行いましょう



【飯田橋】クルミの風味が効いた白あんベースのおしるこ/紀の善

紀の善


飯田橋駅B3出口からすぐの「紀の善」は、神楽坂の甘味処といえば真っ先に名前が挙がる有名店。江戸時代に寿司屋として創業し、戦後に甘味処となった老舗です。

2フロアある店内は広々としていて、明るく温かみのある空間。テーブル席だけでなく、カウンター席や座敷席もあります。


紀の善


あんみつ、くずもち、抹茶ババロアなどメニューは多彩。ここでしか食べられない味を求めて連日多くの人が訪れます。

おしるこ、ぜんざい、いそべなどお餅メニューも豊富にラインナップ。中でも、すったクルミを混ぜた白あんが味わい深い「胡桃しるこ」(961円 ※3月頃までの期間限定)は、ほかではあまり出合えない一品です。


https://www.enjoytokyo.jp/gourmet/spot/g_g236500/


中には小ぶりのお餅が2つ。同店でついているお餅はやわらかく、とろっとした食感♪白あんの上品な甘みの中に、クルミのコクと豊かな風味が感じられる、甘さ控えめな大人の味です。

国産の良質な小豆を使ったあんこに定評がある同店。定番のおしるこを食べたい時は、こしあんの「御前しるこ」と粒あんの「田舎しるこ」(各961円)をどうぞ。


https://www.enjoytokyo.jp/gourmet/spot/g_g236500/


同じく春先までの季節メニュー「粟ぜんざい」(1,016円)も、完成度が高いと評判の一品です。

もち粟のやわらかさとツブツブ食感、素朴な風味、しっかり甘いのに決してくどくないこしあんは絶品!汁気の多いおしること比べ、ポッテリ濃いあんこのぜんざいは食べ応えがあります。

お茶とおせんべい、甘味に箸休めとして付いてくる塩昆布などのサービスもあり、細やかな心遣いも◎。あんこ好きには外せない名店です。


紀の善
所在地:東京都新宿区神楽坂1-12
電話番号:03-3269-2920
最寄駅:飯田橋



【鶯谷】手つきのお餅がやわらか♪生姜入りの甘辛いおしるこ/月光

お餅と日本茶の専門店 月光


鶯谷駅から徒歩約5分の場所にあるのは、2016年に三ノ輪から移転してきた「月光」。開店前から行列ができるほどの人気を誇る、お餅と日本茶の専門店です。

人気の秘密は、ズバリお餅の美味しさ。同店ではもち米の種類や鮮度から、水、浸水時間、蒸し加減、つき方に至るまでとことんこだわり、毎朝暗いうちから仕込んでいるのだそう。

極めつけは、手つきであること。機械でこねるのではなく、なんと臼と杵を使って人力でお餅をついているんです。


お餅と日本茶の専門店 月光


冬場に同店で甘味をいただくなら、「月光しるこ」(860円)は要チェック。自家製の生姜ペーストを加えた、粒あん仕立てのおしるこです。

あんこに生姜って合うの?と思うかもしれませんが、これが意外にも相性バツグン。すりおろした生姜があんこに違和感なく溶け込んでいて、甘みの奥に程よい辛みが感じられます。生姜の爽やかな香りもして、甘いのにさっぱり。何杯でもいけちゃいそうです♪


https://www.enjoytokyo.jp/shopping/spot/l_00045477/


焼き目の付いたお餅は表面が汁に浸からないように入っていて、最初のひと口でカリッという香ばしさを楽しめます。そして何よりやわらかくてよく伸び、舌ざわりなめらか♪お米の味もしっかり感じられます。

同店で出すお餅はすべて、その日の朝についたもの。つきたてだから、やわらかいのにコシがある、ヤミツキになる美味しさです♪


https://www.enjoytokyo.jp/shopping/spot/l_00045477/


しょっぱい系も食べてみたい人は、同店一の看板商品「どんぶりもち」(980円)もどうぞ。甘辛い出汁醤油でいただくお餅は、つるんとした食感とのど越しが格別です♪薬味を使うといっそう美味。おろしたての生わさびと辛み大根おろしは、少量でパンチのある辛さが楽しめますよ。

2人掛けのテーブルが5つの、小さなお店。冬場の繁忙期は3名以上では入店できないのでご注意を。出来立てのお餅料理をじっくり味わいたい人に、オススメです。


お餅と日本茶の専門店 月光
所在地:東京都台東区根岸3-7-18 エルアルカサル鶯谷1F
電話番号:03-5849-4569
最寄駅:鶯谷/入谷
※売り切れ次第営業終了、詳細は公式サイトや公式facebookをご確認ください。



【原宿】モチモチつるん♪日本茶と合う「アイスクリームぜんざい」/茶茶の間

表参道 茶茶の間


東京メトロ・明治神宮前〈原宿〉駅から歩いて5分ほど。路地裏にある日本茶専門カフェ「表参道 茶茶の間」は、店主自ら茶畑に出向いて厳選している約30種類の日本茶、日本茶に合う和スイーツと軽食を提供しています。

大きな窓から自然光が入る店内は、シンプルで落ち着いた雰囲気。心静かに過ごせそうです。


表参道 茶茶の間


メニューは、ドリンクは日本茶のみ、スイーツや軽食もお茶とのセットのみ。

「抹茶の生チョコレートつき 冷やしアイスクリームぜんざい」は、日本茶をコースのように味わえる「本日の煎茶『かさね』セット」(1,980円)、一杯で味わう「本日の煎茶『ひとえ』セット」(1,650円)、「お抹茶『鷲峰』セット」(1,870円)、そして「ティーオレ『抹茶』セット」(1,870円)の4種類から選べます。


https://www.enjoytokyo.jp/gourmet/spot/l_00026515/


バニラアイスと白玉団子をのせた冷たいぜんざいに、抹茶の生チョコレートが付いた贅沢な一品。甘さ控えめで、素材の味がよく分かります。食べ進めるうちに溶けてくるバニラと混ざり合って、ミルキーな味わいに。

白玉団子は、ミニサイズながらモチモチ弾力があり、食べ応え十分。小豆は粒がしっかり残るように炊かれていて、ツブツブ食感が楽しめます♪

抹茶の生チョコレートは不思議なもっちり食感で、程よいほろ苦さが箸休めにピッタリです。


https://www.enjoytokyo.jp/gourmet/spot/l_00026515/


冷たいスイーツと一緒にいただく温かいお茶が、幸せなひとときを演出。日本茶ソムリエが丁寧に淹れるお茶は、香りも味も自宅で淹れるお茶とはまったく違います。

同店の日本茶は、店主自ら茶畑に出向いて厳選している単一農園の単一品種。ブレンドしていない、シングルオリジンの日本茶なんです。スイーツとのマリアージュを心ゆくまで楽しんで♪茶葉や茶器の購入も可能ですよ。


表参道 茶茶の間
所在地:東京都渋谷区神宮前5-13-14
電話番号:03-5468-8846
最寄駅:明治神宮前〈原宿〉/表参道/原宿



まとめ

もち米の甘みと食感が魅力の、お餅スイーツ。相性の良いお茶と一緒に、日本の伝統料理を堪能してみては。




取材・文/佐々木 志野

※2020年12月14日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、 掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※本記事中の金額表示はすべて税込です。



当サイト内のおでかけ情報に関して

※本記事は2020年12月14日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。