「神田明神とか石切橋にご飯に行く、っていうとツウっぽいんですが、お店は全部人に教えてもらっています(笑)」

 6月27日(土)公開の映画『天の茶助』に加え、7月からは日本テレビ系でスタートする新ドラマ『ど根性ガエル』でも主演を務めるなど、ますます大活躍中の俳優・松山ケンイチさん。


松山さんにとっておでかけといえば、最近では食事に出かけることがメインなのだという。


「都内でも色んなお店に行きますよ。神田明神天ぷら屋さんとか、石切橋にあるウナギ屋さんとか、あとは神楽坂とか…。

新宿渋谷にも美味しいお店がたくさんあるらしいですけど、どうも人が多い感じが苦手でなかな行けないんですよ。

いかにも“都会”っていう感じのオシャレなお店よりは、わりと昔っぽい落ち着いた“和”なお店が好きですね。こうやって話してるとなんだかツウっぽいんですけど、お店は全部知人から教えてもらっています(笑)」 


 どちらかというとインドア派であるという松山さんだが、昔よく出かけていた思い出の場所があるのだとか。

代々木公園ですね。あそこはしょっちゅう行ってました。天気のいい日は敷物を敷いて、ごろんと寝転がったりして。自然があるとのんびりできていいですよね」


 今でこそ都内で色んな場所を知っているが、青森県出身の松山さんにとって、上京したてのころは大変な思いをしたことも。

「友達と待ち合わせをしたときに、渋谷のスターバックス前に集合って言われて。そのときは行けばわかると軽く思っていたんですが、実際に駅に着いたら、どの出口を出ていいのか全くわからなくて、結局大遅刻。

「わからないんだったら最初に言え!」って怒られました(笑)。地方出身の方は、初めて渋谷駅に行くとき、本当に注意したほうがいいですね」

「もし自分の人生のシナリオを書くなら、平凡ではなく、ちょっと極端なくらいが面白そう」

 主演映画『天の茶助』は、天界でお茶汲みに従事する主人公・茶助が、死ぬ運命にある女性を救うべく、地上へ舞い降りて奮闘するラブストーリー。

「茶助は天使といってもお茶汲み 係の天使なので、神々しい感じでもなかったですし、あまり天使っぽさというのは意識はしなかったんですよ。 逆に、茶助は地上にいる時はヤクザだったという設定なので、『仁義なき戦い』のDVDを見て、役の雰囲気の参考にしていました(笑)」


 本編は地上で生きる全ての人の人生は、天界の脚本家たちによるシナリオ通りであるという設定だが、もし松山さんが自分自身のシナリオを書くならどんな人生を描くのだろう。

「あんまり平凡なシナリオにはしたくないですね。自分の精神がどれほど耐えられるかという問題もありますが、例えば一気に金持ちになって一気に貧乏になって、そしてまた復活して…っていうような極端な人生のほうが面白いんじゃないかと思います」

 茶助は身をていして他人の運命を変えようとするが、松山さん自身にもそんな経験があるかとたずねると、

「友達の入社試験のときに、自分がここで一時間ずっと走りきれたら受かる!っていうような願掛けみたいなことはやったことがあります。受かったことにまったく関係ないと思いますけどね(笑)。でもただ誰かを思う気持ちっていうのはやっぱりすごいパワーがありますし、そのパワーが何かを動かすということは、現実世界でもあると思うんです」。

 自然体な松山さんが演じる天使の茶助の、ちょっと変わったラブストーリー、ぜひ映画でチェックしてほしい。

Photo/Mariko Tosa Stylist/Takahisa Igarashi Hair&make-up/ MiwakoTohyama(THYMON Inc.)Text/Kei Osawa

ヨウジヤマモトのシャツ62,640円、パンツ46,440円(ともにヨウジヤマモトインフォメーションデスク☎03-5463-1537)

PROFILE & INFORMATION

松山ケンイチ(まつやま・けんいち) 1985年3月6日生まれ。青森県出身。


2004年に映画『アカルイミライ』にて初出演、さらに2006年公開の映画『デスノート』、『デスノート the Last name』でL役を務め、一躍注目を浴びる。

待機作にWOWWOW『ふたがしら』、また2015年7月期に日本テレビ系でオンエア予定の新ドラマ『ど根性ガエル』にて主演を務める。さらに2016年1月公開の主演映画『の・ようなもの のようなもの』も公開待機中。

『天の茶助』

『天の茶助』

天界にて、地上で生きる人間たちの人生のシナリオを執筆する天の脚本家たちの、お茶汲み係をしている茶助。ある時自分の不用意な発言のせいで、口のきけない女性ユリが死ぬ運命にあることを知り、自ら地上に舞い降り、彼女を助けるために奔走するラブストーリー。
(C)2015 『天の茶助』製作委員会

週末に出かけたい!おすすめ「おでかけスポット」はコチラ

神田神社(神田明神)
  • 所在地

    東京都千代田区外神田2-16-2

  • 電話番号

    03-3254-0753

  • 最寄駅

    末広町

代々木公園
  • 所在地

    東京都渋谷区代々木神園町2-1

  • 電話番号

    03-3469-6081

  • 最寄駅

    明治神宮前〈原宿〉

当サイト内のおでかけ情報に関して

※本記事は2015年06月19日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。