第七回 東京の北の玄関口、上野でできたてのたまごサンドを

春が来た。この原稿を書いている今、首都圏の桜は満開。本当は家に籠ってパソコンに向かっている場合ではない。気温も上がって、今年も儚く桜の花びらは散る。そして本格的に、一人で外をうろうろするには絶好の季節の到来だ。

春といえば新生活の季節。今回は東京の北の玄関口、上野の喫茶店に行こう。上野は、まだ新幹線のなかった時代から、北関東・東北の人々にとって、列車で辿り着く最初に見る東京、上京の代名詞のような街だ。

▲大通りから一本入るとあります

▲大通りから一本入るとあります

▲表に立ててあるメニュー

▲表に立ててあるメニュー

▲新聞も読めますよー

▲新聞も読めますよー

上野駅から数分のところで3店舗、1967(昭和42)年から47年間、真面目に営業を続ける喫茶店がある。初めて訪れて以来、私も大好きな店だ。ここは、数年前に閉店してしまったが、私がよく利用していた渋谷の珈琲店「論」のマスターにお勧めされて知った店だ。

今回、取材の約束をして訪れたのは、とある金曜日の午後2時半。何度も訪れている経験から、このくらいの時間からならば撮影も問題なくできるだろうと思っていたところ、到着するとほぼ満席。席数が結構あるので、大勢の方々がそれぞれのコーヒーの時間を楽しんでいる。すぐに撮影を始めると邪魔になるので(撮影もしづらいのです)、しばらくカウンターでマスターと話しながら待つことにした。喫茶店ではゆっくり過ごすのが一番だ。まずは、コーヒーフロートを注文。

▲コーヒーフロート(610円)をまずはカウンターで飲む

▲コーヒーフロート(610円)をまずはカウンターで飲む

▲アイスコーヒーをそのまま使用したコーヒーゼリーも大人気商品です!単品610円、ブレンドとセットは970円

▲アイスコーヒーをそのまま使用したコーヒーゼリーも大人気商品です!単品610円、ブレンドとセットは970円

「桂」は、マスターの桂田靖男さんが24歳のときに脱サラをして、始めた店。

現在は、娘の桂田恵さんが作るケーキや焼菓子も看板メニューのひとつだ。

▲マスターの桂田靖男さん

▲マスターの桂田靖男さん

3店舗ある「桂」はそれぞれ桂田さんの家族が店長で、別々に働いてはいるけれどいつも家族一緒といった印象を受ける。それは、店同士が徒歩数分圏内ということもあるし、恵さんが毎日遅くまで働いて焼いている手作りのお菓子がどの店にも沢山並んでいるからかもしれない。「無添加でバターのみ使用しているため、味と香りが違います!」と、父は娘の作る焼き菓子を誇りに思っているように見える。店の焼き菓子担当を恵さんが始めてから、もう20年ほどが経つ。

▲毎日作りたての焼き菓子が並びます

▲毎日作りたての焼き菓子が並びます

▲随分とゆっくりしてから撮影を始めました

▲随分とゆっくりしてから撮影を始めました

▲限られたスペースながら、本が沢山あります

▲限られたスペースながら、本が沢山あります

家族以外のスタッフの皆さんもとても仲が良く、スタッフの方に「あれ? (店主さんの)娘さんでしたっけ?」と声をかけてしまったほど、 家族的な雰囲気のある店だ。お客さんの雰囲気もとてもいい。撮影を始めると、お客さん達が「何に載るの?」「俺はおいしいコーヒーが大好きなんだよね」とか、写真に写り込むことの了承を得ると「記事みんなに見せて、写ってるの俺だって言おう」などと、あたたかい言葉をいくつもかけていただいた。

トースト、サンドイッチ、ホットドック、ピラフ、パスタ、ケーキ、焼き菓子と選択肢が多いので、この店へ来るといつも何を食べるか迷ってしまう。ただ、お食事のセットにするとハーフサイズのケーキがついてくるので、私はそれを毎回楽しみにしている。

▲今日はふっくら焼きたてのたまご焼きとロースハムのサンドイッチセットにしました。サラダセット・デザートセットはともに820円。サラダ+デザートセットは970円です。なお、セットのデザートは、ヨーグルト・ハーフケーキ<レアチーズ・ベイクドチーズ・ガトーショコラ>から選べます

▲今日はふっくら焼きたてのたまご焼きとロースハムのサンドイッチセットにしました。サラダセット・デザートセットはともに820円。サラダ+デザートセットは970円です。なお、セットのデザートは、ヨーグルト・ハーフケーキ<レアチーズ・ベイクドチーズ・ガトーショコラ>から選べます

▲アップでも見てください

▲アップでも見てください

タマゴサンドは、毎朝千住の市場から配達してもらうLサイズの卵を2個使用。味付けはせず軽く溶きオムレツにしたものを挟んでいる。それとロースハム。できたてはあたたかくてさらにおいしい。今日はこれにしよう。店の看板には“おいしいコーヒーとサンドイッチの店”と記してあって、サンドイッチは創業から変わらないメニューだ。

▲見せてもらって驚きの大きな卵でした!

▲見せてもらって驚きの大きな卵でした!

桂田さんは、「当たり前のことをきちんとやるってことが、一番大切だと思っています」と話す。「最近は、いつも混んでいるねって言っていただけるので、お客様にも評価していただけているのかなと思います」と笑顔。

コーヒー、をひと口いただく。思わず「ああ、おいしいな」と声に出して言ってしまった。今回は、コーヒーフロートも頼んだのでブレンドコーヒー(460円)にしたが、ダブルコーヒー(540円)がたっぷり入っていてオススメだ。

▲カウンターもありますよ

▲カウンターもありますよ

▲窓際にも並ぶ本

▲窓際にも並ぶ本

もうひとつ特筆すべきは、お店の本を2週間借りることができること。本のセレクトの基準は、マスターの読んだ本やこれから読みたい本。その他に娘さんが好きだという能関係や、地元台東区関連の本、藤沢周平や池波正太郎の著作も並ぶ。

BGMはたいていジャズ。一人で好きなことをしてのんびり過ごしたい。比較的空いているのは、すぐ裏にある区役所などがお休みの週末。コーヒーカップも少し違うものが登場して、さらにのんびりと過ごせます。上野に遊びに行ったら是非どうぞ。

▲帰りにもらえる次回サービス券。お会計から1枚につき10円引いてくれます。有効期限も長くて良心的です。お財布の中に入れていると、自然とお店を思い出します

▲帰りにもらえる次回サービス券。お会計から1枚につき10円引いてくれます。有効期限も長くて良心的です。お財布の中に入れていると、自然とお店を思い出します

珈琲店桂を楽しむための3か条

その1 ふっくら焼き立てたまごサンドとホットコーヒーを堪能してほしいです!

その2 マスターの娘さんが20年近く作り続けている手作りのケーキ・焼き菓子を是非食べてみよう。手土産にもオススメです。

(※毎週金曜日は、焼き菓子・コーヒー豆が1割引で販売されています。ケーキセットも通常770円→720円となります)

その3 店に並んでいる本はレンタル可能。一人での読書にもぴったりだし、お店で読み始めた本が面白かったら借りて帰ってみよう。2週間後に本の返却がてら、再訪してくださいね。


珈琲店 桂 台東区役所西横店


電話 03-3844-4524

※お問い合わせの際はレッツエンジョイ東京を見たとお伝えになるとスムーズです

住所 東京都台東区東上野4-3-10

最寄り駅 上野


珈琲店桂 昭和通り角店


電話 03-3841-4771

※お問い合わせの際はレッツエンジョイ東京を見たとお伝えになるとスムーズです

住所 東京都台東区上野7-12-8

最寄り駅 上野


カフェ Katsura 上野学園前店


電話 03-3841-6125

※お問い合わせの際はレッツエンジョイ東京を見たとお伝えになるとスムーズです

住所 東京都台東区北上野1-5-2

最寄り駅 稲荷町


当サイト内のおでかけ情報に関して

※本記事は2015年04月14日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。