東京のおでかけイベント情報満載

イケてる!

1

学園祭グランプリレポートスタッフのSです。

東京農業大学世田谷キャンパスで開催されている「第124回収穫祭」にお邪魔してきました!

小田急線の経堂駅の改札を出て右に曲がると、すでに商店街に「祝・収穫祭」の横断幕&のぼりがいっぱい!
「ハートフル農大通り収穫祭便乗セール」のクーポンを貰って、まだ学校についていないのに、卵4個パックをタダでゲット!

学校へ向かう方は、お父さん&お母さん世代が沢山!皆さん常連さんなのでしょうね。
私が入場したのは経堂門という門で、お城やお屋敷のようなつくりにしてありました。

一旦中を通って、正門を確認したあと、まず最初に向かったのは、「大根の無料配布」に並ぶこと!学校内の大きな広場に大根を求める人の長蛇の列!10時になっていよいよ大根の配布開始。みなさん整然と受け取っていきます。受け取り口には可愛い女子学生さん&イケメン男子学生さんが、大根を渡してくれます!「今日一日、楽しんでくださいね!」ですって。
マジ天使!!さらに、見回すとなんとベビーカー、車椅子、妊婦さんなどの「優先ルート」がありました。ハートフルです!

その次は、文化学術展を覗いてきました。農業大学らしく、熱帯作物研究室では稲の苗がたくさん展示されていたり、TPPを見据えての付加価値型農業の研究、伝統野菜の研究など農業関連の展示を見ました。

一見難しそうなテーマでも、「食」という実は身近な内容が多いので、パネルも見入ってしまいます。そのなかで、栄養科学科の「給食の先生から学ぼう」の、学校の給食メニューを考えてみよう!という体験もおもしろかったです。私はわざと、食べあわせが悪そうなメニューを選んだのですが、未来の栄養士さんであろう女子学生さんに「食べ合わせはちょっとあれですが、食材が重なっていないし、味も重なっていないから大丈夫ですよ!」と笑顔でコメントしてくれました。

マジ天使!

この文化学術展は、各展示がスタンプラリーになっていて、10個溜まると1回抽選が可能。
 また広場に戻ると、各学科を中心として作られた「おみこし」が展示されています。人気投票ができます。動物や龍など生き物の形をしたものが多くあります。形も色付けも、どのおみこしも丁寧に作られている印象です。中でも、環境緑地学科さんが作られたおみこしが、外観はお社なのですが、中が小さな庭園が造りこまれていて、繊細でステキでした。

 お昼時は、模擬店でいろいろ買い込んで、広場で食べました。模擬店は、郷土料理なども多く、大学全体の「食」へのこだわりを感じます。また、農産物や植木の苗、農産加工品など多数販売されていて、私も野菜や果物を安くゲット。

 お昼を過ぎて、今度は「ふれあい牧場」会場へ行ってみました。羊やウサギ、ミニ豚ちゃんとのふれあいコーナーと、牛の乳搾り、ロバのふれあいコーナーなどに、キッズと親御さんが大集結!ミニ豚ちゃんが人気のようで「ミニ豚、ヤバイ・・・」と呟く女性も。牛の乳搾り体験も大人気で、子どもたちも、教えてもらいながらやると、結構上手に絞っていました!おじいちゃんと体験したある男の子は、乳絞りがとても上手で、学生さんに褒められていたし、男の子の家族も大絶賛。嬉しそうでしたよ。キッズたちがこれをキッカケに農業を目指してくれたらいいですよね。

 この「収穫祭」は、お会いする学生さんが、皆さん優しくて感じのよい方ばかり。きっと自然といつも向き合って、地道な毎日が、人柄に出ているのだと思いました。来年以降行かれる方は、野菜が沢山入るエコバッグと、広場に敷けるビニールシートを持っていて下さいね!

投稿日: 2015/11/10 18:29

投稿画像(7枚)



コメント(0件)

コメントと投稿が完了しました

コメント投稿した口コミを共有しよう

閉じる

この投稿にひもづけられた情報

これらの口コミは、ユーザーの皆様の主観的なご意見・ご感想であり、スポットやイベントの価値を客観的に評価するものではございませんので、参考の一つとしてご活用ください。また、これら口コミは、ユーザーの皆様が訪問した当時のものです。内容、金額、サービス内容、催事の内容等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

特派員情報

学園祭グランプリ/現地レポスタッフさんのイケてる!口コミ

 

ページTOPへ

このイベントをクリップしました

クリップしたイベントを友達と共有

クリップ一覧

閉じる

マイカレンダーに予定を登録しました

閉じる