2016/9/6 10:00

目黒デートスポット4選!フルーツ盛り盛りのパンケーキや絶景フォトスポットは穴場♪

 

中目黒や恵比寿の陰で、実は知る人ぞ知る穴場デートスポットとして人気の目黒エリア。見どころ満載の名所「目黒雅叙園」や旬のフルーツ盛りだくさんのパンケーキが食べられる「果実園リーベル」など、1日を楽しめる目黒のデートスポットをご紹介!

豪華絢爛な装飾にうっとり♡ ここは東京の“竜宮城”!?「目黒雅叙園」

▲入口から圧倒的な存在感の「招きの大門」は、まるで竜宮城への入口のよう。

目黒でワンランク上の特別なデートを楽しむなら、「目黒雅叙園」はいかが。1931(昭和6)年に誕生し、ホテル、ウエディング、レストランなどを展開する日本初の総合結婚式場で、その豪華さは思わず息をのむほど。

「縁結び」を意味した棟飾りが装飾された、縁起の良い「招きの大門」をくぐれば、贅を尽くした華やかな美術空間が広がる、目黒雅叙園ワールドがお出迎え。江戸時代の風俗をイメージした、鮮やかな絵物語に彩られた回廊が、別世界へといざないます。



▲色彩が非常に豊かで、日本美術の素晴らしさを感じる回廊。


エントランスからブライダルサロンへと通じる回廊には、自家製ケーキなどを販売するショップ、さらに進むとティーラウンジ、高級レストラン、バーなどがあり、ウェディング利用でなくても気兼ねなく利用できます。この回廊沿いには、施設内の名所のひとつ、旧目黒雅叙園を再現した“日本一豪華”ともいわれる化粧室もあるのでお見逃しなく。



▲滝の裏まで、ぐるりと1周できる。ちょっとした景勝地を訪れたかのよう。


都会の喧騒を忘れさせてくれる、和みの庭園。池には錦鯉が泳ぎ、高さ7mもの荘厳な滝があるほか、滝の裏側を回る「胎内巡り」も楽しめます。絶好のフォトスポットなので、彼との距離を縮めて、記念撮影するのがおすすめ♡



▲1935(昭和10)年に建てられ、園内で唯一残る木造建築の「百段階段」。


また、「目黒雅叙園」には有料エリアがあり、東京都の有形文化財に指定されている「百段階段」は最大の見どころ。木造建築が各部屋を結んでいます。

99段の階段廊下から結ばれた7つの部屋には、天井や欄間に当時屈指の画家による秀麗な美の世界が描かれ、目がくらみそうなほどの圧倒的な豪華さ。通常は一般非公開なので、二人で別世界をのぞいてみたいカップルは、予約制の見学ツアーや企画展でぜひ利用してみて。



目黒雅叙園(めぐろがじょえん)
住所:東京都目黒区下目黒1-8-1
電話:03-3491-4111
営業時間:施設、店舗により異なる(※食事がセットになった百段階段の見学ツアー「美と匠の祭典(要予約)」は10:00~、12:00~、18:15~)
入園料:無料(※百段階段は企画展により異なる。「美と匠の祭典」はランチ3,800円~、土日祝4,300円~、ディナー8,700円~※各1名分の料金)
定休日:無休


フルーツてんこ盛り!パンケーキやパフェで旬を堪能できる「果実園リーベル」

▲大きな窓に囲まれた、どこか南国を感じさせる店内。ショーケースには旬のフルーツがぎっしり!

彼に案内されたら、思わず「いいね!」と褒めてあげたくなるお店が、目黒駅西口からすぐの権之助坂に店を構える、フルーツパーラー「果実園リーベル」。

その魅力は、旬のみずみずしいフルーツをてんこ盛りにしたパンケーキやパフェが、リーズナブルに味わえること。この道50年以上のオーナー・長嶺卓さんが毎朝、大田市場で自ら厳選した品質の良い果物を使っているので、味の安定感がバツグン!



▲8~10種類の季節のフルーツが盛り付けられた「季節のフルーツパンケーキ」(1,166円)。


お店の人気メニュー「季節のフルーツパンケーキ」は、盛りだくさんのフルーツがパンケーキを覆いつくす勢い! この日は桃、マスカット、スターフルーツ、マンゴー、パイン、キウイ、バナナ、ブルーベリー、ラズベリーと、実に8種類のフレッシュな果物が使われていて、お得感もたっぷり。




パンケーキのほか、グラスから果物が大きくはみ出すフルーツパフェも人気なので、彼と別々に頼んでシェアしてみるのもおすすめです♡



果実園リーベル 目黒店
住所:東京都目黒区目黒1-3-16 プレジデント目黒ハイツ2F
電話:03-6417-4740
時間:7:30~23:00(LO 22:30)
定休日:無休


肉命!ランチ限定営業のガッツリ系ハンバーガー「ハングリーヘブン」

▲昼は「ハングリーヘブン」、夜は「GYU BIG」のいわゆる“二毛作”スタイル。

目黒の人気焼肉店「GYU BIG」の“二毛作”のお店として、お昼の時間限定でオープンするハンバーガー店「ハングリーヘブン目黒店」。

「肉食ってりゃ間違いない!」という勢いのあるフレーズが、店内の壁にバーンと張り出されているお店は、圧倒的な肉のボリュームが売りで、肉LOVERなカップルのランチに特におすすめ!



▲平日限定でポテト&ドリンク付きの「ハングリーヘブンチーズ」(900円)。


ハンバーガーは、全部で28種類! どれにしようか迷ったら、お店で一番人気のメニュー「ハングリーヘブンチーズ」をチョイス。

サイズはスタンダードでも、ハンバーガーの高さが約10cmとボリューミーなので、小食な女子は「食べきれな~い♡」なんて彼に甘えてみては?

もっと大きなハンバーガーに挑戦したい、というガッツリ系カップルは、総重量550gのダブルパテの巨大バーガー「ハングリーヘブン スペシャル」(1,600円)がイチオシ。ジューシーな肉汁たっぷりのパテは、つなぎを使わない肉々しい濃厚な味わい。トマトをベースに様々なスパイスを使った、少し甘めの“ヘブンソース”との相性もぴったり!

土日祝限定で、サイドメニューとして4種類の山盛りサラダも付くので、体の健康を気にするオトナ女子にうれしいポイント♪



ハングリーヘブン目黒店
住所:東京都目黒区下目黒1-2-22 セザール目黒 2F
電話:03-6303-9555
営業時間:11:00~16:00(LO 15:30)、11:00~17:00(LO 16:30)
定休日:無休


インテリアショップのメッカ!目黒の知る人ぞ知る「maruse」で二人のお気に入りを見つけて

▲目黒駅から徒歩13分ほど。お店は目黒通りからすぐなので、迷わず辿り着ける。

目黒と言えば、やっぱりインテリア。目黒通りには、センス抜群のインテリアショップが何十軒も並ぶなど、二人暮らし中、もしくはその予定があるカップルにとっては、もってこいのデートスポットです。



▲昭和中期の小さなトランク(5,400円)など、手頃な価格のアイテムも。※1点ものなので、販売次第終了。


1階には、二人の生活に彩りを与えてくれそうなアイテムがずらり。イラストレーターとしても活動するオーナーがセレクトした、作家の器や古道具、古家具など、1点もののアイテムをはじめ、「江戸屋」の歯ブラシや「多鹿治夫鋏製作所」のハサミなど、日本の職人が手作りするこだわりの日用品なども並びます。



▲オーナー自らがイラストレーターとして、自らの個展を開催することも。


お店の奥にある細い階段の下には、ギャラリー「maruseB1gallery」が広がります。月に2回程度、イラスト、陶器、盆栽、金属、ガラスなど、幅広いアーティストの作品展が開催されています。お店を訪ねたときに、運命の出会いが待っているかも!?



maruse(マルセ)
住所:東京都目黒区下目黒4-1-2 クリスタルビルB1・1F
電話:03-5704-1327
営業時間:13:00~19:00
定休日:水・木曜
※営業時間と定休日はイベントによって異なる場合あり


まとめ

目黒駅周辺は意外となじみのない人もいるかもしれませんが、実は見どころのある建物や美味しいお店も多いエリア。

しっとり落ち着いたデートがしたい大人のカップルにおすすめの穴場ですよ♡




取材・文/上浦未来
※価格はすべて税込です。
※2016年9月6日時点の情報です。お店の情報、内容等は変更になる場合があります。


東京デート

出会って間もないふたりから、長いつきあいのカップルまで、思い出に残る東京のデートプランがきっとみつかる。新しい発見を2人で体験できるスポットを紹介します。

+ 目黒 の関連記事

定番 + 目黒 の関連記事