ドンツキ協会を主宰する齋藤さんが横須賀で「迷路のまちのドンツキでさまよう」体験をナビゲート!

こんにちはドンツキ協会の齋藤です。


東京都心からすこし郊外に出るならば、ぜひ横須賀のドンツキを体験しましょう。


横須賀といえば、三浦半島の東京湾に面した港湾のまち。日露戦争時の日本海軍の旗艦、三笠が展示されている三笠公園や、ハンバーガーやミリタリーグッズを扱う、アメリカの影響の強いどぶ板通りなどが、観光地として広く知られております。


しかしこれらの観光地は、海岸にもほど近い中心街の、平らな場所にあります。横須賀に来てそれだけではもったいない!


というわけで、当ドンツキ協会としては、海側にはあえて背を向けて、、、。もしあなたが京急横須賀中央駅に降り立ったのであれば、繁華街のある駅前広場からまわれ右をした、駅の背後に崖のそびえる側を、ぜひともさまよい歩くことを推奨いたします。

行き止まりの道『ドンツキ』の魅力とは? 横須賀「迷路のまちのドンツキでさまよう」_1016694

三笠ビル商店街を裏口の扉から抜ければ、さっそく横須賀の地形のダイナミズムを目の当たりにすることができます。

コンクリートのビルのはざまに、異国を感じる方もいるかもしれません。


横須賀の内陸側といっても、一様に高台となっているわけではありません。

そこは無数の枝分かれした谷によって刻まれており、その全域がまるで迷路のように道が巡らされている、ドンツキ・ラビリンスを実感することができるのです。

行き止まりの道『ドンツキ』の魅力とは? 横須賀「迷路のまちのドンツキでさまよう」_1016695

急階段を降りては登る横須賀散策。


平地のすくない横須賀では、幕末の開港ののち、軍港がおかれたことで、急速に宅地化がすすみましたが、その需要は平地ではとてもまかないきれず、その宅地は山の手の至るところにまで立ち並ぶようになりました。


山の手に巡らされた道は細道となって、自動車どころか、自転車ですらたどり着けない立地にまで入り組んでおり、当然それらはドンツキとなる箇所も多く

ここに地元の人ですらも迷う迷宮都市が現出しているわけです。

行き止まりの道『ドンツキ』の魅力とは? 横須賀「迷路のまちのドンツキでさまよう」_1016696

横須賀の迷路っぷりの一例。写真の矢印の示す建物の切れ目の道を目指そうとするのですが、写真中央下の道からはたどり着くことができず、ドンツキに遭ってしまいます。


さて以下、横須賀の市街地各地で見かけたドンツキをご紹介してまいりましょう。

これら数々のドンツキからきっと、横須賀「らしさ」がみえてくるのではないでしょうか。

行き止まりの道『ドンツキ』の魅力とは? 横須賀「迷路のまちのドンツキでさまよう」_1016697

安針塚付近で見つけた、マンション裏の階段ドンツキ。

宅地化のための造成された名残りでしょうか。階段だけが造成されたものの、ツタに覆われてこの先進めないドンツキです。

行き止まりの道『ドンツキ』の魅力とは? 横須賀「迷路のまちのドンツキでさまよう」_1016698

JR横須賀駅付近で見かけた展望ドンツキ。高台のカフェでなごみつつ、横須賀の港を眺めて過ごせるドンツキです。

行き止まりの道『ドンツキ』の魅力とは? 横須賀「迷路のまちのドンツキでさまよう」_1016699

こんどは平地側からみたドンツキも。

海岸側からみたワッフル型コンクリート擁壁の絶壁は横須賀ならではの風景です。

当然登れるような場所ではなく、それらを背にした住宅地への道は、おのずとドンツキとなります。

行き止まりの道『ドンツキ』の魅力とは? 横須賀「迷路のまちのドンツキでさまよう」_1016700

ドンツキの奥に立つ立派な集合住宅。この住宅にたどり着くには、写真の視点からの道しかありません。比較的新しい建物にみえますが、いったいどのようにして建設資材を運んだのでしょうか。


あたかも役行者が法力でお堂を投げ入れてできたという伝説のある、三仏寺投入堂を参拝しているような、不思議な気分になります。


さて、横須賀のドンツキを訪ねて歩いていると、上り下りがじつにはげしく、実際に暮らしている方々にとっては、ましてや行き止まりに出会ってしまうと、楽しんでなどいられないのでは、、、とおもわされます。


また、「行き止まり」「袋小路」は、言葉そのものも、これまでいいイメージで受け取られてきたものではなく、防犯や防災の観点からも、不便な存在であることは否定できません。


しかし、ドンツキのまちあるきに参加された地元の方には、「自分の生まれ育ったまちなのに、違うまちに見えた」と感想をいただくことも。


日常にある不便さに、ちょっと視点を変えることで、これまでと違った見方でまちが見えてくる、数ある方法のうちのひとつ。くらいにご認識いただければ、この上ない幸いでございます。


【偏愛東京】齋藤佳さんが立ち上げた偏愛コミュニティ『ドンツキ協会 東京偏愛支部』をチェック!

2023年にサービス開始した、東京の隠れた魅力を発信する投稿プラットフォーム『偏愛東京』。


今回のナビゲーター齋藤佳さんも『ドンツキ協会 東京偏愛支部』としてコミュニティを開設しています。


ぜひチェックしてみてください!


『ドンツキ協会 東京偏愛支部』(偏愛東京へリンクします)


本記事内の情報に関して

※本記事内の情報は2023年09月11日時点のものです。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。