大阪の超人気店が電撃移転!カレーはもちろん、スイーツも見逃せない注目の新店/ゼロワンカレーA.o.D

東西のカレーを食べ続けて早3,000軒超え。カレー細胞(H.Matsu)です。


今回は2019年9月、田町に移転オープンした「ゼロワンカレーA.o.D」をご紹介します。

「大阪カレーの進化がヤバすぎる。」


この事実がここ2~3年で全国区へと広まり、テレビや雑誌で取り上げられるのは「大阪スパイスカレー」だらけの今日この頃。大阪でも並ぶものがないクオリティで知られた、とある名店が東京に移転を果たしました。


そのお店の名は「ゼロワンカレー」。


大阪・南森町で間借りカレーとしてスタートし、2014年に大阪一のカレー激戦区「裏谷四」エリアにて実店舗オープン。間借り時代はいわゆるスパイスカレースタイルでしたが、実店舗化してからは本格南インド料理へと路線変更。南インド料理店が少ない大阪において、孤高というべきレベルにまで味を極めてきたのです。


「ゼロワンカレー」が抜けた後の、大阪南インド料理事情が心配ですらありますが・・・。

そんな「ゼロワンカレー」が移転先に選んだのは東京・田町。特に所縁があったわけではないそうですが、条件に合うハコを探していたらこの地になったそう。


新たな正式店名は「ゼロワンカレーA.o.D」。


「A.o.D」とは「Aromas of Dakshin」=「南の香り」という意味。こだわりにこだわりを重ねた、独自の世界観が光るお店となりました。

店内の照明やグリーンなど、細かいところまでこだわりを感じる作りになっています。


店主のマルちゃんと、奥さんのモンちゃん、そして「南インド料理を本気で学びたい方」という東京での呼びかけに集った、心強いスタッフたちが出迎えてくれます。

マニアックなだけじゃない!間違いなく美味しいカレー

一人で訪れた際に便利な、カウンター席もしっかり用意されています。


提供メニューのベースになっているのは、店主マルちゃんが毎年研修で訪れる南インド・ケララ州の料理。その現地料理への愛と敬意、そしてこだわりは誰もかなわないほど。


そこに、元々カレー好きなマルちゃんの解釈が加わることで、決してマニアックなだけではない「日本人が食べて、間違いなく美味しいカレー」が生み出されているのです。


それでは、実際の料理を見てみましょう。

メインのカレーは、ミールス(南インドのワンプレートカレー定食)仕立て。カレーの種類や数が選べるほか、ライスの種類も選べます(ゼロワンベーシック/レモンライス/レッドマッタライス)。


せっかくなので今回は、こちらの贅沢仕様でいただきます!


「二種盛りミールス」(2,100円)

・カレー1・・・チキンマサラA.O.D

・カレー2・・・本日のフィッシュカレー

・ラッサム

・カルナータカ サンバル

・メドゥワダ

・ダールタルカ

・ココナッツチャトニ

・季節のフルーツ入りベルプリ

・バンガロールベジヌードル

・乳酸発酵アチャール

・レッドマッタライス(プラス250円)

・辛さ増し(グリーンチリマスタード漬け) (プラス100円)



料理も器も美しく、これは気分が高揚しちゃいますぞ!

それぞれの品を自在に混ぜていくことで、味の変化を楽しむ南インドのミールス。


ですが、焦りは禁物。まずは一つ一つ味わっていきましょう。

大阪時代からの定番「チキンマサラA.O.D」は、これ一本勝負でも東京でやっていけるほどの美味しさ。


コリアンダーやカレーリーフなどがしっかり効いたスパイシーなグレービーに、たっぷり炙りチキンの香ばしさがたまりません。

こちらは南インド・ケララ式の「本日のフィッシュカレー」。この日の魚はなんとサンマ!濃密なうま味にしっかり鮮やかな野菜の食感・・・多幸感がちょっとヤバいレベルです・・・。

日本で言えば味噌汁にあたるミールスの基本、「ラッサム」と「サンバル」、そしてライスはおかわり自由。食いしん坊な方でも安心です!

「ダールタルカ」は、三種の挽き割り豆を用いたケララスタイルの豆カレー。あわせる「レッドマッタライス」は、ケララでよく食べられる赤米。そう、インドだからって細長い米ばかりじゃないんですよ。


添えられた「メドゥワダ」は、豆と米から作る南インドのドーナツ。カレーに漬けて、ふわっとした食感を楽しんで。


一品一品を楽しんだら、あとは色々と混ぜて味のレイヤー感を楽しみましょう。

ケララの名物料理「ミーン ポリチャトゥ」も注目のメニュー

ミールス以外にもうひとつ、注目してほしいメニューがあります。


魚をたっぷりのスパイスソースとともに、葉っぱで包み焼いたケララの名物料理「ミーン ポリチャトゥ」(650円)。現地ではバナナの葉を用いることが多いこの料理ですが、こちらではなんと香ばしいホオバを使用。


包みをそっと解くと・・・・

ムワッとした香りとホクホク感、そしてコカム(インドのガルシニア)独特の酸味がたまらない極上の一品となっています。


ちなみにこの日用いられていた魚は、カジキでした。

カレーだけじゃない!ぜひ味わってほしい、スパイススイーツ

さらに!「ゼロワンカレーA.o.D.」の魅力はそれだけではありません。パティシエ歴10年の奥様モンちゃんによるスパイススイーツの数々も見逃せませんよ!


例えばこちらは、ジャガリー(インド粗糖)を使った「シャインマスカットのババロワ」(500円)。他にも、西表島のアララガマ農園から直接仕入れているフルーツを使った「国産トロピカルフルーツのケーキ」など魅惑的なスイーツが並びます。

いかがです?あれこれ魅力的で困りますよね?


デザートも食べたいけど、辿り着けるか心配・・・という貴方にピッタリなのがコンパクトなミールスに、お好きなケーキとドリンクが付いてくる「レディースセット」(2,150円)。ちなみに、男性でもオーダー可能です!


オープン当初はランチ営業のみでしたが、10月からはついに夜営業もスタート。南インドの小料理をアテにチョイ飲み、なんて使い方もできそうです!

まとめ

南インド料理マニアが唸るツボを押さえつつ、メリハリが効いたハイレベルな料理たちが味わえる「ゼロワンカレーA.o.D」。東京に場所を移しても、その圧倒的な存在感は健在です。今注目の新店ですので、気になる方はぜひ足を運んでみてください!

ゼロワンカレーA.o.D

住所:東京都港区三田3-2-9 杉浦ビル1F

電話番号:03-3841-1473

営業時間:ランチ11:30~14:30、カフェタイム(ケーキとドリンクのみ)14:30~16:00、ディナー17:30~20:30

定休日:水曜、木曜

最寄駅:田町

取材・文/カレー細胞(松 宏彰)


※2019年11月4日時点の情報です。メニューや価格等は、現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。

※価格はすべて税込です。

当サイト内のおでかけ情報に関して

※本記事は2019年11月04日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。