スイス×秩父 女子旅へ出発しよう!【スイス旅行やグッズが当たるチャンス!】

車窓に広がる美しい景色を眺めながら、途中下車してハイキングを楽しんだり、ご当地グルメを味わう鉄道の旅。
この春、GW時期に芝桜が満開を迎える「秩父」、アルプスの大自然に抱かれた鉄道王国「スイス」に共通する“3つの魅力”に出会う女子旅へおでかけしませんか?
世界92カ国の鉄道の旅を経験し、スイスを知り尽くしている鉄道カメラマン・櫻井寛さんが、秩父とスイスの女子旅の楽しみ方を「ハイキング」、「鉄道旅」、「グルメ」のテーマごとにナビゲート!さらに大人気の西武観光列車『旅するレストラン52席の至福』のレポートもお楽しみに!今ならスイス旅行やスイスグッズが当たるチャンス!

  • 魅力①雄大な自然の中をハイキング
  • 魅力②壮大な景色に感動!優雅な鉄道の旅
  • 魅力③旅の思い出を彩るご当地グルメに舌鼓!
  • スイス旅行が当たる!春旅キャンペーン

魅力①雄大な自然の中をハイキングしよう!

雄大な自然に抱かれながらハイキングやトレッキングを楽しむひとときに、気分もリフレッシュ。秩父では、芝桜が見頃を迎え、スイスではたんぽぽの咲く可憐な景色に迎えられる。澄みわたる空の下、ピンク色と黄色の花の絨緞がどこまでも続く景色は一生忘れられない思い出に!自然の息吹を感じながらハイキングを楽しもう。

秩父編

大地をピンク色に染める、芝桜の花絨毯に感激!

秩父市街を一望する羊山公園に広がる「芝桜の丘」では、武甲山を背景に9種類、約40万株以上の芝桜が一斉に開花。GW時期は、約17,600㎡の広大な園内をピンク色に染める景色と出会えるので訪れてみよう!

column_01_chichibu_img_01

芝桜が描く美しい花模様は、秩父夜祭で笠鉾に乗った囃し手が着込む襦袢模様と躍動感をイメージしてデザインされたもの。観賞する場所によってハート型にも見え、フォトジェニックな写真を撮影できるかも!

桜の季節が終わっても、春は今からが花盛り。広がる青空と一面の花畑の美しいコントラストは、忙しい日常を忘れさせてくれます。芝桜のある「羊山公園」はウォーキングにも最適のスポットです。
ウォーキングをしながら、リフレッシュをしつつ、女子旅の記念に、春ならではの思い出の1枚を写真に刻んでみては?

鉄道カメラマン・櫻井さんの女子旅のススメ
column_01_chichibu_img_02

武甲山を背景に丘一面に広がる芝桜のパッチワークにうっとり

column_01_chichibu_img_03

澄みわたる空の青と芝桜のピンクのコントラストも見どころ

イベント名:芝桜まつり
期間:2017/4/14(金)~5/7(日)
場所:羊山公園
入場料:一般300円

詳細はこちら

スイス編

ふわふわ綿毛が舞う、たんぽぽの黄色い絨緞をのんびり散策 壮大なアルプスの麓をハイキングしよう!

初めてスイスを訪れた人は、雄大な自然のスケールにただただ圧倒されるかも!アルプスの名峰が間近に迫る展望台からの眺め、心地よい風が吹き抜ける広い草原など、スイスには心震える景色との出合いがいっぱい。雪解けとともにアルプスの山麓に春が訪れ、山の牧草地や草原に群生するたんぽぽが大地を黄色く埋め尽くす様子は、まさに息を飲む美しさ。可憐に咲くたんぽぽと綿毛の舞う景色の中をのんびりとハイキングしよう!

column_01_switzerland_img_01
column_01_switzerland_img_02

山の牧草地に群生する花の景色を眺めながら、ハイキングを楽しめるのもスイスを旅する醍醐味。

column_01_switzerland_img_03
column_01_switzerland_img_04

黄色いたんぽぽ絨緞と鉄道の風景。スイスならではの絶景として写真に収めたい!

sakurai_comment

スイスを旅するなら、ぜひチャレンジしてもらいたいのがハイキング。目的地を目指しながら寄り道したり、色々な発見に出合えるのも楽しみの一つです。可憐な高山植物、新緑の木々や草、雪解け水が溢れる小川や滝、周囲に広がる残雪がきらめくアルプスの山々……言い尽くせない魅力があります。澄んだ空気を胸いっぱいに吸い込めば、気分はアルプスの少女!ハイキングした者にしか分からないスイスならではの感動があります!

魅力②壮大な自然の中を走る優雅な鉄道の旅!

車窓からのんびりすばらしい絶景を眺めたり、綺麗なデザインが施され車両の中で優雅なひとときを過ごしたり、有名シェフが作ってくれるご飯を楽しんだりするのも女子旅の醍醐味。
スイスでは、圧巻の風景の中、路線自体が世界遺産、変り種列車を。秩父では、池袋~西武秩父まで走っている大人気の西武観光列車「旅するレストラン 52席の至福」を要チェック!

秩父編

鉄道カメラマン 櫻井寛さんとゆく!西武 旅するレストラン「52席の至福」に乗ってきた!

52名限定で味わえる極上の鉄道旅をテーマに西武 旅するレストラン 「52席の至福」。西武鉄道沿線の代表的な観光地“秩父”をモチーフにした車両や有名シェフが監修する季節の料理など、その見どころを鉄道カメラマンの櫻井さんがレポート!

column_02_chichibu_img_01

隈研吾さんデザインと
有名シェフ監修の料理に酔いしれて

全4両編成で池袋〜西武秩父駅を走る「52席の至福」。車内に一歩入ると、今をときめく隈研吾さんによってデザインされた極上の空間。西川材の木格子で渓流の流れを表現した天井、車内とデッキの仕切りに秩父銘仙を使用するなど、沿線の伝統工芸や地産木材を取り入れた車内インテリアにうっとり!オリジナルの車内メロディ、アナウンス、料理の器など随所にこだわりが光り、まさに“至福”の鉄道旅を満喫できる!

column_02_chichibu_img_02
column_02_chichibu_img_03

上/4両のうち1両まるごとキッチン車両。シェフたちが腕をふるい出来立ての温かい料理をサービスしてくれる。
下/明るい笑顔で気持ちよく迎えてくれるクルー。行き届いたホスピタリティでゲストのための特別な時間を演出。

column_02_chichibu_img_04
column_02_chichibu_img_05
column_02_chichibu_img_06

外装も隈研吾さんのデザイン。秩父の四季をテーマに、1号車は「春」の芝桜と長瀞の桜、2号車は「夏」の秩父の山の緑など、車両ごとに異なるデザインを楽しめるのが魅力

乗車の際はクルーがレッドカーペットでお出迎え。沿線内の駅で駅員さんたちが手を振ってくれたり、終始VIP扱い!

  • column_02_chichibu_img_07

    「春の三重奏〜和・フレンチ・中華の前菜の響宴」。胡麻豆腐の山葵ジュレ・2種類の烏賊のぬた、レモンマカロン・フォアグラムースのフィリング・ルバーブのピクルスとロマネスコなど3つの味を楽しめる前菜。

  • column_02_chichibu_img_08

    牛テールのシュトゥルーデル イチゴとグリーンサラダを添えて」。特別な日にふさわしい、キャンディ包みをしたプレゼントのようなメイン料理。オーストラリアの伝統料理“シュトゥーデル”とフランス伝統料理“牛テールの赤ワイン煮込み”の出合いが生む極上の味。

  • column_02_chichibu_img_09

    「秩父の春を告げる散らし寿司」。日本料理の伝統の技で優しく味付けされた穴子、エビ、椎茸、ニンジン、菜の花などを彩り豊かに散らした、特別な日にふさわしい一品。まずは茶碗の中の春を目で楽しんでいただこう。

sakurai_comment

池袋を出発して約1時間、飯能駅を過ぎた辺りから車窓の両側に岸壁が迫り、遠くに山脈が広がる景色の中を走る鉄道の旅は、スイスの鉄道旅の雰囲気を連想させられます。スイスの「氷河特急」のように電車の中でグルメを楽しめるのは、首都圏唯一なので、非日常を感じながら優雅な女子旅を満喫できます。

column_02_chichibu_img_10
column_02_chichibu_img_11

西武秩父駅の到着前には、クルーから手書きのメッセージカードが!心温まるおもてなしに感動!

スイス編

アルプスの名峰と雪解け水が流れる渓谷が間近に!「氷河特急」でスイス横断の旅へ出発!

column_02_switzerland_img_01
column_02_switzerland_img_02
column_02_switzerland_img_03
column_02_switzerland_img_04

アルプスの二大リゾート、ツェルマットとサン・モリッツをつなぐグレッシャー・エクスプレス(氷河特急)は、7つの谷、291の橋、91のトンネルを約7時間30分かけて走り抜ける特急列車。アルプスの名峰、氷河の雪解け水が流れる山間の渓谷、森や牧草地などの景色が次々と車窓に映し出され、驚きと感動の連続!“世界で最も遅い特急”といわれるように、約35km/hの平均時速でゆっくりと走るので、車窓の景色を眺めながらゆったりと鉄道旅を楽しめるのが魅力!

  • column_02_switzerland_img_05

    眼下に広がる渓流から山の頂まで、いろんな角度から絶景を堪能できるパノラマ車両

  • column_02_switzerland_img_06

    鉄道高架橋のラントヴァッサー橋。高さ65mから望む渓谷が大迫力!

  • column_02_switzerland_img_07

    景色を眺めながら、座席で出来立ての料理を味わうのも楽しみ!

column_02_switzerland_img_08

高低差1,800mの絶景ルート!
世界遺産のレーティッシュ鉄道
「ベルニナ線」を走る!

サン・モリッツとイタリア領のティラーノをつなぐレーティッシュ鉄道ベルニナ線は、路線自体が世界遺産に登録されている山岳登山鉄道。4000m級のアルプスの山並みを越え、イタリアの葡萄畑が広がる谷へと続く高低差1800mの起伏溢れるルートが大迫力。車窓の向こうに広がる、めくるめく美しい景色をたっぷり満喫しよう!

column_02_switzerland_img_09

ベルニナ・エクスプレスの名所、360度ループのブルージオ橋と、カンブレナ氷河の雪解け水が注ぐ神秘的なポスキアーヴォ湖

column_02_switzerland_img_10
column_02_switzerland_img_12

雄大な自然の景色から、文化香る美しい街並みへとはしる、変化に富んだ景色を楽しめるのも魅力のひとつ

column_02_switzerland_img_11

unique_title

  • unique_img_01
    ゴールデンパス・ラインの
    「ワインセラーカー」

    古き良き時代のエレガントな鉄道の旅を彷彿させる列車にワインセラーカーを連結。樽をイメージした座席でワインや軽食を楽しめる。

  • unique_img_02
    スイス・チョコレート・トレイン

    スイス伝統のチョコレートとチーズ工場をめぐる1日ツアー列車。チョコレート作りの見学と試食ができると大人気!

sakurai_comment

雄大なアルプスの山々と緑豊かな高原のイメージが強いスイスですが、実は世界一の鉄道密度を誇る鉄道王国。国土の大半がアルプスに代表される山岳地帯にあることを思うと、これはすごいことです!その中でも氷河特急はライン川の渓谷や湖畔、そして、頭上に白銀に輝くアルプスの高峰など、スイスならではの絶景が展開されて見どころいっぱい。観光テーマが豊富で治安も良く清潔なスイスの鉄道旅は、女子旅を安心して楽しめます!

魅力③“美味しい”記憶を思い出に刻む、ご当地グルメに舌鼓!

美しい景色とともに楽しみたいのが、グルメ。土地の人々に大切に育てられた食材や伝統の郷土料理を味わう時間は、美味しい記憶として舌に刻まれ、旅の思い出をより深めてくれるはず。そこで旅先で味わいたいご当地グルメをご紹介。澄んだ空気ときれいな水に恵まれた秩父とスイスでは、上質なワインが生産されているのでぜひ味わおう。スイスでは伝統のチーズフォンデュと合わせて楽しむのもおすすめ。また、秩父では名水を生かしたスイーツが充実しているのでチェックしよう!

秩父編

秩父の風土が生み出した極上グルメを味わい尽くす

column_03_chichibu_img_01

明治23年から続く天然氷の製造所。長瀞の宝登山麓から湧き出る伏流水で作る天然氷のかき氷は、ふわふわとした柔らかい口当たりがクセに。氷の味わいをシンプルに楽しめる蜜のほか、自家製シロップメニューも充実。

商品名:蔵元秘伝みつのカキ氷
店名:阿左美冷蔵

column_03_chichibu_img_02

自社畑と秩父の契約農家のぶどうで、秩父産ワインを生産するワイナリー。お気に入りのワインを見つけておみやげにしても喜ばれそう。秩父の地野菜を使った料理とワインを楽しめるレストランも併設しているのでランチに立ち寄ってみては。

店名:秩父ファーマーズファクトリー

column_03_chichibu_img_04

岩魚が泳ぐ清流近くに建つジェラートショップ。新鮮なミルクと秩父産食材で作る自家製ジェラートが美味!

商品名:ジェラート
店名:ジェラテリアHANAとイニミニ
マニモ雑貨店

column_03_chichibu_img_03
column_03_chichibu_img_05
スイス編

大地からの恵みがぎゅっと詰まったスイス伝統の郷土料理やワインを味わおう!

column_03_switzerland_img_01

世界文化遺産に登録されているラヴォー地区のぶどう畑。国内で消費され、ほとんど出回ることのない希少なスイスワインを現地で味わって!

column_03_switzerland_img_02

2~3種類のチーズを白ワインで溶かして食べるチーズフォンデュ。スイス伝統の家庭の味にほっこり。

column_03_switzerland_img_03

「ネスレ」などのブランドが揃う伝統のチョコレート。スイスの人々は世界一の消費量を誇るほどチョコレートが大好き!

column_03_switzerland_img_04
column_03_switzerland_img_05
sakurai_comment

スイス料理の代名詞「チーズフォンデュ」は、日本でいえば鍋にあたる伝統料理です。パンをチーズに絡める食べ方には、実はローカルルールがあり、パンをチーズの中に落としてしまうと一緒にテーブルを囲んだ人に「ワインをおごる」、「キスをする」のような面白いペナルティルールが!実際にスイスを訪れた時にぜひ体験してみてください!

スイス春旅キャンペーン

campaign_bnr

スイスの魅力に触れ、「実際に行ってみたい!」と旅心を刺激された人に向けて、『スイス春旅キャンペーン』を開催。

下の応募ボタンをクリックし、必要事項を入力して応募すると抽選でスイス旅行が当たるチャンス!この機会にぜひ応募しよう!

応募はこちら

※スイス政府観光局公式サイトへ遷移します

この春に行きたい! スイスのおすすめツアーをご案内!

  • 詳細はこちら
  • 個人旅行のご相談は

スイスにも春到来。山里には花々が咲き誇り、爽やかな風が気持ち良い季節です。アルプスの名峰、車窓の絶景、ハイキングや街歩きなど、これからの季節お勧めのツアーやスイス旅をサポートするスペシャリストをご紹介します。

  • sakurai_profile_img_01
  • sakurai_profile_img_02

櫻井寛プロフィール

1954年、長野県生まれ。鉄道員に憧れて昭和鉄道高校に入学したが、鉄道写真に魅せられ、日本大学芸術学部写真学科へ進学。卒業後、出版社写真部を経てフォトジャーナリストとして独立。海外渡航回数232回以上、92カ国を取材。著書『人気鉄道でめぐる世界遺産』(PHP研究所)など多数。

information_title

logo_switzerland
スイス政府観光局

スイスへ行ったみたいと思ったら、スイス政府観光局公式ウェブサイトへ。
旅のテーマや、エリア情報、イベントや現地から届いた最新ニュースなど、スイスを楽しく、スマートに旅する情報が満載です!

btn_site