消防博物館

  • 四谷三丁目
    展示・展覧会
  • 消防博物館_1

  • 消防博物館_2

    ▲消防ヘリコプター(1階展示)

  • 消防博物館_3

    3階「現代の消防」

  • 消防博物館_4

    ▲4階「防火の変遷」

  • 消防博物館_5

    ▲10階「防災ラウンジ」

  • 消防博物館_6

    ▲消防ヘリコプター(1階展示)

  • 消防博物館_7

    ▲地下1階「消防自動車の変遷」

  • 消防博物館_8

    ▲地下1階「消防自動車の変遷」

  • 消防博物館_9

    ▲地下1階「消防自動車の変遷」

ポイント 子どものかわいい写真が撮れるスポットも!東京の消防がまるごと分かる教育施設

施設概要

新宿御苑に近く、新宿通りに面して立つ「東京消防庁消防防災資料センター(通称:消防博物館)」。東京の消防がまるごと分かる教育施設です。

地下1階から地上10階の建物内では、消防関係の資材・書籍などを含む14,000点以上の資料を保管。江戸時代から現在に至るまでの錦絵、古文書、火消道具、消防機械、防火衣、消防活動資器材などを展示しています。

地下1階には大正から平成までに活躍した消防自動車7台を、1階には昭和57(1982)年まで活躍した消防ヘリコプターを展示。4・5階では、江戸時代の火消のはじまりなど各時代の風俗を織り交ぜながら消防の移り変わりをたどっています。

注目は、3階にある記念写真コーナー。ミニ防火衣を着てフラッシュ撮影すると、子どもの背景に炎が浮かび上がって迫力ある写真が撮れます。

10階は「防災ラウンジ」になっていて飲食が可能。新宿副都心や六本木ヒルズをはじめ、晴れた日には富士山も眺められます。

続きを読む
基本情報

※掲載内容が変更となっている場合があります。最新情報については、施設・店舗の公式サイト等でご確認ください。

お気に入りに保存しました

お気に入りから削除しました

お気に入りの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました