※新型コロナウイルスの影響により、掲載内容が変更となっている場合があります。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

記念艦三笠

  • 横須賀中央駅

明治35年(1902年)、日本海軍がイギリスに発注建造した戦艦です。

明治38年(1905年)5月27日、日本海海戦において、極東に増派されたロシアのバルチック艦隊を対馬沖に迎撃し、東郷司令長官率いる連合艦隊の旗艦として常に先頭に立ち、集中砲火を浴びながら勇猛果敢に奮戦し、海戦史上例を見ない圧倒的な勝利に大きく貢献しました。大正15年(1926年)、「三笠」は日本民族の誇りと自信の象徴として、現在の地に保存されました。

「三笠」要目
排水量:15,140トン、船体:鋼鉄、全長:132メートル
幅 23メートル、速力:18ノット、乗員:860名、
砲30cm砲4門、副砲15cm砲14門、8cm砲20門、45cm魚雷発射管4門搭載

続きを読む
基本情報
  • 最寄駅

    横須賀中央駅

  • 所在地

    〒238-0003

    神奈川県横須賀市 稲岡町82-19

  • 営業時間

    4月〜9月 9:00〜17:30
    3月・10月 9:00〜17:00
    1月・2月・11月・12月 9:00〜16:30
    ※入艦は閉艦の30分前までです。

  • 定休日

    12月28、29、30、31日

  • 問い合わせ

    046-822-5408

  • 公式サイト

    記念艦三笠

  • 諸状況により、掲載情報から変更されている場合があります。事前に施設・店舗までお問合せいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました