【おでかけ時のポイント】

・居住地やおでかけ先の都道府県の要請に従って行動しましょう

・体調に不安を感じるときは外出を控えましょう

・なるべく少人数で空いている時間に行きましょう

・周囲の人との距離をできるだけ保つようにしましょう

・マスクを着用し、手洗いは小まめに行いましょう

【赤坂】贈り物にしたい!今年ならでは「寅」コンセプトの羊羹/とらや

創業500年以上の歴史を誇る、老舗和菓子店「とらや」。今年は“とらやと楽しむ寅年”をコンセプトに、3月下旬まで(※なくなり次第終了)の期間限定で「小形羊羹5本入 虎柄化粧箱」(5本入1,620 円)が販売されています。

 

5本の定番小形羊羹(小倉羊羹「夜の梅」2本、黒砂糖入羊羹「おもかげ」2本、抹茶入羊羹「新緑」1本)を虎柄の化粧箱に詰め合わせた、明るくにぎやかなデザインのセットには、笑顔あふれる楽しい寅年となるようにとの願いが込められているそう。カジュアルギフトやご自宅用にぜひ購入してみて。


ちなみに干支パッケージ小形羊羹の販売終了後は、通常パッケージの小形羊羹を虎柄の箱に詰めてくれるそうです。

黄色と黒の切り口が美しい、干支羊羹「孟春の虎(モウシュンノトラ)」(竹皮包3,888 円)も寅年にちなんで期間限定で販売中です。2色の模様は、春の訪れに心躍らせ、風を切って走る虎の横姿を表しているのだとか。寅年ならではの特別感があるギフトはぜひチェックを。

とらや 赤坂店
  • 所在地

    東京都港区赤坂4-9-22

  • 電話番号

    03-3408-2331

  • 最寄駅

    赤坂見附

【虎ノ門】インパクト大の“虎サンド”/ル カフェ ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション 虎ノ門ヒルズ店

訪れるたびに目新しいお店が増える虎ノ門エリア。


そんな虎ノ門の中心にある「虎ノ門ヒルズ 虎ノ門ビジネスタワー」の「ル カフェ ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション 虎ノ門ヒルズ店」は、巨匠ジョエル・ロブション氏の料理哲学を踏襲したメニューをカジュアルにいただけるブティック併設のカフェです。

虎ノ門ヒルズ店だけの限定メニュー「虎のサンドイッチ~タンドリーチキンとグリル野菜」(990円、子虎サイズ790円)は、まずそのビジュアルに目を奪われます。


虎柄のパンのあいだには、真空調理で軟らかく仕上げた大山鶏のタンドリーとたっぷりの野菜が。ほんのり甘いハニーカレーソースが添えられていて、とくにエスニック系が好きな方にオススメのサンドイッチです。


同店はモバイルオーダーが可能なので、店内でゆっくり座って食べるのも良し、テイクアウトして、友達や家族とシェアして食べるも良し。珍しい“虎サンド”ぜひ一度は購入してみて。

ル カフェ ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション 虎ノ門ヒルズ店
  • 所在地

    東京都港区虎ノ門1-17-1虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー1F

  • 電話番号

    03-3592-8700

  • 最寄駅

    虎ノ門ヒルズ

【曙橋】パリ生まれの虎をアイコンにした雑貨で1年をスタート!/PAPIER TIGRE

2012年にパリで生まれた「PAPIER TIGRE(パピエ ティグル)」。フランス語で“紙の虎”を意味に持つステーショナリーを中心としたプロダクトブランドです。


日本橋浜町にあるパリに続く2号店では、ブランドの名の由来となったトラ(TIGRE)のアイコンがデザインされた遊び心あふれる商品に出合えます。

「THE TIGRE NAVY」(1540円)は、小ぶりで持ち運びしやすいA5サイズノートブック。表紙にはブランドアイコンのTIGREがデザインされており、タイトルを書けるようにもなっています。

 

ノートには罫線や方眼が混ざっていて、ページをめくるだけでワクワク♡紙の色もイエロー、グレー、ホワイトの3色あります。プライベートはもちろん、お仕事のアイデアノートなどにいかがでしょうか。

「TIGRE MINIポーチ」(1980円)は、同じくブランドアイコンのTIGREがプリントされたミニポーチ。裏側にファスナーが付いており、ピアスなどのこまごまとしたアイテムを入れておくのにもちょうど良いサイズです。


カード入れにした場合4~5枚ほどを収納できるので、キャッシュレス決済派にとっては便利なお財布変わりのアイテムになりそう。

PAPIER TIGRE
  • 所在地

    東京都中央区日本橋浜町3-10-4

  • 電話番号

    03-6875-0431

  • 最寄駅

    浜町

【曙橋】人気和菓子店の「まるで虎?」なバナナ和スイーツ/大角玉屋

新宿・曙橋駅からつながる「あけぼのばし通り商店街」の一角に本店を構える「大角玉屋(オオスミタマヤ)」。

 

同店は、イチゴ大福ブームの火付け役となった有名和菓子店。名物であるイチゴ大福のほかにも、寅年にふさわしい、ちょっと珍しい和スイーツが通の間で人気なのだとか。

それがバナナと白餡をカステラで包んだ「トラさんのバナナ」(270円)。かわいらしい名前の通り、まるでトラのような模様の焼き目が特徴。カステラ生地に、バナナと北海道産手亡豆を使用した自家製しろ餡が包まれていています。


パッケージには、虎のかわいいイラストがあしらわれているので、友達へのギフトとしてもオススメですよ。

大角玉屋 本店
  • 所在地

    東京都新宿区住吉町8-25

  • 電話番号

    03-3351-7735

  • 最寄駅

    曙橋

【柴又】江戸時代から続く、伝統の味!“あの人気者”にちなんだ手作りどら焼き/い志い

「男はつらいよ」のフーテンの寅さんでお馴染みの舞台、「柴又帝釈天参道」は、食べ歩きができる、都内の人気スポット。


食通をうならせるグルメやお土産屋さんが並ぶその一角に、創業160年の老舗店「い志い」も軒を連ねます。

看板メニューの「寅焼き」シリーズは、ふっくらと焼き上げた生地の中に、しっとりした粒あんがたっぷりと詰まったどら焼きです。


丁寧に炊き上げたこだわりのあんこは、甘過ぎずさっぱりとした味わいが特徴なのだそう。一枚一枚銅製平鍋で手焼きされた生地には、かわいらしいトラの焼き印が♡

一番人気のスタンダードなどら焼き「フーテン寅”焼き」(各種220円〜)は、甘じょっぱさがたまらない桜味、甘党に大人気の生クリームなど、バリエーションも豊富。生地は注文してから職人さんが焼いてくれるので、アツアツの焼き立てを楽しめます。


世代を問わず愛されるお菓子なので、年末年始の帰省時のお土産にも◎です。 

い志い
  • 所在地

    東京都葛飾区柴又7-6-20

  • 電話番号

    03-3657-1749

  • 最寄駅

    柴又

令和四年・寅年記念イベント『推し虎グランプリ2022』

寅年にちなんで首都圏・東海地方の施設からエントリーされた11頭の虎たちの中から、初代一位を選抜するオンライン投票イベントを実施。 豪華賞品が当たるキャンペーンも同時開催!


>>「推し虎グランプリ2022」をチェック

初詣&正月イベント 2022

除夜の鐘、初日の出、初詣スポットから、この時期ならではの年末年始のイベントまで、お正月を楽しむためのおでかけ情報が盛りだくさん!エリア別・ご利益別で探せる初詣情報には神社・寺院の参拝時間から混雑状況まで掲載!


>>「初詣&正月イベント 2022」をチェック

当サイト内のおでかけ情報に関して

※本記事は2022年01月01日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。