鳥の目線で浅草の街並みが楽しめる/浅草文化観光センター

建築したのは、日本が誇る世界的建築家の隈研吾さん。「浅草文化観光センター」は、“木の家”が重なっているように見える立体的な建物です。

 

今回オススメするのは8階の展望テラスからの風景ですが、外から眺めるこちらの建物自体も十分な観光スポットです。

 

平屋を積み重ねたような「和」の雰囲気が下町の風情に溶け込んでいます。

ライトアップされた夜間の様子も雰囲気がありました。

 

施設のコンセプトは「探せる・見せる・支える」。1階の案内ロビーには、台東区の観光情報が日本語、英語、中国語、韓国語で提供されるほか、外貨両替所もあります(※当面の間、休業中)。浅草は外国人にとって特に人気のスポットなのでぜひ利用していただきたいですね。

 

その他、授乳室(2階)や階段式フロアの多目的スペース(6階)、台東区の歴史や文化を紹介する展示スペース(7階)などがありますが、何よりオススメなのが8階の展望テラスと喫茶室。

▲8階の展望テラスからの眺め

▲8階の展望テラスからの眺め

ここから浅草の風景や東京スカイツリーⓇが一望できます。

雷門や仲見世通りも、上から眺めると全体像が分かっていつもとは違う印象を受けます。昼と夜の景色の違いもぜひお楽しみください。

 

現在は、新型コロナの影響で観光客が少ないのかもしれませんが、こんなに絶景が楽しめるのに(しかも無料で!)意外と人が少なく、東京の下町・浅草の景色を堪能することができました。穴場な観光スポットとして要チェックです!

台東区立浅草文化観光センター
  • 所在地

    東京都台東区 雷門2-18-9

  • 最寄駅

    浅草

  • 電話番号

    03-3842-5566

当サイト内のおでかけ情報に関して

※本記事は2022年08月18日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※おでかけの際はマスクの着用、手洗い・手指消毒などを心がけ、感染拡大の防止に十分ご配慮いただきますようお願いします。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。