サスティナブルな取り組みを徹底しつつ、世界レベルのコーヒー&コーヒーカクテルを提供/æ

▲店内の壁には廃棄デニムを使った素材を使用。ブルーグレイがアクセントになっている

▲店内の壁には廃棄デニムを使った素材を使用。ブルーグレイがアクセントになっている

5月30日(月)、 渋谷区神南にカフェ&バー「æ(アッシュ)」がオープンしました。“ゼロ・ウェイスト”をコンセプトに、廃棄物ゼロを目指してメニューからオペレーションまでさまざまな取り組みにチャレンジする気鋭のお店です。


運営するのは、世界のバーの名店50を決する「The World’s 50 Best Bars」において、多くの受賞回数を持つSG Group。バリスタには「JAPAN BARISTA CHAMPIONSHIP」で2017年、2019年と2度の日本チャンピオンに輝いている石谷(いしたに)貴之氏を迎えています。

ドリンクの鍵となるコーヒー豆は、石谷氏が監修するアッシュオリジナルブレンドを使用。浅煎り、深煎りの焙煎をそれぞれ得意とするロースターへ依頼し、石谷氏の経験と個性を表現できるブレンドを採用しています。


廃棄物として出たコーヒーのかすを肥料化し、その肥料で育てた野菜をフードメニューに取り入れて循環させるほか、かすそのものをカクテルの材料としても活用。また、店舗で破損したコーヒーカップや皿を肥料にするなどの取り組みも行っていくそう。

  • ▲「Coffee Cocktails」シリーズ。エスプレッソマティーニ、コルタード、フラットホワイトなど

    ▲「Coffee Cocktails」シリーズ。エスプレッソマティーニ、コルタード、フラットホワイトなど

  • ▲「Zero-Waste Classics」シリーズ。抽出後のハーブやスパイス、果実など、今まで廃棄していた食材を見直して、再び新鮮なフレーバーを引き出している

    ▲「Zero-Waste Classics」シリーズ。抽出後のハーブやスパイス、果実など、今まで廃棄していた食材を見直して、再び新鮮なフレーバーを引き出している

カクテルメニューは、カフェのコーヒーメニューをカクテルにアレンジした「Coffee Cocktails」と、æオリジナルの「Zero-Waste Classics」の異なる2つのシリーズがラインナップ。「Zero-Waste Classics」は、SG Groupの各バーのカクテルを仕込む際に出る副産物や、一度抽出した素材を活用したシリーズです。


サスティナブルな取り組みにチャレンジしていながら、世界レベルのコーヒーとコーヒーカクテルを提供する「æ」。渋谷区神南エリアで、SDGsを意識した最先端の一杯を味わってみて。

æ(アッシュ)

所在地:東京都渋谷区神南1-5-2 川村ビル1F

最寄駅:原宿

当サイト内のおでかけ情報に関して

※本記事は2022年06月11日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※おでかけの際はマスクの着用、手洗い・手指消毒などを心がけ、感染拡大の防止に十分ご配慮いただきますようお願いします。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。