【おでかけ時のポイント】

・居住地やおでかけ先の都道府県の要請に従って行動しましょう

・体調に不安を感じるときは外出を控えましょう

・なるべく少人数で空いている時間に行きましょう

・周囲の人との距離をできるだけ保つようにしましょう

・マスクを着用し、手洗いは小まめに行いましょう

古都・京都を思わせる趣あふれる空間で、本格的な会席料理に舌鼓/日本料理 みゆき

出典:OZmall

出典:OZmall

「ホテル椿山荘東京」の2階に位置する日本料理レストラン「みゆき」。石畳と数寄屋造りが印象的な純和風の空間で、吸物や焼物、煮物や焼物などから構成された本格的な会席料理をいただけます。

 

大きな窓の外に広がるのは、建立500年以上の三重塔をはじめとした、風情あふれる日本庭園。古都・京都を思わせる雅な風景とともに味わう豪華会席料理は格別です。

出典:OZmall

出典:OZmall

ランチの人気No.1は、期間限定の会席コース「若葉」(7,150円/税・サ込)。2022年5月19日(木)までのメニューでは、真鯛と帆立貝の焼物・白魚南蛮漬け・筍おこわ蒸しなど旬の食材をふんだんに使った8品を楽しめます。

 

食後は、広大な日本庭園をのんびりと散策するのもオススメ。庭園一帯が幻想的な白い霧に包まれる「東京雲海」の演出も、同ホテルを訪れたなら必ず見ておきたい風景です。

日本料理 みゆき

所在地:東京都文京区関口2-10-8 ホテル椿山荘東京2F

電話番号:03-3943-5489(予約はインターネットのみで受付)

最寄駅:目白

独創的なイタリアンと日本庭園の絶景に癒やされて/リストランテ カフェ チリエージョ

出典:OZmall

出典:OZmall

港区高輪にある「ザ・プリンス さくらタワー東京」の広大な庭園に面した「リストランテ カフェ チリエージョ」。こちらでは、随所に日本らしさを散りばめた店内で、和テイストを盛り込んだ季節感あふれるイタリアンを楽しめます。

 

大きな窓越しには日本庭園が広がり、都心とは思えない開放的な雰囲気。イタリア語で桜を意味する「チリエージョ」という店名の通り、桜の木が一面を染める春の絶景も見事です。

出典:OZmall

出典:OZmall

ランチコースは3種展開されており、中でもオススメは「夢見桜ランチ」(7,260円/税・サ込)。前菜・プリモピアット・メインディッシュをそれぞれチョイスできるので、選ぶ楽しみも堪能することができます。

 

イタリアンをベースに和の食材をワンポイントで取り入れるなど、独創性あふれる料理の数々は、グルメなお母さんの舌をも満足させてくれるはず。デザートやカフェも付いているから、親子でゆったりとしたブレイクタイムを過ごすことができそうです。

リストランテ カフェ チリエージョ

所在地:東京都港区高輪3-13-1 ザ・プリンス さくらタワー東京1F

最寄駅:品川

庭園を望むカウンター席でいただく鉄板焼ランチ/日本料理「さくら」鉄板焼カウンター

出典:OZmall

出典:OZmall

「ヒルトン東京お台場」内にある鉄板焼レストランの「日本料理『さくら』鉄板焼きカウンター」。松の一枚板を利用したカウンター席で、一流シェフが絶妙な火加減で焼き上げる、とろけるような食材の数々を味わうことができます。

 

カウンター席の目の前には緑豊かな日本庭園が広がり、四季折々の風景を眺めながらリゾート気分を楽しめます。

出典:OZmall

出典:OZmall

ランチで人気が高いのが、全4皿のランチコース(5,000円/税・サ込)。サラダにステーキ、食事とデザートで構成されていて、女性にとってはちょうど良いボリュームだと評判です。目の前のシェフが一つ一つ丁寧に説明してくれるので、鉄板焼デビューにもピッタリ。

 

普段忙しい日々を送っているお母さんと一緒に、日常から離れたゆったりとした時間を過ごしてみては。

日本料理「さくら」鉄板焼カウンター

所在地:東京都港区台場1-9-1 ヒルトン東京お台場3F

電話番号:03-5500-5580(レストラン総合案内)

最寄駅:台場/東京テレポート

陽光が差し込む広大なラウンジで、ベリー尽くしのアフタヌーンティー♡/Lounge & Dining G

出典:OZmall

出典:OZmall

品川にある「東京マリオットホテル」のロビーに広がる「Lounge & Dining G(ラウンジ&ダイニング ジー)」。約17mの吹き抜け+ガラス張りの爽快なロケーションの中、自慢のグリル料理やカフェメニュー、本格的なカクテルを楽しむことができます。

 

外資系ホテルのメインラウンジらしい、上質感あふれるエレガントな雰囲気も魅力です。

出典:OZmall

出典:OZmall

スイーツ好きの親子にオススメなのが、2022年5月31日(火)までの期間限定で提供されている「Berry Afternoon Tea」(土日祝7,200円/税・サ込)。イチゴをはじめラズベリーやブルーべリー、ボイセンベリーなどの甘酸っぱい果実をふんだんに使ったキュートなスイーツやスコーンと、若桃やハマグリなどの旬の春食材を使ったセイボリーがテーブルを彩ります。

 

「TWG tea」のティーセレクション8種・ハーブティー3種・コーヒー5種から選べるドリンクは2時間飲み放題。陽光が差し込む広々とした空間でティータイムを楽しめば、親子の他愛ない会話もより一層弾みそうです。

Lounge & Dining G(ラウンジ&ダイニング ジー)

所在地:東京都品川区北品川4-7-36 東京マリオットホテル内

電話番号:03-5488-3929(予約はインターネットのみで受付)

最寄駅:品川

絢爛豪華なアート空間でいただく伝統の中国料理/中国料理 旬遊紀

出典:OZmall

出典:OZmall

目黒にある「ホテル雅叙園東京」は、館内のそこかしこに工芸品が展示され、東京屈指のアート空間として名高いスポット。館内には東京都指定有形文化財の「百段階段」を有しており、宿泊はもちろん食事や芸術鑑賞を目的とした観光客も多数訪れます。

 

そんな同ホテルのメインダイニングが「中国料理 旬遊紀(シュンユウキ)」。いまや中国料理に欠かせない円形ターンテーブル発祥の店として知られ、煌びやかな内装に彩られた絢爛豪華な空間で伝統的な中華料理を味わえます。

お母さんと二人きりの食事を楽しみたいのなら、8品のランチコースに中国茶1ポットが付いた2名客限定の特別プラン(5,000円/税・サ込)はいかが。前菜の盛り合わせに始まり、点心2種やスモークダック、選べる食事やデザートなど充実した内容です。

 

中国茶は10種以上のラインナップから自由に選ぶことが可能。同ホテル内にはアート空間だけでなく、緑あふれる日本庭園も広がるので、食後も非日常感あふれるゆったりとした時間が過ごせるはずですよ。

中国料理 旬遊紀

所在地:東京都目黒区下目黒1-8-1 ホテル雅叙園東京1F

電話番号:03-3491-4111(代表/予約はインターネットのみで受付)

最寄駅:目黒

当サイト内のおでかけ情報に関して

※本記事は2022年05月03日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。
※本記事に掲載された料理写真はすべてイメージです。実際に提供される料理と異なる場合があるので予めご了承ください。