【おでかけ時のポイント】

・体調に不安を感じるときは外出を控えましょう
・なるべく少人数で空いている時間に行きましょう
・周囲の人との距離をできるだけ保つようにしましょう
・マスクを着用し、手洗いは小まめに行いましょう


全部試してみたい!“中の人”が太鼓判を押す必食メニュー/はま寿司 高田馬場店

はま寿司


2002年に誕生した「はま寿司」は、全国に約533店(2021年3月末時点)と国内有数の店舗数を誇る大人気100円寿司チェーン。

一皿100円(一部商品を除く)というお手軽さ、そして「一皿一皿を最高の品質で提供する」をモットーにした多彩なメニューが幅広い層を魅了しています。

“できたての美味しさ”にこだわったメニューは、サイドメニューを含めてなんと常時100種類以上もあるというから驚きです!


はま寿司


今回は、そんな幅広いラインナップの中から、「絶対に食べるべきメニュー」を調査すべく、「はま寿司」の全メニューを知り尽くす販売促進担当の引山さんを直撃!

都心からのアクセスも良い「はま寿司 高田馬場店」を訪れ、引山さんをはじめ“中の人”たちが何度もリピートしてしまう名品を厳選してもらいました。

ファンに愛され続ける定番から、意外と知られていない隠れた逸品まで、こだわりが凝縮した必食メニューをご紹介します♪


【1】品質管理の賜物!裏切らない王道ネタ「まぐろ」

はま寿司


日本全国の漁港から新鮮なネタを仕入れる「はま寿司」では、店舗までの配送方法や調理方法などさまざまな工夫を凝らしています。そんな数あるネタの中でもとくに自慢だというのが、王道の「まぐろ」(100円)。

「品質管理にはとくにこだわり、“温塩水解凍”という海水と同じ濃度の塩水でじっくりと解凍する方法を採用しています」(引山さん、以下同)

解凍したマグロは、毎日店舗で切り付けた後、すぐに湿度の高い冷蔵庫で保管。食べる直前まで鮮度と品質を落とさない細やかな管理こそが、美味しさの秘密なのだそう。


はま寿司


100円とは思えない、この“厚切りカット”も特長。たっぷり肉厚なマグロの存在感と濃いうま味が口いっぱいに楽しめます。

「実は2020年11月から40kg以上ある大鉢マグロに切り替えまして、ネタの重量が従来よりも約20%増え、かなりおトクな商品になったんです。食感と脂ノリがとても良く、大幅に上がった美味しさと食べ応えを感じていただけるとうれしいです」

マグロを使ったにぎりメニューはこの他に「漬けまぐろ」「中とろ」「炙り中とろ」、さらに軍艦、丼、刺身もありますよ。


【2】ローテーションオーダーで食べ比べしたい「サーモン」

はま寿司


2品目は、看板ネタの一つである「サーモン」(100円)。

うま味を逃さないように氷水で解凍し、毎日店内で切り付けを行っているそう。実際に食べてみると、脂ノリ抜群のなめらかな身が舌の上でとろけ、特有のコクが広がります。

「実は『サーモン』も、お値段はそのままに従来のものから重量が25%ほどアップしています。サーモンを使ったメニューはほかに『オニオンサーモン』など全6種類あるので、僕は必ず何種類かをローテーションしながら楽しんでいます」


【3】イカの鮮度とシャリの美味しさが光る「大葉漬け真いか」

はま寿司


3品目は、イカにひと手間加えた「大葉漬け真いか」(100円)。

「オリジナル特製タレに真イカを漬け込んでいます。イカはとくに鮮度が重要なネタ。透き通りとろけるイカで鮮度の高さを感じていただきたいですね。特製のタレはシャリとの相性も抜群です。はま寿司の美味しさの要である、シャリの味わいと併せてお楽しみください」

ちなみに店内で用意されるシャリは、北海道産昆布と一緒にふっくら炊き上げた国産米に赤酢など3種の酢をブレンドしたもの。一粒一粒がピンとつややかに際立つ、見た目の美しさにも注目してみて!


【4】一度食べたらクセになる変化球ネタ「えびアボカド」

はま寿司


4品目は、回転寿司店らしいユニークな「えびアボカド」(100円)。

エビのプリプリとした弾力に、タマネギのシャキシャキとした歯ごたえが重なる食感の楽しい一皿です。間に潜んだクリーミーなアボカドがまろやかな余韻を残します。

「女性の支持が高いメニューの一つですが男性にもファンが多く、僕も大好きです。自分で言うのもなんですが、味わいのバランスが絶妙なんです。タマネギの量がポイントです。変化球のお寿司ですが、食べたことのない方にはとくに一度味わっていただきたいですね」


楽しみ方、無限大! 好みや気分で選べる5種類のオリジナルしょうゆ

はま寿司


サイドメニューに移る前に、ご紹介しておきたいのが「しょうゆ」。

実は「はま寿司」をこよなく愛するファンの中には、各テーブルに用意されている5種類のしょうゆをポイントに挙げる人も多くいるのです。いずれも同じゼンショーグループで創業120年を超える老舗メーカー「サンビシ」と共同開発した「はま寿司」のオリジナル。お寿司の味をもっと美味しく引き立ててくれます。

「こちらはお好みで使っていただければと思います。僕は九州風の『さしみ醤油』が好みなので基本はそれを使っていますが、『まぐろ』はスタンダードな『だし醤油』、サーモンは『昆布醤油』、肉系のネタは『ゆずぽんず』など、ネタによって変えることもあります。ご希望の方には『減塩醤油』もご提供しています」


【5】“ラーメン部長”が追究した一杯「博多とんこつラーメン」

はま寿司


お寿司以外のメニューが同時に楽しめるのも、回転寿司店の醍醐味ですよね。中でも、不定期で内容を変えているというラーメンは、お目当てのファンも多く、一日に全店で20,000杯を販売することもある大人気メニューの一つなのだそう。

「全国各地の人気ラーメン店を日々食べ歩き、社内で“ラーメン部長”と呼ばれる社員が担当しているんですが、こだわりがとにかくすごい。麺やスープの研究を重ねて納得のいく味にたどり着くまで妥協せずに追究しているので、本格的な味わいを楽しんでいただけます」

現在提供されている「博多とんこつラーメン」(380円)は、登場する度に大好評を収めている鉄板人気のラーメン(※一部店舗では販売していません。なくなり次第終了)。


はま寿司


初回登場時からブラッシュアップを重ねており、今回はスープに使う秘伝のしょうゆカエシを微調整し、豚骨感をアップさせたのだそう。

濃厚でとろみのあるクリーミーなスープが細麺によく絡み、あと引く美味しさで筆者もあっという間に完食してしまいました。本場、博多の味わいを楽しめます!

「ラーメンでシメるのもオススメの食べ方なのですが、ちょうど折り返し地点くらいで食べるのがイチオシです。その後の寿司がもっと美味しく感じられるように、味や量も考えて作られていますので“まんなかラーメン”ぜひ試してみてください!」


【6】“神レベルのコスパ”と呼び声高い「鴨そば」

はま寿司


鴨の味わいと食感を贅沢に堪能できる「鴨そば」(260円)は、価格と味が比例しない“神レベルのコスパ”ともうわさされる、まさに隠れた逸品(※沖縄店舗のみ販売していません)。

「こちらも寿司との相性を最優先に考えています。そばは喉越しの良さを重視したニ八蕎麦を使用。そばつゆは、鰹節を中心に雑節(ざつぶし、カツオ以外の魚で作った節)を合わせたキレとコクのある出汁を香り高い本醸造しょうゆでキリッと仕上げています。従業員にも圧倒的な人気があるメニューなんです」


はま寿司


じっくりと釜で煮出した鴨の脂とこだわりのタレを染み込ませた鴨肉は、弾力ある特有の食感が楽しめ、一噛みすると鴨のうま味がジュワ~ッと広がります。

スープの表面を鴨の脂が薄く覆うので、最後までアツアツ。そばつゆに忍ばせている刻みユズがふわりと香り、鴨のコクをしっかりと感じながらもさっぱりとした後味が心地よい一品です。


【7】ケーキの陰に隠れがちな名品「たまごプリン」

はま寿司


デザートまでしっかり味わえるのが、回転寿司店でのお楽しみ!「はま寿司」でもカフェに負けないクオリティーのスイーツをそろえています。とくにチーズケーキやガトーショコラなどのケーキ類が高い人気を誇るそうなのですが、引山さんのイチオシは、意外にもプリン!

「ケーキも美味しいですが、僕がオススメしたいのは『たまごプリン』(160円)です。デザートの中でもトップレベルのポテンシャルを秘めていると思っています!」

プルンッとした弾力と濃密な舌触りのプリンは、タマゴの風味が豊かでどこか懐かしい味わい。鼻に抜けるバニラの香りがたまりません。


【8】フェアトレードの豆を使用した本格派「はまカフェ コーヒー」

はま寿司


アルコールからソフトドリンクまでそろえるドリンクメニューも豊富な「はま寿司」。

中でも「はまカフェ コーヒー」(Sサイズ150円)は、ゼンショーグループが途上国の生産者団体から直接取引して仕入れる“フェアトレードコーヒー”を使用しているのだそう。フルーティーな香りですっきりとクリアな後味は、食後にピッタリ!ホットとアイスから選べます。

「フェアトレードによって買い入れたコーヒー豆は、専門店にも遜色ない安全で高品質なものを使用し、抽出方法にもこだわっています。コーヒーとデザートだけでカフェ代わりにご利用されるお客様もいらっしゃいます。お持ち帰りもできますので、お気軽に利用してみてください」


まとめ

はま寿司


一人で、友達と、家族で。サクッと、がっつり、テイクアウトで。そんなさまざまなシーンで楽しめるのが回転寿司の魅力。気軽でリーズナブルなのに“ごちそう”感はしっかり味わえる「はま寿司」には、まだまだ魅力がいっぱいあります。今回ご紹介したメニューを試してみるのはもちろん、自分のBESTメニューを探るのも楽しいはず!ぜひ近くのお店に訪れて、その魅力を確かめてみて。


はま寿司 高田馬場店
所在地:東京都新宿区高田馬場2-13 プライムゲート2F
電話番号:03-5155-8177
最寄駅:高田馬場



取材・文/君島 有紀

※2021年4月5日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、 掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※本記事中の金額表示はすべて税抜です。



当サイト内のおでかけ情報に関して

※本記事は2021年04月05日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。