名作2本が1,500円で観賞できるシアターで、一日映画の世界に没頭

▲映画館入り口に掲げられた上映作品の看板はすべて専門の職人さんによる手描き。

▲映画館入り口に掲げられた上映作品の看板はすべて専門の職人さんによる手描き。

▲客席数202席のシアターでは、ロードショーを終えた作品を2本立てで上映。作品は2週間毎に変わるので、何度でも足を運びたくなる。

▲客席数202席のシアターでは、ロードショーを終えた作品を2本立てで上映。作品は2週間毎に変わるので、何度でも足を運びたくなる。

▲2018年10月6日(土)現在の上映作品は『女は二度決断する』『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』。

▲2018年10月6日(土)現在の上映作品は『女は二度決断する』『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』。

まだ知らない名作との出会いが待っている都心の名画座

1974年オープンの名画座「飯田橋ギンレイホール」は、飯田橋駅から徒歩3分の場所に位置する小さな映画館。ビジネスビルが並ぶエリアで、レトロな看板がひと際目を引く佇まいだ。


客席数202席のシアターでは、ロードショーを終えた作品を2本立てで上映。作品は2週間毎に変わるので、何度でも足を運びたくなる。


また、入会すると「シネパスポート」が発行され、上映する映画を1年間何度でも見ることができる日本初のシネマパスポート「ギンレイシネマクラブ」(年会費10,800円)も人気。なんと利用するお客さんの半数以上が利用しているんだそう。


不定期のオールナイト上映会など、ユニークなイベントを数多く企画しているのも魅力のひとつ。2018年10月22日(月)からは第5回目となる「神楽坂映画祭2018」が開催される予定だ。


上映する2本のセレクトには、あえてテーマを作らないというこだわりが。「この組み合わせにはどんなテーマがあるんだろう?」と、想いを巡らせながら鑑賞すれば、一人の映画時間がもっと充実したものになりそう。休日にふらりと足を運んで、名画との出会いを楽しんでみてはいかが?

ギンレイホール
  • 所在地

    東京都新宿区 神楽坂2-19

  • 最寄駅

    飯田橋

  • 電話番号

    03-3269-3852

※「ギンレイシネマクラブ」は入会継続期間に応じた有効期限の延長や、特別興行の優待など特典もあり。

1人用シングルカード10,800円、2人用ペアカード19,400円、5人まで入場できる法人・グループカード32,300円

※2018年10月6日の情報です。

※価格はすべて税込み表記です。内容等は変更になる場合があります。

当サイト内のおでかけ情報に関して

※本記事は2018年10月06日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。