一茶双樹記念館/杜のアトリエ黎明

  • 平和台(千葉)駅

施設概要

★一茶双樹記念館
市指定史跡「小林一茶寄寓の地」の保全及び文化の振興を図るとともに、市民の福祉の増進に資するために設置された施設です。
俳人小林一茶とみりん醸造創設者の一人と言われる五代目秋元三左衛門(俳号双樹)は交友があり、一茶はこの地を数十回訪れています。安政年間(19世紀中頃)の建物を解体修理し、茶会・句会等に利用できる双樹亭及び往時を偲ばせる主庭を中心に、商家を再現し、みりん関係資料などを展示する秋元本家、茶会・句会等に利用できる一茶庵から構成されています。

★杜のアトリエ黎明
この土地とアトリエは洋画家の故笹岡了一氏、同じく画家で歌人でもあった故秋元松子氏が、創作活動とともに後進の指導に当たった場所で、その遺族である秋元由美子氏から、社会教育に役立てて欲しいと寄贈を受けたものです。
流山市では、笹岡・秋元両画伯の業績に鑑み、ご遺族の意思を活かして「杜のアトリエ黎明」として整備し、皆様の創作活動など文化・芸術に親しむ場としてご利用いただいております。
一茶双樹記念館に隣接しています。

続きを読む
基本情報
  • 最寄駅

    平和台(千葉)駅

  • 所在地

    〒270-0164

    千葉県流山市 流山6-670-1

  • 営業時間

    午前9時~午後4時50分

  • 定休日

    月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月29日~1月3日)

  • 問い合わせ

    04-7150-5750

  • 公式サイト

    一茶双樹記念館

※掲載内容が変更となっている場合があります。最新情報については、施設・店舗の公式サイト等でご確認ください。

お気に入りに保存しました

お気に入りから削除しました

お気に入りの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました