※新型コロナウイルスの影響により、掲載内容が変更となっている場合があります。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

鎌倉市鏑木清方記念美術館

  • 鎌倉駅

当館は、近代日本画の巨匠鏑木清方(かぶらき きよかた)の業績を広く後世に伝えるための美術館です。

清方は明治11年、東京神田に生まれ、当初は挿絵画家として親しまれました。後に肉筆画に向かい、清らかで優美な女性の姿や、いきいきとした庶民生活を主な題材にし、美人画の大家として上村松園とともに並び称されています。
昭和21年に鎌倉材木座に移り住み、昭和29年、文化勲章受章の年に、現在美術館のある雪ノ下に居を構え、昭和47年に93歳で亡くなるまで過ごしました。
館内の画室や入口の格子戸の門は、清方の旧雪ノ下宅の部材をそのまま使用して復元し、旧宅の雰囲気を伝えています。また、年間8回程度の企画展を行い、一年を通して様々な作品を展示しております。清方の在りし時を偲びつつ、その芸術をゆっくりとご鑑賞いただければ幸いです。

続きを読む
基本情報
  • 最寄駅

    鎌倉駅

  • 所在地

    〒248-0005

    神奈川県鎌倉市 雪ノ下一丁目5番25号

  • 営業時間

    午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

  • 定休日

    月曜日(祝日の場合は開館し、翌平日を休館)
    年末年始 展示替・特別整理期間など

  • 問い合わせ

    0467-23-6405

  • 公式サイト

    鎌倉市鏑木清方記念美術館公式サイト

  • 諸状況により、掲載情報から変更されている場合があります。事前に施設・店舗までお問合せいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました