和を感じるかき氷!季節限定メニューにも注目/茶房 オクノシブヤ

【奥渋】セバスチャン跡地にかき氷店「茶房 オクノシブヤ」がオープン_977561

かき氷の名店を長年支えてきた和菓子職人、江良保正氏が手掛ける新店舗「茶房 オクノシブヤ」が4月1日(土)、“奥渋谷エリア”にあたる渋谷区神谷町にオープンしました。江良氏によるかき氷店は新宿の「茶寮 億万」に続き、2店舗目です。


新店舗の場所は、2023年2月に惜しまれつつ閉店したかき氷専門店「セバスチャン」の跡地。セバスチャン店主である川又浩氏の意思を受け継ぎ、「お客様との"一期一会"を大切に」という想いを掲げています。

  • ▲一杯点て抹茶

    ▲一杯点て抹茶

  • ▲和三盆練乳

    ▲和三盆練乳

  • ▲フィナンシェ

    ▲フィナンシェ

メニューには「一杯点て抹茶」(1,000円)、「和三盆練乳」(1,000円)などに加え、季節に合わせたプレミアムな"限定かき氷"や、和菓子の技術を取り入れた商品も定期的に登場。


また、お菓子や食事メニューの提供も予定しており、テイクアウトでも楽しめるようになるとのことです。

【奥渋】セバスチャン跡地にかき氷店「茶房 オクノシブヤ」がオープン_977565

店内はカウンターが6席、テーブル8席。白を基調とした空間で、木製のテーブルと柔らかな自然光が入る落ち着きのある雰囲気です。一人一人のために削られた自慢のかき氷。ゆったり寛ぎながら、味わってみてはいかがでしょうか。

茶房 オクノシブヤ
  • 所在地

    東京都渋谷区神山町 7-15 ホワイトハイム大嵩 102

  • 最寄駅

    代々木八幡

本記事内の情報に関して

※本記事内の情報は2023年04月16日時点のものです。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。