冬の訪れを感じる今日この頃、ネコ肌恋しい季節になってきましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか? さて、今回お邪魔したのは、阿佐ヶ谷駅から徒歩約15分の場所にある、“広島お好み焼き 猫の助”。

▲入り口からしてネコネコしい“広島お好み焼き 猫の助”

▲入り口からしてネコネコしい“広島お好み焼き 猫の助”

ご夫婦の愛情をいっぱい受けて育っている看板ネコが二匹。お客さんに遠慮なく甘える「営業部長」の“茶たろう”と、警戒心が強いが親分肌で「社長」と呼ばれる“イチロー”。二匹ともオスの保護ネコで、別々のタイミングで引き取られたネコだが、相性はばっちり。性格は違うが、お互いの存在を当たり前に感じているようだ。



基本的にマイペース、エサをもらう時以外、人に媚びない二匹の態度がネコらしくていい。人を同じネコとみなしているか、あるいは自分たちのことを人だと思っているか、垣根のないネコの横柄な態度に喜んでしまうのが我々ネコ偏愛者である。

▲手前が人に臆することのない“茶たろう”、カウンター席に陣取る人との距離を一定に保つ“イチロー”

▲手前が人に臆することのない“茶たろう”、カウンター席に陣取る人との距離を一定に保つ“イチロー”

「ネコを飼っている、誰かのお家のリビングに遊びにきたみたいに過ごして欲しい」という思いがお店のコンセプト。くつろぎ過ぎて、テレビ見ながらウトウト横になってしまいそうになるほどの安心感。実家の食卓のような雰囲気に加え、お店のご夫婦のやさしく気さくな人柄。

テレビ番組を見てツッコミを入れるお父さん、料理の仕度をしながらカウンター越しに答えるお母さん、微笑ましい会話がBGMとして聞こえる。はじめて来たにも関わらず、常連客のような気分になる。きっといつもといっしょな風景、この「変わらなさ」がいい。

▲カメラを向けられるのが嫌いな“イチロー”。ほとんどの写真がブレる

▲カメラを向けられるのが嫌いな“イチロー”。ほとんどの写真がブレる

▲人の気配を殺し、空気になりきって、じりじりと距離を縮めていき撫でる

▲人の気配を殺し、空気になりきって、じりじりと距離を縮めていき撫でる

テーブル席の周り、壁一面に本家イチローのポスターやカレンダーが貼られていた。そんな野球好きのお父さん曰く「茶たろうは、ランナーだな。積極的に1番か2番で打って走るヤツ。イチローは、塁に人が出てからようやく打席に立つ4番だな」。

▲積極的に遊んでくれて、撫でさせてくれた茶たろう。何しても怒らない、心の広い営業部長

▲積極的に遊んでくれて、撫でさせてくれた茶たろう。何しても怒らない、心の広い営業部長

▲営業部長にかんぱーい!

▲営業部長にかんぱーい!

印象的だったのは、イチローの性格を動物セラピストに見てもらったときの話。お母さん曰く、「イチローは、私が外に出たりしていなくなると、ヤーヤー鳴いて呼ぶのですが、甘えん坊とは言われたくないんです。私がいない間寂しがっているのかと思って、帰ったらよしよしって可愛がっていたら、逆に男のプライドが傷ついていたみたいで」。

▲お好み焼きにかけるカツオ節をせがむ“イチロー”

▲お好み焼きにかけるカツオ節をせがむ“イチロー”

ご夫婦は、道路での車や自転車事故を防ぐためにも、ネコたちを自由に外へ行かせないと決めている。でも外に出たがるイチローにとっては、その理由も知らずに出られなくなったため、「なんでお母さんだけ外に出られるんだ」「俺は寂しがりでも、甘えん坊でもないんだよ」という気持ちで鳴くのだ。

▲“イチロー”の男気にあふれる背中。優しいお母さんの言葉に、ちゃんと理解を示しているようだ

▲“イチロー”の男気にあふれる背中。優しいお母さんの言葉に、ちゃんと理解を示しているようだ

そんなネコなりの気持ちを理解して、ご夫婦はイチローに外に出られない理由を言葉できちんと説明している。そんな姿勢もあってか、二匹は人の言葉をしっかり理解しているように見える。「ご飯」という言葉に二匹とも反応したり、鰹節が乗った冷や奴が注文されたら、走ってカウンターに寄ってきたり。お店のメニューの食材を把握している、なんてデキるネコたち。

▲料理を出待ちする“茶たろう”

▲料理を出待ちする“茶たろう”

「外に出したとしてもネコは生きて行けるかもしれないけれど、この子が原因で人が交通事故を起こしてしまったら、大変だからね」とお父さん。

ネコと一緒に暮らすために、ネコにもネコが生きる周りの環境にも配慮しながら、折り合いをつけてネコを幸せに導いている。

「立派なご両親だなあ、ありがたいなあ」としみじみ、勝手にネコ側の気持ちを代表して妄想していると、なんだか自分が友だち(茶たろうとイチロー)の家に来ているような気がしてきた。遊びに夢中になってすっかり夕飯時、台所から「お好み焼き作ったから食べていきなさい」とお母さんの明るい声が響く、とても懐かしい気分になった。

▲ネコも踊る広島風お好み焼き、薄目の生地とそばが、良いバランスでウマい!

▲ネコも踊る広島風お好み焼き、薄目の生地とそばが、良いバランスでウマい!

▲常連さんから、うちのネコにも、ちゅーるをお裾分けしてもらいました

▲常連さんから、うちのネコにも、ちゅーるをお裾分けしてもらいました

広島出身のお父さんが作ってくれた渾身のお好み焼きと、秩父の出身のお母さんのソウルフードだという、“みそポテト”をいただいた。

友達の家のご飯って、なんか自分ちよりおいしくて、羨ましくなるんだよな、と懐かしい気持ちになった。ついつい長居してしまったところに、常連のお客さんたちがやってくる。そのお客さんの1人は、先だって19年と長生きした愛ネコを亡くしたそうで、「いまは喪中。ネコがいない冬は寒いね」と言っていた。そんな冬の始まりを感じるソロ活であった。

▲うーん、この湯たんぽ、やわらかくて、かわいいねえ

▲うーん、この湯たんぽ、やわらかくて、かわいいねえ

石井芳征(ネコ偏愛者/クリエイティブディレクター/Cat’s Whiskers編集長)

広島お好み焼き 猫の助

電話:03-5930-1736

住所:東京都杉並区本天沼1-3-4 シリカヒルズ阿佐ヶ谷 1F

最寄り駅:阿佐ヶ谷駅

当サイト内のおでかけ情報に関して

※本記事は2016年11月24日時点の情報です。掲載情報は現在と異なる場合がありますので、事前にご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、掲載している情報に変更が生じる場合があります。最新情報は直接お問い合わせください。
※本記事中の金額表示は、税抜表記のないものはすべて税込です。