※新型コロナウイルスの影響により、掲載内容が変更となっている場合があります。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

元祖木村焼き 百両屋

  • 東京駅

「メゾンカイザー」の代表“木村周一郎”がプロデュース!東京初・新業態のあんぱん専門店 元祖木村焼き「百両屋」。

「トーキョー・レトロモダン」がコンセプトの“あんぱん専門店”和洋折衷の新感覚の御前菓子をテーマに商品開発。明治時代にあんぱんを創製した木村安兵衛の血統を受け継ぐ、「メゾンカイザー」代表も務める木村周一郎氏がトータルプロデュース。その木村を筆頭に、経験を積んだパン職人や料理人、クリエーターが集まったシュウフードプランニングの開発メンバーと共創して誕生したのが「元祖木村焼き 百両屋」であり、小判を重ねた二十五包金の形をした「東京百両あんぱん」です。バターと卵をゴージャスにたっぷり使ったリッチなパン生地に、研究を重ねたオリジナルレシピの特製フィリング(餡子/クリーム)を、甘さと食感のバランスを考慮して、丁寧に包餡した新感覚の贅沢なあんぱんです。ベースとなるパン生地にも拘りを持ち、高級バターと卵をたっぷり贅沢に使い、しっとり、ふっくら、香り高い、まるで甘美なお菓子のようなパンに仕立てられています。シグネチャーとなる「餡子」は、敢えて“こしあん”を使用。その背景は、江戸の町人文化で育まれた御前菓子にふさわしい高級な餡子といえば、当時は「こしあん」だったからです。その江戸の伝統へのオマージュから“こしあん”を採用。また、バターリッチで風味も豊満な特製パンとの相性も頗る良く、伝統的なフランスパンの製法で作られた特製パンと、江戸の和菓子の製法による餡子(こしあん)が折り合ったことで、和洋折衷のレトロモダンな“あんぱん”が誕生。パンの表面はこんがりとさっくり。中はしっとり、もっちり。パンと餡を一緒に噛むことで、パンの中のいくつもの層(空洞)に、しっとり滑らかな餡が入り込み、シュワシュワとした食感も感じられます。開業時はシグネチャーである“こしあん”と“クリーム”の2種類を提供。季節に応じて様々な商品を順次リリースされます。

続きを読む
基本情報
  • 最寄駅

    東京駅

  • 所在地

    〒100-0005

    東京都千代田区 丸の内1丁目9-1 JR東日本東京駅 1F「グランスタ東京」内

  • 営業時間

    8:00~22:00(日曜・連休最終日の祝日~21:00)

  • 問い合わせ

    03-6256-0337

  • 公式サイト

    元祖木村焼き 百両屋インスタグラム

  • 諸状況により、掲載情報から変更されている場合があります。事前に施設・店舗までお問合せいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました