萬満寺

  • 馬橋駅

ポイント 水戸街道きっての古刹、全国唯一の中気除不動尊霊場

施設概要

当寺の寺伝によると鎌倉時代の初期、建長8年(1256)下総国の守護職であった
千葉介頼胤(よりたね)が、後に鎌倉・極楽寺の開山となった忍性良観(にんしょうりょうかん)上人を招き、
鎌倉歴代将軍と千葉家一門の菩薩を弔う為、馬橋に建立した真言律宗の「大日寺」が当寺の濫觴です。

室町時代に入った三代将軍・義満の時代に、三代関東公方の足利氏満は義満に対して謀反を企て、
京都幕府と鎌倉は不穏な状態にありました。そこで氏満は臨済宗の高僧で天皇・幕府に信頼の篤かった
夢窓国師の高弟である古天周誓(こてんしゅうせい)和尚を使者として対立していた室町幕府との和睦を図りました。
和睦が成立し功のあった古天和尚のため氏満は、堂宇を整備し、将軍「義満」と自身の名「氏満」双方の満をとり
康暦元年(1379)寺号を「萬満寺」と改め、臨済宗に改宗しました。

※くわしくは満萬寺ホームページをご覧下さい

続きを読む
基本情報

※新型コロナウイルスやその他諸状況により、掲載内容が変更となっている場合があります。施設・店舗までお問合せいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

お気に入りに保存しました

お気に入りから削除しました

お気に入りの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました