大原幽学記念館(大原幽学遺跡史跡公園)

  • 干潟駅

館の収蔵品の中心が上記の「幽学関係歴史資料」です。開館して以来、主に古文書を中心とした資料の保存・管理・公開・調査研究を行っています。

国指定重要文化財の407点の資料も随時展示替を行い、常時公開しています。
大原幽学の遺品類は、著書、手沢本、遺書、日記、書簡、遺品、蔵書、門人遺書遺品などに分類され、著書には先生の理想を述べた「微味幽玄考(びみゆうげんこう)」「発教録(はっきょうろく)」などがあり、自刃前に書いた遺書は特に重要なものとして有名です。
遺品としては、先生の着衣、袴、短刀などのほか、村人に使わせた寝具、食器、服飾品があります。

【季節の花の見ごろ】
《花の種類》 ツバキ
《見 ご ろ》 3月中旬
《品  種》 種類多数
《総  数》 約3,000本
《見どころ》 様々な種類があり、長い期間楽しめます。

※気候などにより、花の見ごろ・その他情報が変更になる場合があります。おでかけの際は、事前に会場・主催者までお問い合わせください。

続きを読む
基本情報
  • 最寄駅

    干潟駅

  • 所在地

    〒289-0502

    千葉県旭市 長部345-2 大原幽学遺跡史跡公園内

  • 営業時間

    午前9時~午後4時30分

  • 定休日

    月曜日、祝日の翌日 、年末年始(12月28日から1月4日)
    ※臨時に休館することがあります。

  • 問い合わせ

    0479-68-4933

  • 公式サイト

    大原幽学記念館

※新型コロナウイルスやその他諸状況により、掲載内容が変更となっている場合があります。施設・店舗までお問合せいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました