※新型コロナウイルスの影響により、掲載内容が変更となっている場合があります。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

電気の史料館

  • 尻手駅
  • 旧千葉火力発電所タービン発電機

  • 100年前の電気自動車

※臨時休館のお知らせ
電気の史料館はしばらくお休みさせていただきます。

電気の史料館は、東京電力が運営する「電気の歴史博物館」です。
当史料館の基本コンセプトは、「明治時代より引き継がれた”電気作りの精神”を現代に伝え、次の時代に語り継いでいく」ことです。
館内には、皇居正門で90年以上も灯り続けた飾電灯や、昭和30年代の電力需要の激増に応えた全長23mの火力発電所のタービン発電機、エジソンが開発を手がけた約100年前の電気自動車など、電気事業の歴史を物語る実物史料などを約700点展示しています。
ガイドが展示物を解説しながら館内を案内するガイドツアーも実施しています。

[入館料]
大人 300円、大学生 200円、高校生~小学生 100円
65才以上の方 100円、身体の不自由な方 100円(介添え者は1名まで無料)
※ 団体割引:10名様以上で100円引き

続きを読む
基本情報
  • 最寄駅

    尻手駅

  • 所在地

    〒230-8510

    神奈川県横浜市 鶴見区江ヶ崎町4-1

  • 営業時間

    9:30~17:30(入館は17:00まで)

  • 定休日

    毎週月曜日(祝日の場合は翌日)および年末年始

  • 問い合わせ

    045-394-5900

  • 公式サイト

    電気の史料館

  • 諸状況により、掲載情報から変更されている場合があります。事前に施設・店舗までお問合せいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました