※新型コロナウイルスの影響により、掲載内容が変更となっている場合があります。 詳細は各公式サイト等でご確認ください。

菖蒲城趾あやめ園

  • 桶川駅

いにしえの兵どもが夢の跡。咲き誇る花しょうぶの彩り。

菖蒲城は室町時代の中頃、15世紀半ばに築城されたといわれています。築城したのは金田式部則綱という武将で、当時政治の中心であった鎌倉の公方と対立していた足利成氏の家臣でした。当時、その対立の前線基地的な役割を果たしていたのが菖蒲城であったと考えられています。

江戸時代後期に書かれた「新編武蔵国風土記稿」には『城跡は約1町歩余り』とありますが、現在この城趾は6月上旬から中旬にかけて花しょうぶが咲き誇る「菖蒲城跡あやめ園」になっています。初夏のうららかな風にさそわれながらの散策は最高。古に想いをはせながら、園内を歩いてみませんか。

<菖蒲城跡あやめ園>(花しょうぶ 11,000株)
 県道川越栗橋線沿の菖蒲城趾に設けられた花しょうぶ園。
 園内にはあずまや、ベンチ、木道などがある。園の中央には城趾の碑が建てられ、入口には江戸時代にこの地を治めた旗本内藤氏の屋敷門が移築されており、いにしえをしのばせる。

続きを読む
基本情報
  • 最寄駅

    桶川駅

  • 所在地

    〒346-0105

    埼玉県久喜市菖蒲町新堀 985-2

  • 営業時間

    いつでも入園できます

  • 定休日

    なし

  • 問い合わせ

    0480-85-1111

  • 諸状況により、掲載情報から変更されている場合があります。事前に施設・店舗までお問合せいただくか、公式サイト等で最新情報をご確認ください。

おでかけリストに保存しました

おでかけリストから削除しました

おでかけリストの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました