相撲博物館

  • 両国駅

ポイント 年6回展示を入れ替えています。また、一部の土・日・祝日を開館しておりますのでお越し下さい。

施設概要

酒井忠正初代相撲博物館館長が長年にわたって収集した資料を基礎に、国技としての相撲資料の散逸を防ぐため、昭和29年(1954)に蔵前国技館の完成と共に開館。昭和60年(1985)、両国国技館の開館に伴い移転し、現在に至っています。錦絵や番付、化粧まわしなど相撲に関する資料を収集、保存しています。常設展示ではなく、テーマを設け年6回の展示替により、さまざまな資料をご覧いただけるよう努めています。また、相撲を日本固有の文化ととらえ、歴史などの調査・研究を行っています。

【入場料・入館料】 無料

続きを読む
基本情報

※掲載内容が変更となっている場合があります。最新情報については、施設・店舗の公式サイト等でご確認ください。

お気に入りに保存しました

お気に入りから削除しました

お気に入りの保存に失敗しました

閲覧履歴をすべて削除しました

メールアドレスを変更しました

パスワードを変更しました

好きなエリアを変更しました

好きなカテゴリを変更しました

認証コードを再送しました

クレジットカードを変更しました

にエントリーしました

処理に失敗しました